前世 霊 心霊 ブログ

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

前世 霊 心霊 水子 ブログ


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

コロナと安倍首相(安倍首相お疲れさまです・・っ!<(_ _)>、安倍首相の首相辞意表明)

コロナ・ウイルス関連
掲題の、安倍首相の辞任表明には、国民の皆さんが、「寝耳に水 Σ(゚Д゚)・・!」 ・・・ だったかと思います。だから 、『お盆の余波に急に思い出して霊さんを送り出し…

記事を読む

なんでもかんでも祓えばいいかというと・・ そうじゃないんじゃない・・?、なお話

前世・カルマ・転生
それは、30代の妙齢な女性のお話なんですけども・・現代の日本の女性って、普通に仕事もし、いろんな事を楽しみつつ、まあ30歳ぐらいまでに結婚できればいいかな・・…

記事を読む

お盆の余波に急に思い出して霊さんを送り出した話(わが家のお盆顛末記)

同居のスピさん達との交流日記
お盆は終わってしまいましたが、モバQみなさんも、ご親族や近しい人の魂に思いを馳せたでしょうか・・今年のお盆は、わたしも自宅で、自分と近しい親族の霊体なども、いつも…

記事を読む

コロナと安倍首相(安倍首相お疲れさまです・・っ!<(_ _)>、安倍首相の首相辞意表明)

lotus2.jpg


掲題の、安倍首相の辞任表明には、
国民の皆さんが、「寝耳に水 Σ(゚Д゚)・・!」 ・・・ だったかと思います。


だから 、『お盆の余波に急に思い出して霊さんを送り出した話(わが家のお盆顛末記@)(8/19)』 の記事の一番最後のほうで、わざわざ
安倍首相の健康問題について言及してたわけ・・・!!
(その前回のコロナ関連の記事の時に、ご神仏のほうから、安倍首相の持病についてすでに伝わっていたから・・)
(※ブログのお読みの方が、「エティースは Go to ・・・ などの国政反対派なのに、なんでここで安倍首相の健康を気遣う文面を出すわけ・・?」とわたしの文章に不信感を持った読者の方もいらした、、というのも伝達で伝わっていたのでよく分かっているのですが、あえて前回 ほのめかして おきました。
こうしたご神仏様のいわゆる ”予言スタイル” をご批判する方もいらっしゃるかもしれませんが、心霊世界には、邪霊も多くありますけど、善の神的存在も多くあり、そうした善霊・善の神的存在は、
”善意” で、わたし達に霊的メッセージを伝達してくださる存在なのであり、
そうした善意のメッセージを批判したり、斜に見るような行為や態度・言動というのは、心霊世界ではそのような神的存在に対する不敬にあたる・・、と伝わっています。
(ましてや、そうした霊信が合致・一致しているのであれば、なおさらです。。)


でね、安倍首相なんですが、
私は Go to トラベルなどの政策は大きな誤りだった、、とは思うんですが、
未曽有の災害であるコロナ問題に対して懸命に職務全うされていたのもよく分かってますし、
コロナと異例の夏の暑さの中、ほぼ無休で連日職務にあたり、かなり疲れが出てしまったのではないかと思います・・
だけど、今のこの時期、、しかもこんなコロナの混乱期にトップが交代するのは、非常に混迷を招くのでは・・?
健康状態は心配ですが、
できるなら、しばらく休養されて、復帰するとか・・ そういうのってできないのですかね・・? 政治家さんて無理なんでしょうか、、そういうの・・? 


心霊世界からの伝達では・・
(ご神仏のメッセージ):「安倍首相はね、ちょ〜っとね、森友問題とか問題はあったにしろ、よくがんばってやっていたと思うの・・。 それでね、心霊世界のほうでも、最近話題に挙がっている岸田政調会長さんはよいと思うのだけども、このようなコロナの混乱期だし、体をいたわり、お休みをいただくなど調整して、もう一度やってみたらいいと思うの、、 でね、近い将来、コロナも明るい兆し(新薬などの開発)もあるし、相変わらず、国民一人ひとりがコロナに留意して生きる状態は続くものの、とってもよいお人柄もあるし、政治手腕もあるのだから、(もし体がだいじょうぶならば)無理をしないで、お休みをとりながら、引き続き、国政に携わる道もあるのではないかな・・」

(ただ、ご自身の体の事は自分でしか分かりませんので、ストレスで過労死しちゃったり、寿命を縮めるようなことになっては大変ですので、そこはご自身でしか判断できないところではあるかと思いますが・・)


なんかね、
すばらしい政治家さんも多くいらっしゃるでしょうが、
このコロナの混乱期の難しい時期に、新しい人が新しいことに取り組む、、っていうのは、現実に、かなーーり難しいことだと思うんですよね。。


国政については、コロナのこの時期に挙がってくるものは「どうかな〜」と思うものもあるかもしれませんが、
未曽有の ”国難” にあって、国民の皆さん一人ひとりも、人に対してのあたたかい気持ちだとか、ただ批判するだけでなく、皆で励まして一緒に進んでいくという、融通を効かせてあたたかく見守る姿勢が一人ひとりに必要なことなんだと思います。




☆ブログ運営にご協力ください(^_-)-☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
 
  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村




なんでもかんでも祓えばいいかというと・・ そうじゃないんじゃない・・?、なお話

lotus2.jpg


それは、30代の妙齢な女性のお話なんですけども・・


現代の日本の女性って、普通に仕事もし、いろんな事を楽しみつつ、まあ30歳ぐらいまでに結婚できればいいかな・・ と思っている人ってけっこう多いのじゃないかと思います。
それでね、そんなことしてるうちに、30代、40代近くになっても、コレという決め手となるような男性とも巡り会えず、40過ぎちゃったよ・・!! という人もけぇぇぇっこういらっしゃるんじゃないでしょうか・・


今日はね、そんな感じの妙齢(30台かな・・)の女子のお話。


その人はね、女優さんとかタレントさんとかいうんじゃないのだけど、
今の世の中は、そういう人じゃなくても、SNSなどの影響もあって、一般の人でも、有名な人ってけっこういらっしゃるかと思うんですが、そういうタイプの人で、やっぱり忙しく仕事をしてきたような女の人ね・・
(でもね、女子としての愛嬌はあるタイプの人なんだね。。)




でね、

その人を見た時に・・

「 ぐ わ〜〜〜・・っと、男の人の霊の顔が大きく現れたの・・(武者みたいな恰好をして・・)。
でね、最初悪い霊かと思って、一回祓ったのですが(そのほうが良いと思って とっさに ・・)、


でね、後で理由を聞いて、また元に戻しちゃったの・・



どうも、ね、

その霊さんね。。

えっらい昔の時代(室町時代)の男性の霊さんでね、
その女の人とその時代に恋愛関係にあった人なのね、、


でね、その女の人のほうだけ、今、今世に一人だけ生まれ変わったのだけれど、
その男性は霊体として、その人に憑いているわけ・・


でね、その女の人の婚期を遅らせているのだとか。。


「じゃあ、前世の関係で、その人の婚期を遅らせているのだったら、
なんで祓ってしまわずに、またその霊を元にもどしちゃったのォ〜?☆?」

、、と思われるかもしれませんが。。





でもね、前世(その室町時代)において、男女はお互いに恋愛感情を抱いていたが、
女性のほうに、縁談話が持ち上がり、
当時の時代と、当人を取り巻く状況で、女性は、縁談を受け入れざるを得なくて、
結果的にその二人は一緒になることはできなかったの。。


でね、女性のほうだけは生まれ変わって現代に生きているのだけれども、
その男性はず 〜〜〜〜〜〜〜〜 っ とその女性を愛していて、
婚期を遅らせているのだけれども(自分以外の異性を遠ざけている・・)、


・・と、同時に、また


女性の ”守護” にもなっているから、
いろんなものからも守ってくれてもいるのね。。



それに、すごくピュアな気持ちでね、すごく真面目な強い愛情を持っているのね、その女性に対して ・・・
なんだかすごーくロマンチックでさ・・
だから、元に戻しちゃったの 。。。
(私の処置に、ご批判あるかもしれませんが・・ たらーっ(汗) 汗;)



モチロン
元に戻れた当の霊さんは、【大満足】わーい(嬉しい顔)ニッコニコで(かわいい・・)
はりきって、引き続き、その女性を護っているのね。。



そんなお話でした ・・・



☆ブログ運営にご協力ください(^_-)-☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
 
  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村





 タグ

お盆の余波に急に思い出して霊さんを送り出した話(わが家のお盆顛末記)

lotus2.jpg


お盆は終わってしまいましたが、モバQ


みなさんも、ご親族や近しい人の魂に思いを馳せたでしょうか・・


今年のお盆は、わたしも自宅で、自分と近しい親族の霊体なども、いつもふつうに一緒に生活しているため、
お盆やお彼岸とか特別の仏事とかに関係なく、普通に接しており、
お墓もちょっと離れたところにあるため今年は行かないで、自宅で、お盆のお供えをして過ごしました。



今年は、コロナの発生年にあたり、そのように、お盆は自宅で・・・、という方も多かったのではないでしょうか・・
わたしも、もうちょっと気を利かして、自宅でも ”お盆気分” を盛り上げてあげればよかったのですが、何やらいろいろやっていて忙しくしているうちに、今年のお盆の入りが暦上8/13〜、で、入りが16日の4日間だったのですが、お供えをしたくらいでまたたく間になんとなく終了してしまったんです。




・・で、
お盆も2〜3日も過ぎた18日の朝に出来事は起こった・・




わたしが18日の朝に、なんとなく思いついて、


私:「(亡くなった義理の弟に向かって)、ともちゃんのお父さんはどうしてるかねーー?!」
(父は、片目を失明してるんで、その心配もあって・・)
※ともちゃんというのは、私の義理の弟(霊体)で、私が2〜3歳の時、両親が離婚して、その後、父は再婚して別の女性との間に一人息子=ともちゃんができたんですが、一度も会ったことはなかったんですが、ともちゃんが35歳の若さで急逝して亡くなってから、こちらの世界※パラレル・ワールドで初めて会い、今は同居のスピさん達の一員でもある・・

※くわしくは、
・『ともちゃんの霊のお話・・
・『夢の不思議B:しばらく疎遠にしていた友人が突然、私の夢に現れ・・
の2記事をご参照ください・・)


・・ と言ったら、

そしたら、ともちゃんが、、


ともちゃん:「ヒマだから、ちょっとあっち(他県にある離婚した父の家)へ行ってくる。」
というので、一人では心配だったので、兜率天shadda 様についていってもらって、父の家へ移動して行ったんだわ。。



現地に着いたともちゃんは。。
「あーあ〜〜、(お母さんは仕事に行っちゃってるから)ひとりでボ〜〜っとしちゃってるよ。。 まだちゃんとは起きてこないみたいね〜」なんて言ってる。。
(ともちゃんは、一人っ子だったため、つまり唯一の子を失ったため、老夫婦の二人暮らしになっている。。)




そしてね、私のほうで、ちょっと経ってから、父に電話を入れたの。。


私:「お父さん、あのさ、お盆は終わっちゃったんだけど、今朝わたしがね、『そっちどうしてるかねーー』と言ったら、ともちゃんが『ヒマだから、ちょっと行ってくる』というので、さっきそっちへ移って行ってるんだ。。 仏壇の近くのところにいるからって。 しばらく滞在するみたいよ。。  お弁当もらおうかな。。  とかなんとか言ってる。。」

父:「え・・?? そ、そうなんだ?? あ、お弁当というのは、多分、お盆でお寺からもらったやつで仏壇に挙げてあったやつだな・・ わかった(了解)・・! (喜)
(※その後の、霊視による伝達では・・・
父は、一人でそこにいて、仏壇の上のあたりをキョロキョロっとして、、

おもむろに、お経本を取り出し、、 普段ついぞあげたことのないお経を、 たどたどしく、唱え出したみたい ・・ (';';)? 笑/)




それでね、父の実家というのは、海辺で魚なんかもとてもおいしいのですし、名物の「〇〇」(高級なシロモノです・・ ともちゃんの好物・・!!)でも出してくれるんかしらと、ともちゃんも 期待大_______!!にしてそこにいたんですけど、、
(じゃあ、せっかくだから、同居のスピさん達みんなもいっしょにいただいてきたら・・? とみんなも一緒に送り出してきたんですが・・)




なんだかね、、 たらーっ(汗)
こちらに帰ってきたともちゃん達ご一行の言によれば・・


(がっかりした様子で・・バッド(下向き矢印)


ともちゃん:「・・・ なんかね、頭にはヒラめいたらしいのよ、、 でもね、出てきたモノが(想像してたのと)全く違う_____!!がく〜(落胆した顔) もうやだ〜(悲しい顔)

さらに聞き捨てならないことには (笑!! 言いぐさが・・爆ノ)、 親父が、『霊なんだからほんとに食べる訳じゃないんだから、その名物じゃなくてもいいでしょ。』 って(言って)、なんかごく普通の若者が好みそうな高カロリーメニューの手料理を何品かお母さんが張り切って用意したのだ」とか。。

ともちゃん:(ショック)・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



※まあ、ともちゃんとしては、他の霊さんもいっしょにせっかく来てくれたんだし、両親も自分の好物は良く知ってるだろうし、麻雀放浪記(私なんかからは考えられない「博徒」)みたいなバーーーーーーーっとしたサービス精神のある子だから、景気よく ”船盛” でも付けてくれないか期待してたみたい________。
(※注:ともちゃんの実家は、以前父が飲食店をやっていて、お店をやっている時は、材料のストックもあるから、すぐにそういうのも「はいよーー!!」って用意できたんだけど、一人息子が亡くなってしまって跡継ぎもいないし自分達も高齢なこともあり、ともちゃんが亡くなったと同時にそのお店は閉店してしまったの__________)



私:「・・・・・・・・ じゃあ、次回は、予め、そういうのをメニューに入れておいてね、とリクエストするしかないね。。」


__________________________________________

とまぁ、お盆に関しては、そんな出来事がありました。。



日本各地で、記録更新、と騒ぐほどの猛暑とコロナで皆さんも、酷暑の中、どうぞ熱中症にご自愛くださいふらふら晴れ <(_ _)>。

また、コロナの医療従事者様や、政策については問題あっていろいろ言われていますでしょうが、安倍首相の体調も心配ですよね・・ コロナ関係で陣頭指揮取られている方々も、(政策については異論が多くても)だからといってやはり代わりはいないんですし、感染は拡大傾向ではありますが、良いワクチンでも開発されない限りは、日本全体で、もう一人ひとりが留意して仕事をしたり生活しなくてはならなくなってしまったんです・・
だから、
どうぞ、お一人おひとりが日々体にお気をつけて過ごしてくださいねーー。



☆ブログ運営にご協力ください(^_-)-☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
 
  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村





記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、パラレル・ワールド※心霊世界(天界・神界・天上界や幽界など各境界)との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング



過去ログ
タグクラウド




Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます