霊 心霊 前世 水子 死後の世界 あの世

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

はじめに(霊の世界と科学検証)のカテによせて

霊の世界と科学検証
これから「霊の世界と科学検証」のカテゴリーに記事を掲載していくにあたり、序文となる記事になります。霊の存在とその検証、というのは古くからあって、その実存を(科…

記事を読む

天上界とガブリエル様

神様(パラレル・ワールド)からのメッセージ
私と同調してくださっている「天上界」というところについてちょっと書いてみたいと思いますね。私といつも同調してくださる使徒様は、ガブリエル様といいます。初め、天…

記事を読む

「エティースよ、 〇 〇 をとれ。」(パラレル・ワールドの精霊さまの最初のメッセージ)

神様(パラレル・ワールド)からのメッセージ
パラレルの扉が開いてまだ間もない頃、パラレル・ワールドの精霊様(様々な役割を持った神様、精霊様、という存在があります。)その中に、私が ”老子様” と呼んでいる…

記事を読む

はじめに(霊の世界と科学検証)のカテによせて

lotus2.jpg


これから「霊の世界と科学検証」のカテゴリーに記事を掲載していくにあたり、序文となる記事になります。

霊の存在とその検証、というのは古くからあって、その実存を(科学的・物理的に) 証明する、解明する、ということは昔から行われております。(脳波実験など)



結論から言いますと、
”物理的に霊だとか霊魂、その存在を証明することはできません。(物理)実体がないのだから。(笑)”

つまり、実体のないものを ”証明” しようとする行為自体が無駄な努力 でしかありません。




 霊や霊魂、死後の世界、死後の精神世界の存在を、物理的に証明しようとしているのが、脳波実験だったり、精神分析科学・医療的に証明しようとしているのが、統合失調症論やその他の精神病論だったりします。


「証明」というのは、
物理学にしろ、医学的にしろ、
常識では説明のつかないこと・現象を、”自然科学的解釈のきまりごとなり、考え方、学問の範疇内” で解明・
説明しようとしている” にすぎません。


それならば、まだ、その現象そのもの、ありのままを観察、事例収集(その現象の出どころ、あるいは渦中の人物の人柄なり普段の素行なども考慮)して分析する「研究」(観察分析判断)のほうがずっと霊だとかあの世については適した解釈になるでしょう。


 確かに、一般的に霊の世界と結び付けられて信じられている現象(実際は違うかも。実際は、物理現象・自然現象であるかも。)もありますから、一般的に、これは霊と関係ある、と ”言われて" いるものを鵜呑みに信じてしまうのも、間違いであるのかもしれません。
(実際、スピリチュアリズムで言われていることの中にも、私が同調して得ている情報とは違ったものが伝わって一般化している情報がけっこうありますし、一般で信じられているあの世、スピリットの情報が誤って伝わって世間的に定着して信じられているものもけっこうあります。)

(ちなみに、わたしが同調により得ている心霊世界の情報は、スピリチュアリズム学で定義される情報とは違う所があり、一般に信じられている心霊情報とも違うところがあります。同じ解釈の霊能者さんもいます。
現在では、スピリチュアリズムがさらに普及し、スピリチュアリズム学派の説が90%程度優勢な状況で、自分が見ているところと違っている箇所を書けば、混乱を引き起こす、と思っておりますので、今は書きません。)


霊や霊魂、あの世に関してアンチな姿勢をとる書物や本などもたくさん出ており、著名な学者の方なども論鋒をぶつけているものもありますし、パラレル・ワールドからメッセージを受けているわたしからすると、そのようなアンチ学者さん達の疑問・「これはなんで?」にパラレル・ワールドからのメッセージから答えを提示することもできます。
(といっても、伝え聞いたパラレル的答えを提示したとしても、そのような理論武装している学者さん達は信じないでしょう、というのは、パラレル的なものをその学術的理論・自分の知っている理屈の範疇内でしか捉えられていないから。)

それをこのカテゴリーで、毎回テーマを決めて、書いていこうと思います。
(また、霊感霊視というのは精神病、幻視・幻聴・妄想論的に捉えられることも多いのですが、それについても後に一つ一つ具体例を挙げ、自分の状態と比較しながら取り上げていきますね。)


また、前世については、科学心理療法での証明として、ヒプノ・セラピーというのが有名のようですが、今この記事を書いている段階で、わたしは前世療法としてのヒプノ・セラピーについてあまりよく理解していません。

つまり、この「霊の世界と科学検証」のカテゴリーでは、霊や霊魂、あの世に関する本、また、霊や霊魂、あの世に関してアンチな本や物理的にアンチであることを証明するような本、また(これから調べながらになりますが、)前世療法としてのヒプノ・セラピーについて、パラレル・ワールドからのメッセージを交え、コメントしていく内容になります。


私自信も、パラレルの扉が開いてやっと3年程度の若輩者。 元々わたし自身が非常に疑り深い人間で(パラレルの世界やスピさん達も汗;) まだまだこちらの世界について修行開始・観察中(「観察中」というのは、スピさんやパラレル・ワールドに失礼ですよネ ( `ー´)ノ*) の身でもあります。


(物理)実態のない存在・世界のものを説明することほど難しいことはありません。


人が分かりやすく納得できるよう理屈で説明すればいいのか、と思いますが、このようなスピ系、霊の世界、あの世について、一般的に流布している心霊情報やスピリチュアリズム学説を調べれば調べるほど、また理屈で書こうとすればするほどよけいに胡散臭い・・^^;。
そうでなくとも胡散臭く思われるのが「普通」なのですから・・。



★ P.S. 追伸:@
ちなみに、パラレル・ワールドがこのような世界に懐疑的な人に対してどう思っているのかというと、パラレルのほうからのメッセージは・・↓

・「信じられないとか、信じないということは、心の狭さに通じる、人はそれをバカにするようなことも併せて解釈できる術を持つやさしさ溢れる人間であれ、ということ。」
・「(誰も信じないとしても)、”「信じることのあたたかさを持ち続けよ」”」
(※人間は、時代が経るにつれ、こうした世界に理解がなかったり、より疑い深くなってきている。だから、我々にとっても、そのような人間(人類)にメッセージの意味を理解させることができれば、それは私たちの福音にもつながる。)


・・とにかくやさしいですからね・・、パラレルの世界と天上界は。(慈愛に満ちた世界)


っつっってもねーーーー、一つ目のメッセージは分かりますよ、でも二つ目の、
”「(誰も信じないとしても)、”「信じることのあたたかさを持ち続けよ」”」”  っって。。。(笑)
言いたいことは、わかりますよォ、そういう存在や世界にもあたたかい目を向けてやれって・・、そいうことですよね??
なんかパラレルの世界って、私みたいな超〜〜っ疑り深い人よりも、素直で何でも信じちゃうような人が向いてるんじゃ・・??
たまにいますよねー、(宗教でも)何でもすぐ信じちゃう人、目が据わっちゃってる人(゚_゚)!・・← なんかと〜っても危険な感じ・・^^;
でも、それって、そういう精神だと、人間社会だと、なんか悪い人にでも騙されちゃいそうな・・(;汗;)
さんざ毒付いてしまいましたが、パラレルや天上界・スピさんから怒られてしまいそうな・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/雷



★ P.S. 追伸:A
同調の扉が開いて、その状態に戸惑っていた頃、前世での夫亡き後の愛人との間の息子ラオが言った言葉・・

「(前世は)証明できないけれど、僕たちがここにこうして集まっていることが何よりの証拠。」(ラオ)


「前世占い師エティースの心霊ブログ」 向かって右側の子ね




※この「霊の世界と科学検証」のカテゴリーにポストしていく私の記事は、技術系の仕事に従事してきた私のバックグラウンドと、これまで生きてきた人間としての判断力と、パラレルの世界から示していただいた ”中庸” の精神と、人生の中盤(40代以降〜)突然開いたパラレル・ワールド(あの世・死後の世界、霊魂の世界)の実体験を、良識的かつ客観的・分析的視点をもって、投稿する記事内容になりますことを、序章として最初に書いておきます。

エティース








天上界とガブリエル様

lotus4.jpg


私と同調してくださっている「天上界」というところについてちょっと書いてみたいと思いますね。

私といつも同調してくださる使徒様は、ガブリエル様といいます。

初め、天上界のほうで同調してくださったとき、まず、「天上界て、何なん?!」レベルの私。
いわゆる生を終えて亡くなった魂が成仏して行ける境涯、境界、いわゆる ”天国” みたいな所なんですけど・・。
(成仏では最高の境涯、境界。過不足のない世界。)

だから、スピさん(霊さん)達は、皆、天上界に憧れ、行きたがります。
(うちの前世子供達や大家族スピさん達もたまに遊びに行きます。)


で、また、「そもそも天上界て何なんでしょう? しかし、ガブリエル様とかミカエル様とかって、どこかで聞いた事あるような・・・??  何やら、キリスト教、とかの教え?(勘) ですか??・・」
「その大元の ”ヤーウェ” の教えだよ。」

「ふーん・・・、って・・  (・・??
 (その時、まだ何たるかをまるで分かっていなかった私・・。 」

つまり、キリスト教は、宗教であって、キリスト教の大元になっているのがヤーウェの教え=天上界の教え、なんだとか・・。


よく、キリスト教徒の人は、お祈り・・? らしき時に言うことばに、
『神と精霊の御名において・・・・・・・・・、』
って言うじゃないですか、


私が生まれた生家というのは、けっこうな熱心な仏教の家で、その宗派の教えというのが、その宗派以外の一切の宗教をいわゆる ”邪教” として非難排除するような教えなだけに、やはりキリスト教も御多分にもれず、その宗派からみての邪宗教、もちろん ”「これこれこうだから、この宗教はダメ!」みたいな、その宗派からみた正当な理由” 付きで。(本当に良い宗教ならば、他を非難することなんてしないんでは・・? と思ってしまいますが・・^^;)

だから、初めて天上界と同調した時も、「精霊様、使徒様って、ほんとにあるんだ、ほんとにいるんだ〜」って雷・・。
ゴリっゴリの仏教徒家庭、しかもキリスト教は邪教だと言われて育った私には、衝撃でした。

天上界で奨励される教えの中に、”奉仕” があります。

社会福祉や奉仕の仕事(福祉関係や看護婦さん=看護師さんなど)、職業に就いてなくとも、自分以外の存在のために何かをする、というのがとても奨励されるし、いい事なんだとか・・。
(私なんて好き勝手にこの年まで生きてきて、そーいえば、そういうのってやってきてなかったなーー、と・・。ドラえもん募金ぐらいでしょうか 笑; )

普通の生活の中でも、人のために何かをすることって大変なことですよね。
時間もかかるし、労力もかかるし、若干お金がかかることだってあります。
まぁ、自分以外の誰か(他に動物であったり、”物や対象(理念)” などに対してであることもあるでしょう)
のために何かをすればよいので、お金をかけずとも労力であることが多いですが・・。
それにしても、なかなかできないことです。
思っても、実行するってなかなかできないことです。
実行することが肝心。

たとえば、体の不自由な人をみかけたら手助けする、ですとかね。
・母が、目の不自由な女性が歩いてきたとき、間髪入れずに、「とっさ」に体を支えてやったのをみたり、
・夫が、目の不自由な人に、行き先を聞いて切符を買ってバスに乗せてあげたり・・
など、ごくごく身近に、そういうのを見たことがあったのですが、自分は全く体が動かなかった・・
(別に家族自慢してるわけじゃないです、全然・・。 例として、それに比べて自分は全然できないんだ・・という「比較」の意味で・・。)

ガブリエル様に、そうするようにしなさいと、暗にたしなめられてしまったのでしょうかね。








「エティースよ、 〇 〇 をとれ。」(パラレル・ワールドの精霊さまの最初のメッセージ)

lotus2.jpg


パラレルの扉が開いてまだ間もない頃、パラレル・ワールドの精霊様(様々な役割を持った神様、精霊様、という存在があります。)

その中に、私が ”老子様” と呼んでいる精霊様がおられるんですが、最初に老子様が重々わたしに言って聞かせたことがあって、

それは、





・・・・・・・ なんだか分かります?
(レオナルド・ダ・ビンチのウィトルウィウス Vitruvianus 人体図 × 六芒星、なんですが・・)


どういうことかというと、老子様が言いたいのは、
「人間生活とパラレルとの同調生活とのパランスを取れよ、中庸をとれ」
ということなんですね。
(水戸黄門の印籠のように、何度もこの像を念押しされました
(☆v☆))


パラレルのような異世界とコミュニケするということは、それだけで、やはりどうしても ”浮世離れ” してしまいますし、日常生活がどうしてもパラレルとの通信・同調に傾きがちで、ややもすると、人とのコミュニケーションが億劫に感じてしまうこともしばしばあります・・

念押しされた時は単純に、ほんとにそうだな、とつくづく思ったので、
「はい、(重々)そうします。」というような意をお伝えして終わったのですが、
今になって考えてみると、それが、今後書いていこうとする「霊の世界と科学検証」というカテゴリの記事などに色濃く反映されそうです、というのは・・・


この続きは、またの機会に「霊の世界と科学検証」のカテゴリ記事の中で書きたいと思います。






記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます