霊 心霊 前世 水子 死後の世界 あの世

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

medium(霊媒とは) - 霊と交信する者 -

霊の世界と科学検証
にほんブログ村 人気ブログランキング やっと涼しくなってうれしいですネ。夏場はやっぱり霊関係のテレビが多い時期ですよね。霊媒(霊の世界と交信する者)について、…

記事を読む

No Image

霊・前世・スピリチュアル関連の書籍の話題
 以前にも書いたとおり、我が家のスピさん(霊)一家は大家族で、前世での子供達や以前自分が飼っていたペット達のほかにも同調により縁あって家族となったかわいらしい男…

記事を読む

お盆によせて(亡くなったおじいちゃんの霊の話)

同居のスピさん達との交流日記
パラレルの扉が開いて、わたしがスピさん(霊)達と通信するようになって、私以外で一番喜んでいるのが私の母親です。(当たり前ですが、このようにスピさん達と交流してい…

記事を読む

medium(霊媒とは) - 霊と交信する者 -

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング 

やっと涼しくなってうれしいですネ。101490.gif


夏場はやっぱり霊関係のテレビが多い時期ですよね。

霊媒(霊の世界と交信する者)について、2017年8月24日(木)、民放局でのテレビ放送『奇跡体験! アンビリーバボー』、死者のメッセージを伝えるアメリカの霊能力者ローラ・リン・ジャクソンさんの回を見た記事を書きますね。

ローラ・リン・ジャクソンさんのリーディング(死者の霊のメッセージを伝える作業)は、なんでも、「その人(リーディングを受ける人)の頭の上に、黒い黒板のようなものがあって、そこに故人に関するメッセージや関連するモノが写し出される」のだとか・・。

「・・ふーーん、わたしの見え方とはちょっと違うけど、おもしろいなー。」と、見え方の違いがおもしろかったです。
人によって見え方が違うのかもしれませんね。

ローラ・リン・ジャクソンさんがどこの境界とコミュニケしているのかは分かりませんが、霊媒(霊能者さん)なんでしょうが、というか、ほとんど霊能者さんだとか、霊感があったりして霊体験のある人のほとんどが、霊界のほうとのコミュニケというのが圧倒的に多いのだと思います。

・・そして霊界とのコミュニケというのは、いわゆるテレビの ”恐怖の霊体験” みたいな怖い体験・もしくは霊が黙って静かにそこにいる、のような経験が多いのですよね・・。
(私の場合は、同調する境界が違うのでそのような怖いものは見えないのですが、そんなのが日常的に有無を言わさず見えたら、そりゃもう怖くってしょうがありません・・。
ショックで、ぶっ倒れちゃうかもです・・。)


私がまだパラレルの扉が開いたばかりのとき、(あちらの世界とコミュニケする人間というのは、とてもとまどい、自分が同調する世界と自分自身が一体なんなのかということにとても戸惑いを持つものです。
で、そのパラレルの扉が開いたばかりのとき、「どうかそのような(霊界の霊のような怖いおどろおどろしいモノが)見えませんように〜〜(;;`ー´ )ノ、と心で祈祷懇願(?)したものでした(笑)。
「幸い境界が違っているので、そのような霊ではないから大丈夫。」と言われ、ほっと安堵しましたが雷・・)


同調する神様から伝えられたのが・・

「エティースは、審神者。」

「は??? さ、さにわ・・??」(『さにわ』ってナニ・・? て感じ・・ なんか昔の言葉??ですよね、おそらく知らない人も多いんじゃないでしょうか・・その時は、全然『サニワ』って言葉自体知らないので、辞書で調べちゃいました。つまり、『霊媒』と同じ意味です。 )

ローラ・リン・ジャクソンさんのような霊能者さんや、霊感のある人はいても、証明することはできないんだけど、そういう体験・経験をしている人が実際にいる・・。

証明することはできないんだけど、それは ”実体がない” からね・・。


御仏さまよりお薦めいただいた心霊関係の図書

 以前にも書いたとおり、我が家のスピさん(霊)一家は大家族で、前世での子供達や以前自分が飼っていたペット達のほかにも同調により縁あって家族となったかわいらしい男の子・女の子達やかわいい動物さん達が大勢いるため、スピさん(霊)に楽しんでもらうため、日々読み聞かせ会を行っております。


最初、どんな本がいいのかな、とスピさん(霊)と共通に一緒に楽しめそうなものを話し合いました。

とりあえず、短絡的に、「スピさんだから、お化け関係の本は・・?」と、気軽に読めそうなもの(超常現象系)を読んだりしていました。


これまでの人生で、仕事に直結するような知識をつけることに一生懸命な生活を送ってきたため、実用本は読む機会はあっても、小説のような物語り本があまり好きでないし(飽きてすぐ寝てしまいます)、本当の本好きの方のように、おもしろい本などもあまり知りません。

「何かいいものないかな・・」と困っていたところ、

毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)様から、「『日本霊異記』はどうか。」とお薦めメッセージをいただいたので、一緒に読んでみました。

(偏った知識ばかりで、モノを知らない私は、もちろんその時、『日本霊異記』なんて知りません ^^: 超現実的なヒトだから霊関係の本などもあまり読んだことありませんでした。 えらい昔の記憶のかなたに、何かの授業でうすらその「名前だけ」は聞いたことがあったような、なかったような・・・・ + +?)


『日本霊異記』は、平安時代初期に書かれた日本で最初で最古の仏教説話集で、作者は景戒という昔のお坊さん。 霊関係の伝説伝承、などがたくさん収録されています。


なぜ毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)様が、私に『日本霊異記』を勧めたのか?(その時は全く考えなかったんですが・・)
意味のないものは勧めないと思うんですよね・・。


『日本霊異記』の内容紹介は、



説話の主題と思想[編集]

編纂の目的から、奇跡や怪異についての話が多い。『霊異記』の説話では、善悪は必ず報いをもたらし、その報いは現世のうちに来ることもあれば、来世で被ることも、地獄で受けることもある。説話の大部分は善をなして良い報いを受けた話、悪をなして悪い報いを受けた話のいずれか、あるいはその両方だが、一部には善悪と直接かかわりない怪異を記した話もある。

仏像と僧は尊いものである。善行には施し、放生といったものに加え、写経や信心一般がある。悪事には、殺人や盗みなどの他、動物に対する殺生も含まれる。狩りや漁を生業にするのもよくない。とりわけ悪いこととされるのが、僧に対する危害や侮辱である。と、これらが『霊異記』の考え方である。

転生が主題となる説話も多い。説話の中では、動物が人間的な感情や思考をもって振る舞うことが多く、人間だった者が前世の悪のために牛になることもある。

wikipedia より引用




 確かに ありました、人間が牛に生まれ変わる話・・。 他にもいろいろありましたよ、気軽に読めておもしろい話。

(昔の古語で書かれたものなので、適切に現代語訳されているものが分かりやすくおススメです。)

仏教的な観点からの善悪の報い・カルマだけでなく(※宗教というものがパラレルの世界から見るとどういうものなのか、というのは後に別記事でとり上げますね)、
転生(生まれ変わり)の話なども盛り込まれているため、今となっては、『(毘盧遮那仏様がお勧めくださったのは)もしやこの記事を書かせるためだったのでは・・?』なんて勘ぐってみたり・・。
(この記事をアップする直前に、毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)様にもう一度確認で聞いてみたら、「いや、そうではない、仏教説話の中にはなかなか良いものがあって、『日本霊異記』の内容はパラレル的にとてもよいものだから。」という意味でお勧めになったのだとか。。。私の勘繰りすぎでした)


なかなかおもしろかったから、みなさんも読んでみたらいかがでしょうか。


いわゆる ”堅物(かたぶつ)女子” であった私ですが、パラレルの扉が開いてから、まさにこれまでの人生が一転、というか、これまでやったことのないことをスピさんと一緒に経験してみる、これまで目を向けなかったことを一緒に経験してみる、本についても、これまで読んだことのなかったものを読むようになった、そんな生活になっております。

そんな生活の中で、スピさん達と一緒におもしろいな、と思った書籍などもこれから随時、紹介していきますね。





お盆によせて(亡くなったおじいちゃんの霊の話)

lotus4.jpg

パラレルの扉が開いて、わたしがスピさん(霊)達と通信するようになって、私以外で一番喜んでいるのが私の母親です。
(当たり前ですが、このようにスピさん達と交流している・・なんてことは、ふつうは人には【絶対】に話すことはできません。いよいよ頭がおかしくなった、と思われるのがオチですから・・。それが世間というものです。

ですから、これを知っているのは、私の母親だけになります。..厳密に言うと、ブログの読者さんもね)


母親が喜んでいる、というのは何を言うのかというと、もうすでに亡くなってはおりますが、母の両親の霊が今現在どうしているかを私を通して知り、コミュニケーションできるようになったから。
なんだかとても幸せそうです。


わたしのおじいちゃん(母の父親)というのは、戦没者です。
おじいちゃんが亡くなったのは、母親が5歳の時。
日本でなく、外国(中国=当時の満州)で戦没したのですが、亡くなった当時、戦時中、捕虜になり、拘留生活中に落盤(らくばん)事故で亡くなったと通知が来た、とのことでした。

パラレルの扉が開いてから、おじいちゃんとも同調することができ、亡くなった当時のことをいろいろ聞いたりしているうちに、思いもよらない死の真相を知ることになりました。
「落盤(らくばん)事故で亡くなったのではない。」
・・・・・・・・・・・・・・・??????


わたしはさっそく母に電話で、「あのさぁ、なんか、おじいちゃん、落盤(らくばん)事故で亡くなったんじゃないみたいなのね・・、で、当時のことちょっと聞かせてくれる?」
亡くなる日の朝、(捕虜だから何らかの作業に従事させられていたようで)、家を出る日の朝、私の母のきんちゃく袋を持って、「ここに、アメをたくさん入れて持ってこようね。」と言って出かけたそうです。
帰って来たのは、遺体になってからでした・・。
(母)「わたしは、その時、まだ5才だったのだけど、おじいちゃんの頭から、あっ、穴が開いて血が出てる・・って血を拭いてあげたの・・。」
(私)「ふーん・・・。」


== ↓で、さっそく同調による追跡(追求)です↓ ==
「ねぇ、おじいちゃん、昔の兵隊さんって、特攻隊みたいに小型飛行機で敵に突っ込んでいったんだよね??(← 戦争映画などの ”イメージ” でそれまで勝手にそのように亡くなったと思い込んでいた私。)」

・・・・・・・・・・・・・(← おじいちゃんが思い出している「間」?)。


後ろから大きな衝撃の映像、
「おじいちゃん、爆風なの・・??」
・・・・・・・・・・・・・


<<映像>>
「敵兵だーー!!(日本語で)」
軍服の兵隊が数人おじいちゃんを追っている、手にはピストル・・(映像)、林の中を駆け抜ける・・
走って逃げるおじいちゃん、「待ってくれ−−、わしは日本人じゃーーー!!」
再び後ろから衝撃音・・・
そのまま雪残る山野に倒れるおじいちゃん・・



(つまり、捕虜として拘留中の作業中に、日本兵に中国の敵兵と間違って(銃で)威嚇追跡され、銃で撃たれてなくなった、ということでした。
「あっ”」! そのときは何気なく通過して聞いていたことが頭をよぎりました。
「おじいちゃんの遺体の頭に 【穴】 が開いていた」と!

初めは、死亡通知の内容が違う、落盤(らくばん)事故で亡くなったのではない、と聞いた時は「あ”ーーー?!」って耳を疑う感じでしたが、なーるほど、これで辻褄が合う・・ 頭の 【穴】 かぁ・・

昔のことだからいいかげんに処理されたというのは充分考えられることで、パラレルの神様に教えてもらったら、つまり、日本人が誤って日本人を銃撃して殺してしまったのが明るみになるとマズい・・、落盤(らくばん)事故と処理され隠ぺいされたのだとか・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い長い年月ずっと、春が過ぎ、夏が来て秋が来て冬、雪が舞って、花や蝶が舞って、幾度も季節が巡って、ずっーーーーーーーーーーーっとその場におじいちゃんの魂は留まっていたのだとか。(つまり地縛霊)

我が家は、母の母親(つまり私の祖母=おじいちゃんの妻)が日蓮正宗の熱心な信者で、おじいちゃんが戦死した後も常にねんごろに供養を重ねてきたような家だったのでしたが、やはり成仏はしておりませんでした。

今現在のおじいちゃんは、といいますと、同調してから幽界のほうに上がり、おばあちゃんとも再会でき、つまり、ここ、私と一緒に大家族として楽しく生活しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチお願いします モバQ





記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング



ブログランキング



Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます