霊 心霊 前世 水子 死後の世界 あの世

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

若さからの過ちによる堕胎・中絶(人工妊娠中絶)

水子
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQきのう、映画『好きっていいなよ。』がDMMで無料配信されてたんで、同居のスピさん達と一緒に見ま…

記事を読む

ぐりちゃん(ハツカネズミのペット霊)とはじめて心が通じた日

ペット・ロスなど動物霊の話
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQわたしがパラレルの世界と同調によりコミュニケできるようになってこのような状態になってから、…

記事を読む

同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)

同居のスピさん達との交流日記
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQパラレルの世界の扉が開いて、わたしがスピリット達と交流できるようになったいきさつは「水子ブ…

記事を読む

若さからの過ちによる堕胎・中絶(人工妊娠中絶)

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


きのう、映画『好きっていいなよ。』がDMMで無料配信されてたんで、同居のスピさん達と一緒に見ました。
私ふだんあまりこの手の若い学生さんのムービーってほぼ見ないんですが、この日はどういうわけかこれをセレクト(スピさん達と同居するようになってから、それまでの自分とは違うものを経験するように変化しました)。意外におもしろかったです。
(葉月かなえ作の漫画が原作なのですね。人気の福士蒼汰主演ですが、原作の大和は、若き日の水嶋ヒロなんかキャストしてもピタリ合いそうな感じ・・。)
現代の学生のいじめ問題や、性のありがちな話がよく描けている作品なのだと思います。
劇中で、主人公めいの友人の同級生愛子が彼氏とラブホでセックスするシーンがあるのですが、特に都会の高校生だとこのくらいの年代でもけっこうあるのかなー、と思いますね。(田舎のほうが少ないと思います。)
で、高校生ぐらいだと、確かにそっち方面の好奇心もあるだろうし、女子でもなるべく早く脱バージンしたい子も多いかもしれないだろうから、それにより、(このマンガではなかったですが)現実には望まない妊娠をしてしまうケースもけっこうあるのかな、と思います。日本は性教育が遅れていますし、家庭でもそのような話題をオープンに話せる国民性ではないので、知識不足からそのようなことになることもあるかと思います。
わたしは個人的には否定はしませんが、女性にはどうしても妊娠のリスクがあるというのだけは間違いない事実ですし、女性にとって堕胎や中絶(人工妊娠中絶)するということは、おそらく一生涯、母親以外の誰にも決して言えないような、とても悲しい経験であることは事実です。
わたしの水子ブログと併せてご覧になっていただけたらなぁ、と思います。

ぐりちゃん(ハツカネズミのペット霊)とはじめて心が通じた日

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


わたしがパラレルの世界と同調によりコミュニケできるようになってこのような状態になってから、来月の2月で丸3年になろうとしています。
はじめにパラレルの境界が開いてそのような状態になって、前世の家族、子供、以前ペットとして飼っていた動物達、亡くなった今世のおじいちゃん・おばあちゃんと再会し、瞑想により一緒に過ごせるようになって夢のような時間が1か月、2か月、と経ち(もちろん今世の家族には絶対内緒です!)、「いつ消えてしまうのだろう・・」と多少の心配も抱えながら、それが、1年、2年、と継続していき、今日に至っております。
(瞑想では動植物さん達含め、けっこうな大家族で日々過ごしていることになります。)

わたしは、また、大勢の動物のスピリットとも同居しているのですが、その中には、子どもの頃、縁日で買った真っ白なハツカネズミのぐりちゃんがいるのですが、飼っている時に子どもだったわたしの不注意から、外に持ち出した際に落下させてしまい、下が砂利道だったため、ぐりちゃんはお腹を打ち付けて内臓が割れてしまい、かわいそうなひどい死なせ方をしてしまったペットがいたのです。それまでわたしは生き物というのは、中から赤い血が出るものと固定観念で思い込んでいたのですが、その時ぐりちゃんは内臓が割れて、中から黄緑色のどろりとしたものが出て、どうしてよいか分からず動揺し、苦しませて死なせてしまってほんとうにかわいそうに、申し訳ないという言葉では言い表せない大変なことをしてしまったのです。
そして同調ができるようになり、ぐりとも再会したのですが、その時ぐりの魂は、わたしに対して常に”「不快」”_______。同調で出会った当初からず____________っとそういう想念のまま、それでも家族として般若心経を贈り、詫びながら日々瞑想で一緒に日々を過ごしていました。
そして、パラレルの扉が開いてもうじき3年近くなるという今日、2017年1月15日、とても思いがけない私にとって感動的なことが起こりました。
その日はいつもどおり、一緒に寝たり食べたり行動したりしていたのですが、あるときたわいない話をしているとき、突如ぐりちゃんの「不快」想念がはじめて別のものに変化したのです。
その想念は、明るい家族愛にも似た想念でした。
いつもず__________________っと長い間必ずいつもあった「不快」想念が突然はじめて別の想念に変わったのです。
ぐりちゃんとは、初めて同調で会ったときから、他のスピさんと一緒に笑ったり楽しい時を過ごす時でさえも、よくその「不快」想念が根強く頻繁に出ていたものでした。

2017年1月15日。 わたしは生涯この日を忘れることはできません。

あなたにも、このように不注意から死なせてしまったペットはいませんか?


同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


パラレルの世界の扉が開いて、わたしがスピリット達と交流できるようになったいきさつは「水子ブログ」に書いたとおりです。
2017年の今年2月で交流が丸3年になるのですが、同居するスピさん達を簡単にご紹介します!
ヘシオドス(前世で夫亡き後、愛人関係にあった男性)、オペロン(前世で夫との子。今世でウェスに生まれ変わり、私に堕胎される。男の子。)、ラオコーン(ヘシオドスとの間の子。ヘシオドスの庶子。)を中心とした、私の前世ギリシャ時代の家族=前世の父・母ほか縁のあるスピさん達、今世の私の生家のご先祖さま、以前かわいがっていたペット達、同調により新しく家族に加わった人や動物の魂など(たくさんのかわいらしい動物達やかわしい男の子や女の子の子供達)、精霊さん、などなど、こちら側の家族はとても大家族で日々コミュニケしながら生活しております。
(あとは同調により、いろいろな境界の神様たちとコミュニケし、導いていただいております。)
ちなみに今世の夫は、前世でも夫。マケドニア人でトラノキアスという名でした。なかなかドラマチックな人生を生きた人でもありました。
ちなみに夫は、非科学的なこと・根拠のないことは全く信じないタチなため、絶対ナイショなんです。
てか、聞いたら、頭おかしくなってしまうかも(笑)!



記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング



ブログランキング



Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます