霊 心霊 前世 水子 死後の世界 あの世

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

スピさん(前世霊)から聞いた、古代ギリシャ -フェニキア商人-

前世・カルマ・転生
にほんブログ村 人気ブログランキング いつもたくさんの応援ポチポチありがとうございますm(_ _)m スピさん達もよろこんでおりますさらにヘシオドス(前世の夫亡き後の…

記事を読む

私が同調(交信)している前世霊(スピさん)の生きていた時代

前世・カルマ・転生
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQサイトの冒頭で、私の伝え聞いた前世、私がエティースとして生きていた時代について、紀元前30…

記事を読む

真の水子供養とは(お母さんが自分で行う水子供養の方法)

水子
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQまずは、お寺で供養してもらいます。各ご家庭で縁している宗教・宗派があれば、その宗派でねんご…

記事を読む

スピさん(前世霊)から聞いた、古代ギリシャ -フェニキア商人-

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング 

いつもたくさんの応援ポチポチありがとうございますm(_ _)m スピさん達もよろこんでおります101490.gif


さらにヘシオドス(前世の夫亡き後の愛人)のお父さんからフェニキア商人について、驚くべき話を聞きました。
「フェニキア人は、とても屈託なく明るく機知に富んだ人種で、公正に物資を分け与え、フェニキア人であれば誰でも交易ができるようにした。」というのです。
「え〜?、誰でもですか?! 普通は、力のある人物が、物資を占有して専売して利益を上げるのが人の常なのでは・・?」
「フェニキア人は、そうではなく、私も(フェニキア人の妻から)初めて聞いた。」
(・・・というのは、お父さんはトラキア人でお母さんがフェニキア人なため。)
「トラキア人は違うのですね。」
「トラキアは違っていたが、それでもどちらの民族も海の覇者のごとく自由に往来した。」
・・・・・・・・      ・・・・・・・・。

・・よいのでしょうか・・・。
考古学者でもめった知ることのない、当時の生活の生情報を私が知って、さらにブログで公開させていただいても・・・・・・・・・(ノД`;)。

私自身は、スピさん達とのやりとりを公開する時、しばしば躊躇しながら、いつも文章を書いています。
今時の人達というのは、自分のプライベートなことをブログに書いて公開する、ってフツーに当たり前にやってますけど、私は違う考えを持っていて、
うーんと、つまり私だけとスピさん達だけが分かっていればいいことで、十分満足だから、あえて公開することもないんでは・・? と。
ですが、神様や精霊様達よりメッセージを賜ったものを伝える間は、ブログを継続しなきゃいけないんで、やっぱりスピさん達の気持ちを思いやって、一応その都度公開してよい内容を確認しながら、差し支えない範囲で筆を進めて更新しております・・。
(なんか、私がスピさん達を【食い物】にしているような・・汗、、罪悪感がとてもあります。
パラレルの神様・精霊様、ブログ継続中どうか私が気持ちの上でスピさんや皆さん達に失礼のないよう、どうぞ見守ってください 雷

ヘシオのお父さん、貴重な情報を、ありがとうございました。

私が同調(交信)している前世霊(スピさん)の生きていた時代

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


サイトの冒頭で、私の伝え聞いた前世、私がエティースとして生きていた時代について、紀元前300〜400年である、と以前書きました。
重ねて書きますが、私はかな〜り疑り深い性格なため、何か伝えてもらった際に、その追求がすごい・・・(スピさん達も汗^^;;)。
歴史書やら年表やらそのようなものを頼りに、大捜索&深追い追及がはじまるのです・・。

で、紀元前、な時のお話なのですよ、人類史の世界史年表で見ると恐ろ〜しく、昔な時代なわけなんですよ、(キリスト生誕よりも前なんですからね。キリスト生誕後はつまり、紀元後。BC,AD=after Christ)
パラレルのほうでも、あんまりにも昔すぎて、紀元前300〜400年であるのは間違いないが、もしかしたら、紀元前700〜800年である可能性もある、と。
(きっとよく似た時代なのかもしれませんね。)

そこで、前世の家族に集まってもらって細かい時代検証したら、ヘシオドス(←前世の夫亡き後の愛人)とそのご両親曰く、@「私たち3人が生きていたのは平和なおだやかな時代」A「ヘシオドスのおじいさんの時代にペルシャと戦争があった」、
つまり、Aのペルシャと戦争があった、という点で、はい、判定はやっぱり、紀元前300〜400年である、ということではっきりしました、お終い・・。
(どうもペルシア戦争 紀元前400年代 にあたるようですね。)

また、戦争といえば、私の息子、ヘシオドスとの間の庶子ラオちゃん(ラオコーン)の時代には、また戦争があったようで、というのは、ラオは従軍して無事帰還したらしいので・・。

いわゆる国や政治組織だとか軍事組織、司法・刑事罰など、当時はどうだったのか、現代人の私のこれまで生きてきた常識や社会通念で質問されると、紀元前に生きていたスピさんはシドロモドロしちゃうときもあります。というのは、あまりいろんな法制度が整っていなく、地方の代表(長官のような方)が地域ごとにまとめていたような、おおまかな時代であったようです。
とにかく、時代が違いすぎるのです。

ヘシオドスの家系は、トラキア(ギリシャ周辺の異民族)の大商人(おおあきんど)で、商工業など、交易を大規模に営んでおり、大地主でもあった家系。そのように、ギリシャ周辺の異民族の交易が盛んであった時代でありました。

わたしは、パラレルの扉が開くまで、どちらかいうと別の国に興味があって、ギリシャはまったく興味なかったんですが、この出会いで、前世の家族(自分の親や子、配偶者の家族など)との絆を持てたことで、第二の故郷、というよりも、今では自分の大事な祖国、といった感情を持っています。
 タグ

真の水子供養とは(お母さんが自分で行う水子供養の方法)

lotus4.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


まずは、お寺で供養してもらいます。
各ご家庭で縁している宗教・宗派があれば、その宗派でねんごろに水子供養をお願いします。
※できれば、般若心経で弔うのが一番よいですが(般若心経はあらゆる宗派の中で最強の功徳、とパラレルの世界から聞いておりますので、般若心経を唱える宗派=臨済宗・曹洞宗などで弔うのが一番ではあります。ですが、日本人にとって宗教とは、非常に敏感な問題でありますし、各ご家庭で信奉している宗派の関係もあるでしょうから、無理のない範囲でご自身が弔える宗教・宗派での水子供養で大丈夫ですよ。
私自身の生家も日蓮正宗を信奉しており、嫁ぎ先は真言宗という、般若心経とは全く関係ないところで生きておりますが、神様方やスピリットに直接聞いた中で、般若心経が一番よいというのは聞いておりますので、時期をみて般若心経に入りたいな、と思っている一人です。)




【お供えものをする場合は、部屋の北端に供えます】
※(お供えする ”物” には、注意が必要です。「怖いっ」って思うかもしれませんが、機関車・電車・車などの乗り物系おもちゃを供えるのはやめましょう。魂がそれに乗って来てしまうとのことです。)
また、私の水子サイトを読んでいただいた方は覚えておられるかもしれませんが、私がウェスとあやちゃんに他の水子達に直接聞いてもらったお供え物としてほしいものリスト(おもちゃ・お菓子・凧揚げのたこ(ちょっと時代の古い子でしょうか)・ロボット・ヨーグルト・お人形さん・・)を覚えているでしょうか・・?
この中で供えてはダメなものがけっこうあります。水子が欲しがっていても、です。
(先ほどご紹介した乗り物系おもちゃの他に、)
人形・ロボットは×です。
(※ヒト型をしているものは魂が移ってしまうので供えるのはやめましょう。クマやイヌなど動物のぬいぐるみはOKですが、同じぬいぐるみでもとにかくヒト型はダメです。水子の魂が移ってしまうので。)
なので、お供えものは食べ物が一番ですし、喜ばれるはずです。お花なども慰めになってよいでしょう。


※私もその "魂を運ぶ乗り物系おもちゃ" の話を聞いたとき、正直超怖いと思って、おそらく水子供養をしようと思うお母さん達も怖がるのではないかと思い、正直にその感想をある密教の神様にお伝えしたら、「どうして? 何が怖いのか? (この世界では)当たり前のこと。」とのこと。
ですが、乗り物系おもちゃを供えなければ、そのようにそばにきてしまうことはないのでご安心くださいね。




※必ずご自身の贖罪の気持ち(水子に対して愚行を詫びる気持ち)を持って水子に真摯にお詫びし愚行を詫びて今後の人生を生きていってくださいね。※
まず水子にお詫びする、【怖がらないで、心からのお詫びと贖罪の気持ちを向けること!だけどあまり感情を向けすぎない】、これが肝要です。あまり親子間の愛情に執着しすぎるとこちら側に寄ってきてしまうこともありますから。それでもあたたかい気持ちを絶対に忘れずに!
あちらの世界は、物理的な実体はなく、心・精神の意識体のみの世界ですので、あたたかい心や気持ちというものが何より大事なのです。




堕胎された直後の水子は、成仏して天上界に行くべき魂と成仏できないでその場に留まる魂とに分かれます。
連綿と続くカルマの悪行などの度合いにより、行先が決定します。


「エティースの水子」でも、ちょっと書きましたが、私の堕胎の場合は、私の息子(ウェス)のほうに、今世で私の息子として堕胎されるべき十分なカルマ(理由)がありました。
(もちろん私のほうも堕胎したわけですから、常に贖罪の気持ちを持ちながらウェスの魂と共に生活しておりますが、今世で私が果たすべき本筋のカルマは実は別にあります。)


ちょっとショッキングな内容になりますが、前世でも私とウェスは親子関係(今世同様、私(親)でウェス(子))でありましたが、ある理由
@父親の汚名をそそぐべくあるショッキングな出来事があった 
A私への思慕の情もあって
からウェス(子)が私(母親)を犯してしまったのです(姦淫の罪)。


(すべての水子がそのような理由を必ず持っているわけではなく、先ほども書きましたが、連綿と続く永遠のカルマの生の中で、生きているときにしたことの度合いと要素が複雑に合いまって決まるのです。
私の場合の堕胎は、ウェスのほうに ”私に今世で堕胎されるべき" カルマがあったわけですが、皆同じではありません。堕胎をしたあなたが今世で堕胎という罪業を作っている場合もたくさんあるのです。)



よくテレビの心霊番組などで、水子はおどろおどろしい存在としてよく引き合いに出されますが、実際は全くそうではありません。
よくまことしやかに言われるものに、”水子の霊障”というものがありますが、実際に水子がお母さんに憑りついて祟ったりするのはごくごく稀で、ほとんどないそうです。全くないわけではないが、その程度だそうです。
”水子の霊障”について神様に伺ったところ、水子自体にはそのような力がないため、そのようなことはしない、とのこと。
世間で言われている”水子の霊障”というのは、実際に水子の霊障であるのはごくごくわずかで、一般的に言われている水子の霊障というのは他のスピリット(天狗/狐狸などの精霊や、ごく稀に悪意のあるデッド・スピリット=人間の亡霊)による作用ではないか、とのことでした。


 霊魂に関すること、愚行とカルマ関係、など、パラレルの世界から伝えてもらったことをこのブログで随時書いていきますので、ご興味ある方は読んでみてくださいね。


人間の世界では、心霊の世界はあまりにおどろおどろしい存在に捉えられすぎていて(テレビの心霊番組の影響でしょうか・・)、どうしてもイメージ的に怖いもの・恐ろしいもの、と捉えられすぎています。
私は実際に水子とコミュニケートしているので、あまりにも実際とかけ離れたイメージで捉えられているので、
その悪いおどろおどろしいイメージを払拭したいと思っています。
境界によっては悪のスピリットも確かに存在はするのですが、イメージよりももっと自愛に満ちた世界、とのことです。(実際に私が今経験中です。)
だからもっと亡くなった故人・ペットなど、亡くなった後でも身近に愛情深く感じてもらいたいものです。


水子供養についてですが、
お伝えしてもらっている神(今回の水子供養では、密教の明王様の一人軍荼利明王様、般若心経を守護する神である兜率天様よりメッセージを賜りました)によれば、堕胎という愚行を犯した母親が自らの手で供養を行うべし(お寺での供養&お母さんが水子本人とパラレルの世界に対して贖罪の気持ちを持つこと)、『それが最高の供養』、とのことです。



=まとめ=
お寺での水子供養に加え、お母さんの贖罪の気持ち。たったこれだけです。
贖罪の気持ちを向けることは、お供えものをしなくても、いつでもどこでも簡単に実行できることです。
水子はたったこれだけで、とてもうれしいのです。

成仏するってどういうことか、それは、スピリットの気持ちが満足するか否か、この1点に尽きます。
お母さんが贖罪の気持ちを水子に向けることで、水子はとても喜び満足し、満足すれば天上界に行けるのです(気持ちが満足すれば成仏できる、ということです。とてもシンプルなのです)。
ですから、お寺で供養されても、水子が満足しなければ、その水子はずっとその場(主に霊界)に留まります。
”スピリットが乗り物に乗ってやって来てしまう”、などちょっと恐ろしいことも書きましたが、
勇気を出して、
ぜひ、お母さんご自身みずから気持ちを向けて供養をしてあげて、たくさん満足させて成仏させてあげてくださいね。

エティース


 カテゴリ
 タグ



記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング



ブログランキング



Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます