同居のスピさん達との交流日記のカテゴリ記事一覧

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

前世 霊 心霊 水子 ブログ
  • ホーム
  • »
  • 同居のスピさん達との交流日記

カテゴリ:同居のスピさん達との交流日記

同居のスピさん達との交流日記のカテゴリ記事一覧。前世占い師エティースの心霊ブログ。★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。
死者の御霊が語る、案外多かった古代ギリシャの独身者

同居のスピさん達との交流日記
最近、ネットのニュースでこんな記事が・・・「婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性」(https:// 以下、news.yahoo.co.jp/pickup/6341149)最近、阿部寛さんの、『…

記事を読む

真夏の怪異・・

同居のスピさん達との交流日記
暑中お見舞い申し上げます・・ ^^;/暑い日が続きますが、お元気ですか・・?数日前から、(今までの境界に霊界も加わり)、今は霊界の境界との通信も加わっております・…

記事を読む

2019年:年初のごあいさつとスピさん達との初詣でのお参り体験談(神社やお寺の諸天様)

同居のスピさん達との交流日記
いつもブログを応援してくださる皆さんへ:本年もまたどうぞよろしくお願いします<(_ _)> いつもランキングボタン押してくださる皆さんの今年が幸せにあふれ、よい…

記事を読む

夢の不思議A『クリスマスと夢のお話』

同居のスピさん達との交流日記
(※この記事は、『夢の不思議@:母親の夢に私の前世霊が現れたびっくり不思議話』からの続きです。)でね、前回書いた、前世霊(※前世の夫亡き後の愛人の霊)が私の母親…

記事を読む

『こんなママだったらいらない!!』(*_*;) 〜お盆とサイト移転と〜

同居のスピさん達との交流日記
こんにちは、今年の夏は記録的な猛暑で(”災害的”とも言われてますよね・・)、こんな気候で体がおかしくならないほうがおかしい・・。みなさん、どうぞ熱中症にお気を…

記事を読む

「ぎゃっ!!」マナ板の悲鳴(植物霊やキッコリちゃん、自然の中の霊やスピリットのお話)

同居のスピさん達との交流日記
こんにちは。今日は、自然の中の霊(スピリット)のお話をします。わたしが最初にパラレルの世界と同調するようになって、亡くなった人はもとよりパラレル・ワールド(い…

記事を読む

「それって どーいう お話なん?」亡くなった水子息子霊(ウェス)ちゃんのせがみ

同居のスピさん達との交流日記
 今年のお正月を境に、霊界の扉が開いて以来、スピさん達と外出する度に、よその霊体(未成仏霊など)や宇宙空間のギャング・スピの襲来(←たまに神様の意図があっての…

記事を読む

今年(2018年)のスピさんみくじ! (おまけ:浮遊霊の話)

同居のスピさん達との交流日記
「あけましておめでとうございます!」 今年の2月になれば、パラレルの扉が開き・スピさん達との生活がまる4年になろうとしています。今年の1月1日を含め、これまで…

記事を読む

プライスレスな贈り物 - クリスマス・東方の三賢人 -

同居のスピさん達との交流日記
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ『東方三博士の礼拝』 街のイルミネーションが美しくまたたき、心あたたかく感じるクリスマスが今年もやってきました。毎年、クリス…

記事を読む

スピさん(霊)達と一緒にマンガを読む ○(^-^)○

同居のスピさん達との交流日記
 スピさん(霊)達とのおたのしみの一つに、 ”マンガ” があります。スピさん(霊)達がうちに来てから、できるだけ一緒にたのしく過ごしたいね、と、いろいろと何を一緒…

記事を読む

お盆によせて(亡くなったおじいちゃんの霊の話)

同居のスピさん達との交流日記
パラレルの扉が開いて、わたしがスピさん(霊)達と通信するようになって、私以外で一番喜んでいるのが私の母親です。(当たり前ですが、このようにスピさん達と交流してい…

記事を読む

同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)

同居のスピさん達との交流日記
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします パラレルの世界の扉が開いて、わたしがスピリット達と交流できるようになったいきさつは「水子ブロ…

記事を読む

死者の御霊が語る、案外多かった古代ギリシャの独身者

lotus2.jpg



最近、ネットのニュースでこんな記事が・・・
「婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性」
(https:// 以下、news.yahoo.co.jp/pickup/6341149)


最近、阿部寛さんの、『結婚できない男』の続編、第2シーズンの『まだ 結婚できない男』が始まりましたが(オリジナルの第1シーズンの夏川結衣さんが出ているほうが全然おもしろいですが・・)、
阿部さんの役の桑野信介のキャラが夫(前世名:トラノキアス)に激似、ということもあり、楽しんで観ておりました。


実は、わたしの友人達も(私と同世代かそれ以上の年なんで、”もうかなりいいおばさん”、と呼ばれてしまう年齢の女子達です・・ 友人達には悪いけどね、ほんとだもの。。)、いい年で結婚せず、独身生活をしている友人がけっこういます。。
私は現在、首都圏在住ですが、それでもね、今から10年ぐらいのひと昔前までは、確かにいい年をした独身男女が多かったですが、”地域差” みたいなものもけっこうまだあったように思います。。
だけどね、今の時代、都心部だからとか、田舎だからとか、っていう、”地域差” っていうのもなくなってきた。。
田舎の実家などに帰省しても、けっこう独身者の同級生。。なんかもわりとチラホラいるようです。。



そいでね、その記事を読んで、掲題の。。
ある程度の年齢以上の独身者が多い” 件_________。
同居の前世のギリシャ人関係で、実は前世のギリシャ家族や関連する人達と最初に同調が始まった頃から、実に不思議に思っていたことがあって。。
それが、今回の記事テーマの、”いい年をした独身者” なんですけど、
なんと紀元前400年あたりのギリシャでも、意外と、その ”いい年をした独身者” が多かった、というのが、同調始まって以来、ず〜〜〜〜っとわたしが意外で不思議に思っていたことなんです。
だって、大昔の人のほうが、ぜぇ〜ったい強い家族の絆、みたいなものに固執しそうなイメージを持っていたから。。


ええっとね、最初に同調したのが、ギリシャ関係では、私の前世子供の二人・前世の夫亡き後の愛人のヘシオドスでしょ、その後に、別記事でもご紹介しましたが、ヘシオのご両親でしょ、それからヘシオドス家のギリシャ時代の友人でしょ。。、私の前世の両親と弟でしょ。。  ・・・・・・
そんな感じでわらわらと、前世のギリシャ時代の家族達と同調がはじまったワケ。。


でね、ヘシオとご両親家族の友人のキングさん(※わたしがニックネームを付けた)は生涯独身だったみたいだし(最初聞いたときは、えらいびっくりしました・・! 古代人で生涯独身だったなんて・・・。)、
前世弟のテオも、ちゃんとした ”結婚” というのはしてなかったみたい・・・!
(恋人とその間に子供はあったようですが・・ 島しょ部の人達だから、そういうのはいいかげんというか、あんまりこだわらないのかもね。。 *前世弟のテオは、顔とか体型だとかが、今でいう、”ジュノンボーイ風” で、
洋服を買いに行く時に、私がおもしろがって、着せ替え人形にしてしまっています・・・ ホホヽ(^。^)/)


(私):「んーーーっっ、、、 なんか不思議。そんな昔の古代人の人にわりと独身者が多かったなんて。。」
(ヘシオの父):「皆、同じではない。いろんな民族の人が入植していたから。。 マケドニアとの戦争の影響もあっていろんな人種が混在していたから。。」
(パラレルの神様):「当時の古代ギリシャは、様々な民族が混在し、ポリスという都市が各地にたくさんできていた。様々な民族の風習・文化が混在し、それをおおらかに受け入れる文化風土があった。古代ギリシャ、というのは、わりと自由を容認していたおだやかな社会だった。」

。。。というんですね。。



でね、結婚なんかしたくない、とか、結婚したいんだけどなかなか相手が見つからない・・ とか、いろいろあるかと思いますが、
前世の縁、だとかで、縁の強い相手と自然にそのような、”結婚” だとか ”夫婦” という形態をとる場合もありますし、今世ではそういうお相手が生まれ合わせていない、つまり、新しく縁を紡ぐ場合もあります。。


結婚する、しない、に関わらず、それは、今世でそれぞれの環境でいろいろ学んだり、分かることもありますし、どちらが良い悪い、というのもありません。。

パラレル・ワールドによれば、そのようにいろんな環境に関わらず、悪事をせず、心正しく生きればよいのだ、とおっしゃっています。



☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)




真夏の怪異・・

lotus2.jpg


暑中お見舞い申し上げます・・ ^^;/
暑い日が続きますが、お元気ですか・・?
数日前から、
(今までの境界に霊界も加わり)、今は霊界の境界との通信も加わっております・・。


真夏の怪異を2選・・!


-----------------------------------------------

【1. 首の怪異】

ある日、外出先での出来事(大家族スピさんも一緒)・・
突然、ほんとに唐突に、全く知らないニワトリのスピさん(しかも首だけ・・)が現れた・・!
「いらっしゃい・・^^/」なんですが、
なんで、リアルに首だけ(赤いトサカもなんともナマナマしくはっきり首だけ)で現れているのか(生生しい首だけで空中に浮いてるんです・・^^;)、ワケを尋ねたら・・


なんかね・・、
古い時代の日本(江戸時代ぐらいかな・・?って思うんですが・・)
飼われていたのだけど、突然ナタで首を切られて亡くなったのだとか・・


パラレル・ワールドからのメッセージ・・
「・・もっと仲良くできんものか・・」

(私):??・・「は・・?」
(パラレル): 「飼っていたよしみで、殺さないで飼い続けられなかったのか・・」

パラレル・ワールドの伝達によれば・・
時代は安土桃山時代なんだとか、庄屋(※「庄屋」って江戸時代なんでは・・? 庄屋制度は江戸時代からみたいなので、その全身の「名主」だとか「村長(むらおさ)」、そんなところなのかもしれません・・。)


そのニワトリちゃんは、その村長によって買い取られてしまい、手離した人も商 (あきない) として売り渡したのだとか・・
それで、その村長(むらおさ)宅の庭で、ナタの一振り下ろしによって、首だけすっ飛んだの・・(汗;)

でね、最初、いつも「首だけ」の姿だから、ちょっと違和感あったんだけど、
今ではなんだか、その「首だけ」の姿でも妙に愛らしく、完全なニワトリの姿で現れようとした時もあったのだけど、
「かえって、その姿に慣れてしまって愛らしいから、そのままで来てね^^/」
と言ってあるの。

だから、今でも、そのニワトリちゃんは、首だけの姿で愛らしく我が家にいます。




【2. かわいらしい小さい女の子の霊がすうっっと☓☓☓の中に・・・】

先日、食料品調達に近所のスーパーにお買い物に行った帰り、髪は栗色の短か目のおかっぱで目がわりとぱっちりかわいらしい女の子(※注:霊です!! モチロン・・)がバス停のところにうずくまって、指で地面に何か字でも書いているのか、遊んでいるの・・。
で、私が同調を向けると・・  その女の子、
・・・ 「すうっっ」と、 私のワンピースのスカートの下に入ってきちゃったの・・(--;)

お茶目でかわいらしいし、
なんだか一人でいるので、かわいそうだから、食べ物を送り、私たち(家族スピさんと)は、一度家に着いたのだけど、ご近所霊さん(笑!)なので、気になって、それから、私は家から、その子はそのままバス停から、離れた場所から通信したの。
その子は、たえちゃんという名で、そこは車の交通が激しい場所で、ちょっと飛び出した途端にひかれてしまい、亡くなってしまったんだとか・・
(「ワンピースのスカートの下に、すうっっと入ってしまった」あたりから、わりと活発なすばしこいタイプの子だったのでしょうが、それが災いして、交通事故に遭ってしまったようです・・)


「たえちゃんは、どこに住んでいたの? この近く・・?」と聞くと、
少し離れた所からバスでそのスーパーにお買い物に来ていたのだとか・・
お母さんと一緒にたまにバスに乗って、そこのスーパーにお買い物に来ていて、そこのスーパーに愛着があって、亡くなっても、そのそばにいたんだとか・・
(*霊になっても、生前、愛着のあった場所にいて地縛霊になってしまうこともあるんですね・・)

あと、たえちゃんが、その場所に居続けるには、もう一つ理由があって・・

そこにいれば、またお母さんに会える!☆から・・。


-----------------------------------------------



・・というわけで、
相変わらず、あんまり怖くないエティースの真夏のおばけ話でした・・・!

(霊界通信が加わったのですが、霊界の境界は今までの境界よりちょっとだけ薄暗くなっただけで、霊界の神様や精霊さん達も真面目で非常におやさしいです・・☆!
今のところ怖い、とかそういうのは全くないんですが・・、
もしかしたら、これから「怖い」と思うことも起こるのかしら・・(怖;)?)



むかっ(怒り)お知らせむかっ(怒り)
ブログを別の場所に移したいので、移転作業に入ります・・!!
自動転送かけますんで、別の場所に自動遷移しますが、ついてきてください Follow me!!
(せっかくブックマークしていただいているようですが、また登録してくださるとうれしいです<(_ _)>)
あと、最近1週間ぐらい前に、本メインブログと並行して、FC2ブログのほうでも、新しいコンテンツ開きましたので、トップページのメニューに追加してリンク貼りしておきますので、ご興味あれば、そちらもお楽しみください(^_-)-☆




☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)

2019年:年初のごあいさつとスピさん達との初詣でのお参り体験談(神社やお寺の諸天様)

lotus4.jpg

いつもブログを応援してくださる皆さんへ:

本年もまたどうぞよろしくお願いします<(_ _)>
いつもランキングボタン押してくださる皆さんの今年が幸せにあふれ、よいお年でありますように!
(:パラレル・ワールドとスピさん達一同より)


 今回の記事は、年初のスピさんご一行、初詣レポートになります。(ちょっと盛りだくさんな内容なので、読むのに疲れるかもしれません・・)


今年のお参りは、2ヵ所、@いつもお参りしている身近な神社の神様 A 『末法思想と日蓮上人やキリストのご難を霊視(青少年のいじめの問題・(幼児や人間の)虐待やリンチ殺人・動物虐待などの社会問題と罰と末法思想A)』 の記事で書いた、日蓮(正)宗寺院(日蓮上人が大難に遭われた霊場:江の島の龍口寺)をお参りしました。


@エティースの生息地付近のとてもよい神様がおられる神社:

ここの神社は、パラレルの扉が開いて以来、前世子供二人と散歩しててたまたま遊びに訪れた際に、とてもおやさしくて子供達ともよく遊んでくださり、よくしてくださる神様がおられる神社なんですが(日枝神社)、そんなご縁もあって交流がずっとある神社の神様なんですが、いろんな所の神社をまわって魑魅魍魎などのあまりよくない精霊がいる神社も多い中、同調を重ねる中でごく最近になってよく分かってきたのですが、その神社の神様が単におやさしくて良い神様、というだけでなく、宣託内容の具体的さから、とても優れたすばらしい神様だということが分かったんです。
でね、今年もやはり、同居のスピさん達と一緒にまたそこで、恒例の ”おみくじ” をひくことにした。


現地に向かうまでに、その神様に、
(エティース):「今年の年初にまたそこでおみくじをひきたいから、(できれば)大吉を出してください。」
とお願いしてあったのです。

(神社の神様):「もう札がだんだん少なくなってくるから、早くきて。」


神社に着くと、神様が待っておられて、(札が少なくなってきてるから)ごあいさつもそぞろに、
まず初めにおみくじに飛び付きました。


(エティース):「日枝神社の神様、(いつも、子供たちをはじめ、同居のスピさん達に札を選んでもらっているのですが)、どれにしましょう・・??(焦)」

(神社の神様):「ん〜〜〜〜、そーねぇ、それの下・・、いやいやその一番上に出てるそれでいいや。」

(エティース):「えっ””、そんな(いいかげんに)単に一番真上に出ている札なんてっ。。 焦っ(´・ω・`;) もうちょっと慎重に全体を見回して吟味して選んだほうがいいのでは・・?(ハズレてしまうと困るので)いつもどおり、子供たちと家族スピさん達に選んでもらったほうがいいのでは・・?」

(神社の神様):「大〜〜〜丈夫。」

(エティース): (汗;)




ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜、 ははっ^o^  まさかの4年連続 4連勝 ___________ !
(ここの神社、大吉札しか置いてないんじゃ・・?) 
※注):同調によれば、そんなことはないそうです。※


P1050138.JPG
↑ クリックで拡大





今年の札メッセージは、
「ひそみ居し ふちの龍らも 時を得て 雲井に登る かげのめでたさ」
(訳はちょっと恥ずかしいので、解釈は上記写真の下のほうをご覧ください)



(※そういえば、過去記事 『今年(2018年)のスピさんみくじ! (おまけ:浮遊霊の話)
でアップした、3年分の大吉札の写真にまさかの大ミスがあって、後になって気が付き、この映りでは内容が分からないじゃない、ということで、写真を内容が確認できるものに修正し、アップし直しておきました<(_ _)>
エティースは、写真撮りが苦手でヘタでゴメンナサイ・・・)




A龍口寺(江の島)
『末法思想と日蓮上人やキリストのご難を霊視(青少年のいじめの問題・(幼児や人間の)虐待やリンチ殺人・動物虐待などの社会問題と罰と末法思想A)』 の記事で、仏界のほうと同調して以来、次のお正月は、もうぜぇーーーーったい龍口寺にお詣りしようねーー!!とはりきっていたので、決行しました___。


龍口寺は、歴史的名刹であるため、わりと大きなお寺ですので、ことに日蓮宗や日蓮正宗の信徒さんは、必ず訪れたい寺院なのでしょう、車で遠くから来ておられる方も多いようでした。


今回は、@初詣のお参りと A日蓮上人が御難に遭われた龍ノ口の刑場跡地でご供養の念を送る ことが目的で来ました。


境内を登って本堂に着くと、時間を合せたわけではないのですが、タイミングよくちょうど、新年の加持祈祷が始まる、とのことでした。
(おそらく、正月中は、日に数回行っているのだろうと思います。初めてふらりと来たので、予約が必要なのかよく分からなかったので、ちょっと距離を置いてその様子が見える外側から、本堂内のご神体に同調し、先にご神体に同調でご挨拶をしました。)


加持祈祷がはじまり・・、
同居の大家族スピさん達、一体一体の御霊をほんとうに心を込めて懇ろに本仏のご神体と同調しながら、一心に供養の祈りを捧げました。


加持祈祷が終わり、刑場跡でご供養の経の念を送ったあと、
寺院からの帰り道、
同居のスピさん達が皆、ほわ〜〜〜〜〜〜〜んとしちゃって、すごーーーーーーーく幸せだと言うの・・☆!
(中には、もうその寺院から帰りたくない〜〜、という動物霊さんまで出てきちゃって・・。)
「だぁって、すご〜〜〜〜〜く幸せだったんだ。 また来た〜〜〜〜〜〜い 黒ハート黒ハート黒ハート!」って。
(とにかくものすご〜〜〜〜〜く幸せだったらしいのですっ・・ わたしはスピさんじゃないから分かりませんが・・^o^?  つまり、たくさんの神様=諸天様達の采配があって、スピさん達ものすご〜〜〜〜〜く癒されたようなのですよね・・。)



P1030126.JPG
江の島:龍口寺





P1030130.JPG
江ノ電






〜後記:龍口寺のご神体のこと〜

霊視による本堂におわす本仏のご神体は、驚いたことに大黒天様でした・・!(驚・・!)
(・・というのはですね・・、
日蓮宗および日蓮正宗の信者の方は、とくに私の生家の祖母が信仰していた日蓮正宗では、親子代々、わりと家庭で ”宗教教育” めいたものが行われるはずなんですが、おそらくそのような宗派の家庭では、子供の時分から、ご本尊=ご神体のマンダラに向けて一心に経を唱えよ、と教えられるはずです、一神教みたいにね・・。だから何だか分からないけど(笑!)とにかくご本尊様、という一体に向けて経を唱える、みたいな認識だと思うんですよね・・。だから祀られている本尊のご神体がどういう神様かはふつうの人間はもちろん分からないわけだし・・
同じ日蓮系でも、日蓮宗と分派した日蓮正宗とがあるみたいだし・・。



でね・・・。
自分の中で、祀られているご神体について疑問があり、どうしても分からないから、同調してパラレルの神様や軍荼利明王様に聞いてみたら・・・☆



つ、つまりだね・・、うちの祖母が信仰していたのは、日蓮正宗、という、「正」というのが入るほうだったのだけど、その本山(つまり日蓮正宗のメッカの地)というのが、富士の大石寺、という寺院なんです。


(エティース):「じゃあ、その日蓮正宗のほうの、富士の大石寺のご神体はナニ、というか祀られている神様も大黒天様なのですか・・?」
(軍荼利明王様とパラレルの答え):(瞑想で)富士大石寺のご本尊の映像がっ・・・

<<骸骨に法師の装束をさせた映像・・>>
 
怖っ・・・!
(注:大石寺は、私も行ったことありますが、現実に祀られているのは、もちろん骸骨なんかではなく、普通の文字マンダラであります・・)




つ、つまりですね・・
日蓮正宗という宗派のご神体というのは、日蓮上人そのものを祀っているのだとか・・
(※注:日蓮上人は、確かに Saint=聖人であり修行者、ではありますが、人間です・・・! 神様ではありません)




うーーーーーーーーん・・・  そういうことか・・



それでね、家に帰ってきて、もう一度、調べ直したら、
江の島の龍口寺は、”日蓮宗” のお寺だったのでした ____ 。
(江の島の龍口寺は、日蓮上人のご法難の歴史的霊場だからして、わたしが勝手に自分の生家で祖母が信仰していた ”日蓮正宗” の寺院だと勝手に思い込んでごっちゃになっていたのでした。)



納得__________。

パラレルの瞑想・同調は、正しかったという訳ですね・・。





境内に入って、本堂まで行く途中、(キツネの)眷属さんがいたり・・、

あまり見慣れない神様が・・、
「持・・ ・・  天」とメッセージを漢字で送ってくださる。
まだ神道系の知識があまりない私は、
「じ・・ざい・・天・・様・・?」と尋ねたら、
”持国天様” だった・・・!


龍口寺というのは、日蓮宗で、虚空菩薩さまの霊験あらたかな教義ではあるんですが、
この寺院は、諸天様や眷属達が守護しおわす場所だということなんですね。




P1030134.JPG
日蓮上人のご難に遭われた地を偲んで:江の島




本年も、どうぞエティースの心霊ブログをよろしくお願いいたします<(_ _)>(パラレル・ワールド一同)



☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)

夢の不思議A『クリスマスと夢のお話』

lotus2.jpg


(※この記事は、

『夢の不思議@:母親の夢に私の前世霊が現れたびっくり不思議話』

からの続きです。)



でね、前回書いた、前世霊(※前世の夫亡き後の愛人の霊)が私の母親の夢に現れた不思議話の後(その不思議話は、秋頃であったと記憶しています)、その続きで、その年のクリスマスに、

「じゃ、じゃあ、わたしが普段視ている前世子供零やかわいらしい大家族スピさん達をおばあちゃん(=私の母のこと)の夢の中に全員登場させられないかな??」
と、軍荼利明王様にクリスマスのお願いで頼んでおいたんです・・・


でね、電話で母に、
「一応、神様(軍荼利明王様)のほうに、クリスマスの夢リクエストをお願いしてみた」
と伝えておいたんです・・。


母のほうは、私の似顔絵によりなんとなくこんな感じかな、と分かっているみんなの姿を夢で拝めるよう、
ものすごく楽しみにして、
自分の寝室に、
クリスマス・ケーキやら軽食やらシャンパン、お菓子、スピさん達へのメッセージ(?)などを、机の上に並べてクリスマスの夜、寝たんだとか・・(← まるで、クリスマス・プレゼントを楽しみにする子供ですよね^o^)



で、24日・25日、と続き、その結果はどうだったのかというと  ・・・・・・・ ☆




なんと、ダメだったみたい ・・・ (ザーンネン・・ ガッカリ・・  (ノД`)・゜・。)



(後で、軍荼利明王様に聞いたら、
母は、普段、いつも睡眠がとても浅く、母の睡眠リズムのタイミングの関係で、その時は、夢の中に霊体を登場させるのが難しかったのだとか・・  驚;!)



クリスマスにまつわる楽しいお話でした ・・・ !



皆さん、すてきなクリスマスをお過ごしください!☆




☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)

『こんなママだったらいらない!!』(*_*;) 〜お盆とサイト移転と〜


lotus2.jpg


こんにちは、今年の夏は記録的な猛暑で(”災害的”とも言われてますよね・・)、
こんな気候で体がおかしくならないほうがおかしい・・。
みなさん、どうぞ熱中症にお気をつけください・・!

7、8月といえば、お盆ですよね。
(首都圏では、7月。 地方の田舎では8月。
いっそのこと全国統一で、同じ月だったらいいのに・・。
情緒的に思えば、地方出身者で首都圏在住、などの方は、2度お盆が楽しめます・・。)

わたしにとっては、今年は、お姑さんが亡くなった年でもあり、”新盆” にあたります。
お墓参りといえば、お母さんが亡くなるまでは、トラノキアス(←注:夫のこと。前世名になります)のお父さんのお墓参りには、相当の苦労がありました(義父はだいぶ以前にお亡くなりになっています)。
苦労、というのは、つまり、私の場合は、普通楽しいイベントであるはずのお墓参りが、あちらの世界の扉が開いているため、ちょっとやっかいなことがあったのです・・。

つまり、お盆やお彼岸のお参りに、お墓に行くと、おじいちゃん(=トラノキアスの父。つまり私の義父)がいて(もちろん他に、そこの墓地に通じる境界を管轄する神様?精霊さん?がいらして、他にもたくさんその墓地に縁する不特定たくさんの霊体もいるのですが・・)、お墓参りに行った時に、私の前世子供が後ろから付いてきちゃったことがあって、義父からすると、最初、「あのコたちは、一体なんだろう・・??」という感じでいぶかしがっていて、もともと技術系で辻褄の合わないことは地道に考えるタイプらしかったおじいちゃんは、それ以来、毎回お墓参りが終わると、物陰に隠れて、「ささっ」っと ”忍者” のごとく、「○○(←自分の妻、つまりトラノキアスの母)はどうしているかな・・?」というのもあって、私の後を付けてきて離れない・・(;´∀`)
追及型のおじいちゃんの尾行に毎回遭い、家まで付いてきて、お義母さんやトラノキアスの様子を見て回ったり、ちょっと大変だったのです・・。


(『亡くなったお姑さんと、今だに交信する私・・』というタイトル記事で今度そのいきさつを書こうかなと思うんですが)、お義母さんが亡くなって和解した件以来、つまり、いろんなこと(※前世子供やほかの大家族スピさんと同居していることなどなど・・)は明るみになったものの、亡くなってからも穏やかに交流できる間柄になれて、意外なことでしたが、本当によかった・・。

毎回のお墓参りの、”追跡” がなくなって、同居のスピさん達と皆で正々堂々とお参りできるようになれたのも、実に以外なことでしたが、非常によかったです。


_______________________________________

現在、このブログは、さくらのブログを使用しており、さくらブログは、https化に対応していなく、
最近の状況にさくらブログのサービス(ブログ仕様)がまったく追いついていません。
だからブログの移転を考えていて、あーだ、こーだ、と選択肢をいろいろ考えていては、前世子供やほかの大家族スピさんとの交流が ”「おざなり」” になり、わたしももちろんなんですが、スピさん達もつらい時期を送っていました・・

そして、ある日、ついにキレて、ウェスちゃん(←前世子供。もじゃもじゃパーマの子。)が、
「こんなママだったらいらない!!」(*_*;)

 って・・(悲)。

わたしは、現実には子供はおりませんが、子供にこういうこと言われるとほんとうに心に突き刺さる・・。

・・・・そんなことがありました。
(かわいそーに、放置されていてブチギレてしまったのですね・・。 やっぱり、フツーに ”(ゆっくりと子供に目線を合わせながら一緒に何かをやったり接してくれるような)やさしそうなお母さん” イメージがあるのでしょう・・。 お母さん経験もまだまだ失格です・・)


最近更新が滞っていたのは、ブログ移転のことを考えていたこともあり、まだまだアップしていきたい記事もありますので、いろいろ考え中です。
というわけで、もうちょっと先になるかもしれませんが、ある日、このブログもお引越しで、自動で新サイトに飛ばす設定をしていきますので、
その時がきたらそうなりますが、へんなところには飛ばしませんのでご安心くださいね。


_______________________________________



また、今年は、自然災害(広島)もあり、テレビで拝見しましたが、斎藤工さん、嵐の二宮和也さん&まつじゅんさん(松本潤さん)らが、自ら被災地にお手伝いに行かれたり、多額の寄付金をしていたのがとてもすばらしく、印象的でした。
斎藤工さんは、北海道出身でしたよね、旅行好きなトラノキアスと一緒に昔日本全国を旅してまわった際に立ち寄った北海道で、まだテレビに出る前の斎藤さんを偶然お見かけしたことがありました(デパートのイベント会場で)。
私はアンチミーハーな人なんで、あんまり気がつかなかったんですが、エンタメ好きの主人はイチ早く注目して、「女の子たちがキャーキャー騒いでる・・。きっと地元で人気のある子なんだな・・・」と。
その後1〜2年後にテレビに出だしてまたたくまにドラマにひっぱりだこの若手人気俳優になった・・。
今回斎藤さんは、オフ日にこっそり広島にボランティア参加されたそうなんですが、パラレル・ワールドによれば、斎藤さんの意識の中には、「自分は、芸能の世界にいる人間ではあるけれど、こうやって普通に人の中に入っていけないとダメ」という意識があるのだとか・・。
華やかな世界に生きていても、こういう意識があって実行できるのはすばらしいことですよね。


まだまだ、暑い日が続きますが、体調に気をつけてくださいねーー。



「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/(エティースとスピ一同)」

「ぎゃっ!!」マナ板の悲鳴(植物霊やキッコリちゃん、自然の中の霊やスピリットのお話)

lotus2.jpg


こんにちは。

今日は、自然の中の霊(スピリット)のお話をします。
わたしが最初にパラレルの世界と同調するようになって、亡くなった人はもとよりパラレル・ワールド(いわゆる死後の世界)の中の霊(スピリット)とやり取りとする中で、「あれっ?!」と思ったのが、植物スピさん?(正確に言うと ”「スピさん」” じゃなくて、現世に生きているからね・・、生き霊? 人間の想念もある意味 ”生霊(生き霊)” ですから、つまり、現世に生きているもののエネルギー体)とのコミニュケのお話です。

つまり、自然の中の、植物にもエネルギー(想念)があるってこと。
それは、あることがきっかけで、そういうモノがあるんだというのが、分かったことがありました。
(・・といっても、この植物霊のお話は、だいぶ以前の話になりますが、書いてみますね。)


エティースは、家庭の主婦さんでもありますんで、日々お料理を作ったりするんですが・・、


「ぎゃっっ!! /」


あるとき、そのように聞こえました・・
(もちろん ”同調で”。 ※人間の耳で聞こえているいわゆる ”物理音” ではありません。)


「・・??・・、何なん? 今の・・??? 」


うちは、主人が料理がとても上手で、趣味で調理器具などにもとてもこだわりがあって、自前の調理器具もいろいろ持っているんです。


で、その中の一つのお道具が、・・・・木のマナ板・・・。


私が調理をしたナベを何気に、そのマナ板の上に置いたから・・なんです・・。



マジ慌てました。「痛かったかな・・?」「熱かっただろうか・・?」(オロオロ・・)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(※というのは、主人は、マナ板は他にもいろいろ持っているので、その木のマナ板は、鍋敷き替わりに使っているのです。)

_____________________________________

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それ以来、私は、その木のマナ板の上に、調理を終えた鍋やフライパンを置くことが一切できなくなってしまいました。
(「何なん?、このオバさん、木のマナ板を前にオロオロ(笑)したり、調理器具をその上に置けなくなる、なんて、頭おかしいんじゃないの・・?!」、で終わってしまうかもしれませんが・・ 実際、主人は理系男子で心霊の世界には理解がないほうなんで、私の霊体験のお話は話しておりません・・。
でも、「何で、木のマナ板(鍋敷き代わり)があるのに、その上に調理器具を置かないんだろう・・??」、と不思議に思ってるかもしれません(笑・・!))



で、何でこの記事を書いたかっていうと、つまり、木や植物、木造住宅などに住んでいる方もけっこういるのかと思いますが、人間の勝手で(つまり人間の勝手で自分たちの生活を豊かにしたり便利にしたりするため)、伐採された材木・木材、そういうモノにもエネルギー体が宿っているんだということ。
もちろん、人間や動物に性格やキャラクターがあるように、エネルギー体の性質は一様ではなく、皆それぞれ、異なった性格?を持っています。


その、木のマナ板さんの件があってから、家まわりの木材を見回してみると、実にいろんなエネルギー体がいるのが分かるようになり、すっかり家まわりの植物スピさん達とも仲良しになってしまいました。
家に、輸入材の板材があるのですが、原材料の木が若木だったのか、かわいらしい木のスピさんがちょこんといらっしゃる・・。
私は、その若木の木のスピさんを、”キッコリちゃん” と呼んで、同居のスピさん達とかわいがっています。


そういうエネルギー体とコミニュケしていると、自然のモノに手を加えられなくなります・・。
(だから私は、庭の雑草も、ご近所に支障ない程度に、
まんまにしている変わったヤツなのかもしれません・・ 汗;)

木や自然の植物は、そのまま、その生を大事にしてあげるのが、一番。



科学実験的にやったので有名なものに、
お花に日々話しかけたり、よい音楽(=落ち着くような音楽)を聞かせてみたところ、
植物の生育が良くなった・・、そんなのありましたよね・・。 まあパラレル的にも、一理あります。


先日も、テレビを見ていたら、おもしろい事を言っていて、
「お花は、世の女性達を喜ばせたり楽しませるために、色とりどりの美しい花を咲かせているわけではなくて、ひとえに虫を惹き付けて、花粉をたくさん付けて運んでもらって種を保存するため、きれいな色の花をつけるのだということ。」
(”生物学的理由” からすればそのように定義付けされてますけど、つまり、というよりは、「”その生物がそこにいる理由” のために、花を付ける」、ということじゃないですかね・・。)


だから、そういう自然の木や植物を大事に、不要だったり過剰な伐採をしないような生活や社会、つまり、エネルギー体に不要な殺生をしたり痛めつけたりしない、ということが(パラレル的に)大事なことなんです。


で、その木のマナ板さんの ”「ぎゃっっ!! /」” というのが、すご〜く気になったので、聞いてみると、
「熱い」とか「痛い」とかいうよりも、
「(とても)苦しい」 んだとか・・・。

(植物の感覚器官は、人間と違いますから。 ・・でも、そういう感じなんだとか・・)


パラレル・ワールドの教えを聞いて、動植物を大事にしてくれる人が一人でも多くなってくれればいいな〜、と思います。
(ちなみに、石や鉱物にもエネルギー体はあります。 石や鉱物のエネルギー体のお話は、また次回にしますね。)


人間にとっては、「なんだ そんなの、植物や木なんて・・」と、分からないかもしれませんが、だか
らこそ(パラレル・死後の世界と同調する)私がお伝えします。


「それって どーいう お話なん?」亡くなった水子息子霊(ウェス)ちゃんのせがみ

lotus2.jpg


 今年のお正月を境に、霊界の扉が開いて以来、スピさん達と外出する度に、よその霊体(未成仏霊など)や宇宙空間のギャング・スピの襲来(←たまに神様の意図があってのものである場合もあります。※つまり、何かを教えようとしている時もある、ということ)などもあり、以前のように、ただただ幸せで楽しいだけの時期というのから移行はしましたが、それでも各境界の神様達と大家族スピさんとの絆と友愛を大事にしております。

折に触れ、スピさん達と記念日をお祝いしたり、子供スピさんやかわいい動物スピさんの記念日のために、子供が喜びそうな動画を探して一緒に鑑賞したり、イメージに合いそうな音楽を一緒に探してみたり・・・。
そのようなやさしさ溢れる時間がとても幸せで、かけがえのない時間であります。
(子供向けの童話やお話を探したり・・なんて、以前の私では到底考えられないくらい、まるで子育て中のお母さんのごとく、まったく180℃生活が変わったわたし・・。
それまでは、そういうのまったく興味なかったし・・。)

ディズニーの童話の映画化作品は、とても独特で華やかなので、かわいい人の記念日のイメージにぴったりで、いろんな作品があって、全作品見てみたいですが、
”ブランド” 作品なんで、当然無料では転がってないか・・。
音楽は上がってますけどね・・、(だいぶ昔の作品ですが)a whole new world なんて、歌(歌唱力)もすばらしいですしね・・。

人魚姫もあるね〜、悲しいお話なんだよ・・、とか言いながら・・、

(私)「ママちゃん、アラジンなんて見てみたいな・・。」って、わたしが言ったら、
(ウェス):「それって どーいう お話なん?」 

(※ウェスは、私の前世子供であり、私が今世で堕胎した水子霊です。プロフ画像向かって左の巻き毛の男の子。)



???・・?、はたして私、『アラジンと魔法のランプ』の話って覚えてたっけ・・?、やっぱり、あんまり覚えてない・・。
(さすがに、’ランプをこすると、魔神が出てきて、願いを叶えてくれる’、ということ「だけ」は覚えてますが・・笑)
子供の頃、読んでもらったりしたであろう童話のお話なんですが、大人になると意外に覚えてないもんです・・^^;



.. で、結局、『アラジンと魔法のランプ』のおはなし動画を、子供時代以来、もう何十年かぶりに観ましたが、大人が見ると、子供向けの童話ってけっこういいものですよ・・
こどもの頃は、ワケが分からず見るものですが、大人になって観てみると、子供の頃とは感想が違います・・。


_______________________________________________



(わたしは、ブログ記事を、その都度書いて投稿するのは面倒なので、溜め書きして投稿しているのですが、
↑ 上記までの記事を書いて(まだ投稿しないで)数日経って皆でいつものように外出したら、街の文化コーナーに、な、な、なんと、古代遺跡出土のランプの展示会のパンフを発見________________!!  しかもまだ間に合う____________☆!)



(わたし)「(昔からドンピシャなあり得ない偶然が多いヒトだけど)これって、ただの偶然なのかな・・?!」
(ウェス)「(みんなで)行けってことじゃない??」
(わたし)うーーーーーーん。。



(わたし)「この後日談をブログに書くべきか・・・??」
(ようくん)「’(書いて)みんなに見てもらったら・・’ ってことじゃない??」
  (↑ ”ようくん” とは、病気で子供の頃に両親に先立って亡くなったスピさんです。詳しくは 『ようくん、みなちゃんのことや心霊ブログ運営のこと』 の記事をご覧ください)



最近あった我が家のランプのお話でした。




今年(2018年)のスピさんみくじ! (おまけ:浮遊霊の話)


lotus2.jpg


「あけましておめでとうございます!」


前世 霊 心霊 ブログ


 今年の2月になれば、パラレルの扉が開き・スピさん達との生活がまる4年になろうとしています。
今年の1月1日を含め、これまでにスピさん達と3回、お正月の初詣をしたのですが、
実は、第1回目、第2回目の初詣時のおみくじが、(@スピさん全員でひいてもらったおととしのと、A前世息子ウェス&ラオにひいてもらった去年のが)なんと2年連続で「大吉」(それだけでも、くじ運が悪い私には信じられん・・(・・;?) だったんですが・・
今年初詣する際も、「去年とおととし、スピさん達に引いてもらって2年連続大吉だったけど、まー、さすがに3年連続はムリだよね・・バッド(下向き矢印)」・・と思っていたら・・



・・なんとまた「大吉」っっ!・・
(ここの神社は「大吉」しか札が入ってないんでしょうかぁ?!)

※↑ここの神社の神様(精霊様)は、前世子供達ともよく遊んでくれやさしくて大好きです。

--------------------------------------------------

それまで(スピさんワールドに会うまで)は、おみくじをひいたことは数回あったものの、
私は生まれてこの方、おみくじだけではなく、ありとあらゆる「くじ運」というものがものすごく悪くて、おみくじは、「小吉」とか「末吉」みたいのしか出たことなかった人なんですぅ・・(江の島神社やその他の神社など・・)

くじ運というものは、とてもいい人はいいみたいで、当たる人は大きいもの〜小さいものまで、なぜかよく当たるみたいなのですよね。
(私のは典型的なくじ運悪い人の例。だから「大吉」は、おそらくパラレル・ワールドのおはからいでしょう・・)



前世 霊 心霊 ブログ **クリックで拡大**「薬の処方箋っぽい? こんなふうにみくじを引いた年度と誰が引いたのかをメモしています」

↓↓↓
<修正>:

*だいぶ後になって気がついたのですが、上の写真では肝心の内容が確認できないですよねっっ、申し訳ありません、内容が確認できるものにアップし直しました。


P9220116.JPG





--------------------------------------------------


で、お正月に、スピさん達とお出かけした際に、なんだか浮遊霊(人霊数体&ネコの霊数匹)が、電車からとお店で買い物をしている時、道を歩いている時・・などなど、パラレルの神様いわく、なんだか今回はと〜ってもたくさん付いてきてしまったんだとか・・??


(これまで大家族のいつものメンバーでお出かけして、よその霊が付いて来ることはなかったんですが、いったいど〜しちゃったんだろう・・?)
電車の線路で飛び降り自殺した人(怖っ!)だったり、昔の人の霊だったり、動物だったり、幽界の霊だけでなく、霊界の霊も付いてきちゃった・・!


いやはや、こんなの初めてなんで、神様達にお助けいただき、引き剥がすのに一苦労しました。
なんか、わたしの胸のところに数体「ぎゅ〜〜」っとしがみついて離れないんです(いや怖い・・)。
で、なんかすごい執念で私の胸部数か所に根(?)を貼り、手が熊手みたいに長〜く伸びて、最後までしがみついている白髪の長髪の老人(?)がいて、なんでもそれは、大昔(安土桃山時代)のケチな村役人の霊だと言うんです・・(;汗)


パラレルの情報によると、やはり、霊は、やさしい人に憑いてしまうんだとか・・。
(・・ということは、私はパラレルの世界やスピさんとの出会いでやさしくなったのか・・?)
いやいや〜、いつもは幸せ一杯な世界なのが、年明けにとんでもないのが来ちゃった・・(笑)


・・で、神様と一緒に浮遊霊の「残骸」を片付けてたら、見たことのない外人のおじさんが登場・・。
「霊の残骸はそうやって片付けるのが一番・・」
(誰・・・?)
ドイツ人なのだという。
「ビスマルクという・・」
「・・は・・??・・」(ビスマルク・・?? なんか聞いたことあるような・・、でも・・??)
「・・あれ、知らない・・?(汗;)  著名な政治家なんだけど・・」
(あっ、なんか首相とかでそんな名のヒトいたかも・・ビスマルク・・ドイツ人と言うけど、確かにドイツ人ぽい名だ・・)
「伊藤博文とは友達・・」
(って・・、ほんとだろうか・・?)
「!プロイセンの生き恥を知れ〜〜〜♪」(突然大きな声で節を回した〜)
「・・??? な・なんか、私に対して怒ってるんでしょうか・・?!」
「(全然)そうじゃない、歌だよ、明るくて楽しい歌だ。」
「・・・・・・・・・・・。」


  *スイマセン、エティースは、自分の専門分野とか好きなこと以外あまり一般常識ないんで・・(-_-;)


ーーー いつもどおり、調べます −−−−
@「ビスマルク」で検索すると、Bismarck (1815-1898) で、
A「ビスマルク、伊藤博文」で検索すると、伊藤博文(1841―1909)
で、生年期間は一致しますね。 
複数のサイトを参考にすると、[政治的に]会ったこと=親交? はあったみたい・・
(「友達」っていったって、実は、時代年代が一致するのかドキドキでした・・)
ーーー いつもどおり、調べます −−−−


んーーーっと、なんかほんとらしい・・。
(さすがに、歌については、ドイツ人かもしくはドイツ文学やドイツ語をやっているような人でなければ分からないでしょう・・。 一応わたしなりに調べましたが、モチロン分かりません・・。 あるんだろうか・・、そんな歌が・・。)





いやーー、それにしてもこんなん初めてだよ〜〜、霊に憑依されたなんて・・
数か月前、去年、私はまだ霊界の ”憑依” 体験がない、ということで、修行の一環で、神様に憑依体験をさせてもらったことがありましたが(それはまた別記事で、ご紹介します)、実物は初めてでした・・。


しかも最後のほうは、突如、故ドイツのビスマルク首相が現れたり・・  ん〜〜〜と、一体なんだったんだろう・・? なんだかめちゃくちゃ・・☆☆?!

で、その後のビスマルクさんとの会話の続き・・
私:「・・私、なんだか後頭部が薄くなってきたようで・・(↑あんまりめちゃくちゃなコトが続くんで、それにひっかけてストレス的な意味で・・)」
ビスマルク氏:「私もハゲには、カミツレを付けていたよ。」
(へ?! カミツレ・・・?)

ーーー↓ また、調べます ↓−−−−
”「カミツレ」” って、何やらよく化粧水なんかに使われているアレですよね・・?
カミツレって、カモミールのことなんだそうな・・
https://以下ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB
をお読みください・・
英名:ジャーマン・カモミール(German chamomile)、「”ジャーマン(ドイツ)” ですよ(恐!)」
ーーー↑ また、調べます ↑−−−−



年明けからわけが分からない展開、、で、なんで突如ビスマルクさんなのか(??)、全く意味不明で、
いかにも私のバカぶりが加速しているみたいですが、・・・、


(こういう、人が聞いて、いかにも「うそだ〜」と思われてしまうような「整合性のないところ」が、スピワールドをいかにもうさんくさく感じさせてしまうのでは・・? でもそれが、あなたの死後の世界だとしたら・・?)

あ〜〜、でも、やーっと、いつもの平和な明るい大家族スピさん宅に戻りました!

でも、なんだか、別の結界(霊界)が開けた・・?ような気配が・・
(なんだかとてもイヤな予感がするのです・・)


プライスレスな贈り物 - クリスマス・東方の三賢人 -

lotus2.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ『東方三博士の礼拝』


 街のイルミネーションが美しくまたたき、心あたたかく感じるクリスマスが今年もやってきました。
毎年、クリスマス・シーズンは、スピさんと私にとって、心躍る1年で一番楽しい時期にあたります。

クリスマスといえば、プレゼント・・☆!
(今日は、プレゼントとか物について書いてみようと思います。)



 今はいろんなモノがあふれ、便利な世の中ですよね。
(プレゼントとはちょっと違うのですが、例えば、次のようなとき・・)

(私)「〇〇で困ってるんだよ、何かいいモノないかなぁ〜?(アイデア商品みたいの)」
(スピさんたち)「〇〇なんて、いいんじゃない?!」
(私)「おっっ、あったまいいね、スピさん! でもそんなの(あるって)聞いた事ないよっ。」

〜〜〜〜〜〜 で、ネット検索をする 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(私)「ホントだ、ほんとにあったね(驚!) へぇ〜、今って、いろんな物があるんだねぇぇ。」
(スピさんたち)「・・てか、揃わない物はない・・。」(← ※私も、毎回伝わる言葉に・・?(それはその言葉・表現に?、とか流行語みたいなのはなぜ? など毎回いろいろなギモンなのですが)、スピさん(霊)の言葉がどうやって私に伝わるのかというと、想念で伝わっています。
あるいは、その伝わった想念が私言葉に翻訳されるのか・・は不明ですが、とにかく想念で伝わります。)


(こんなにモノがあふれ、しかもモノの値段が恐ろしく安く・・、100円ショップなどでもほとんどのモノが揃う世の中ですが・・)


 ☆ 皆さんは、何か思い出のある物だとか、思い入れのある物ってお持ちですか?


わたしは、祖母がまだ生きているとき、毎年お誕生日のプレゼントを何かしら考えてプレゼントをしたものですが、祖母が高齢になり、残りの人生が少なくなってきた時期に、それが ”私への形見” となるような品をプレゼントしたことがあります・・。


・・ 翡翠の指輪.. なんですが、
予想どおり、祖母が亡くなってから、私の愛用品、となりました。
そして、今では、しばしば私が祖母の思い出と共に、その品を使用しております。


後は、例えば、スピさんと行った思い出の場所.. に関する思い出の品。。 などが大事な大事な宝物となっています。

(以前、スピさんに生涯忘れることのできないある ”モノ” をプレゼントしてもらったのですが、誰の目にもそれはモチロン全く見えませんが、私には瞑想でそれはしっかり視えていて、それは、古代ギリシャに関する ある ”モノ” なんですが、もらった経緯が恥ずかしいので、それが何かはナイショにしておきます・・ )


モノの値段はまったく関係なく、そのモノを見ればその人を思い出すような、
そんな品が最高の宝物・・、なのかもしれません・・。


(※それより何より、私にとって最大の贈り物が、中高年以降に開いたパラレルの世界、神様や精霊様達、大家族スピさん達・・の存在に他なりません・・☆ み〜んなが、最高の ”ギフト” ☆)


みなさんは、O・ヘンリの物語をご存じでしょうか・・。
O・ヘンリって、有名な短編のとても印象的なストーリーを書く作家さんですよね・・。
(O・ヘンリは、短編の名手でたくさんの良い話を残した短編小説家ですよね。)
O・ヘンリの作品に、『賢者の贈り物』という話があるのですが、
クリスマス(キリスト教=東方の三賢人)を題材にした、贈り物の行き違い、を描いた、ほろっとする良い話ですよね・・
キーアイテムは、「鼈甲の櫛」と「懐中時計」・・。(まだ読んだことのない人は、クリスマス時期ですし、よかったら、読んでみたらいいかもしれません・・)


 このストーリーのベーステーマである、キリスト教・新約聖書の、『東方の三賢人』の、エピソードに興味を引かれました。
(私は、仏教徒として人生を送ってきたこともあり、キリスト教とか聖書のお話は全く知らないのですが、
天上界と同調するため、キリスト様のお姿=しばしば御講をしておられる御姿、をよく拝見します・・。)
『東方の三賢人』は、キリスト生誕時に、東方からやってきて、当時、ユダヤを治めていたヘロデ王に、「ユダヤ人の王としてお生まれになったかた」について尋ね、キリストを探し出し、
乳香、没薬、黄金を贈り物として捧げた賢人(占星術師)たち、のエピソードで、ヘロデ大王は幼子を見つけたら、自分に居所を知らせるようにと彼らに頼むが、彼らは夢のお告げを聞いて(幼子=救世主イエス・キリストを救うため)ヘロデ大王のもとを避けて帰った、というお話になります。
(メシア(救世主)の存在を恐れたヘロデ大王は、2歳以下の幼児を虐殺したのだが、イエス様ご一家は他の地に逃れ、難を逃れたのだとか・・・・)

(参考:以下、ウィキペティアより
「東方の三賢人」- https://に続けて、ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%8D%9A%E5%A3%AB
「ヘロデ大王」- https://に続けて、ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AD%E3%83%87%E5%A4%A7%E7%8E%8B)


毎年、12月24日〜25日まで、本来仏教徒の多い日本でも、クリスマスを祝うことが ”イベント” の一つとして定着しましたよね。
でも、本来は、キリスト様の降誕(生誕)をお祝いする行事なんですよね・・


キリスト様の生涯については、多くの受難に遭われました。
私の生まれた生家の宗教では、その宗教以外のすべてを、”邪宗教” とする教えを説いていたため、
そんなこともあって、子供の頃からどちらかというと、なるべくキリスト教や聖書の世界を避けて、年齢を重ねてきました。
でも、パラレルの扉が開き、キリスト教の大元である天上界(宗教のキリスト教とは別ですよ〜)との通信を通じて、それまでの考えが根底からひっくり返ってしまい、聖書はまだ全く読んだことはありませんが、
イエス・キリスト様を身近に感じられる同調生活を送っているため、
本来、お祝いの意味であるクリスマスを、キリスト様の生涯を思えば、”お祝い” というよりも、”哀悼” の意を禁じえません・・。

そのようなキリスト様が受けた受難などについても、天上界との通信を介して、また機会ありましたら、折に触れ、ブログに綴っていきたいと思います。


ブログの読者さんへ
メリー☆クリスマス  スピさん達一同より  ・・・☆☆



スピさん(霊)達と一緒にマンガを読む ○(^-^)○


lotus2.jpg



 スピさん(霊)達とのおたのしみの一つに、 ”マンガ” があります。

スピさん(霊)達がうちに来てから、できるだけ一緒にたのしく過ごしたいね、と、いろいろと何を一緒にしたら楽しいか、ずいぶんと話し合い(笑!)をしました。


人間とスピさん(霊)とでは、楽しいと思うことが違うのでは?、とか、私(人間)が楽しいと思うことが、果たして、スピさん(霊)が楽しいと思うのか?! などなど、いろいろ話し合った結果、皆で一番共通に盛り上がれて、楽しめたのが、・・マンガっ!・・でした。
(ご縁があって同居している象さん一家 ※象さん一家については、また別記事でご紹介したいと思います。※がいるのですが、象さん達がマンガが特に大好きで、毎回とても楽しみにしているようです。 スピ(霊)になると、1個のただの魂同志なので、動物も人間も皆一緒なんですよ。)


で、スピさん(霊)達が来てから、さっそく Yahoo コミックの読み放題! に入ったんですが、しばらくず〜〜っっと、いろんなマンガが読めて本当に楽しめたのですが、それが、なんと、2017年10月一杯で「読み放題」プランが終わってしまうのだとか・・(茫〜然っ・・がぁっかり・・。・゚゚・(T-T)・゚゚・。 大ショック・・。。 あくまで「読み放題」プランだけが終了で、yahoo コミックの販売プランはなくならないそうです。 あ、でも、別会社サービスがあるようなのですよね、 次どこにしよっっと。)


コミックの読み放題プラン、というのは、「制限があって、読みたいマンガが読めないことがある」だとか、「版権が切れた古いマンガばかりで、新しいマンガが読めない」など、噂を聞いていたのですが、ところがところが・・、1970年代生まれの私にとっては、(あんまり古すぎるマンガは絵の感じとかどうか・・というのがあるのですが・・)やや古目のマンガのしっかりとしたストーリー構成、しっかり目のきれい目な絵柄、など、やや古目の作者さんのほうが懐かしく、十分に堪能できるものでした。ストーリー展開の読み応え、からいうと古目のマンガのほうが内容が濃いものが多いですよね。
歴史漫画や、スピさん(霊)なだけに霊マンガ(!)など、一緒にたくさん読みまくっています!
(こんな中高年のいい年のおばさんが、無分別に(笑) マンガ読みまくって、さすがにボケが加速しないか、そっちのほうが心配です    \(゜o゜)/呆け)


ほんと中高年以降になると、そういうことが心配なんですよ、脳トレでもやろっかなーー ((-_-)/~~~ピシー!ピシー!  なんかまた勉強らしきもの?したほうがいいのかしら・・、とか。)

脳だけでなくて、そういう年以降になってくると、体も衰えてくるから、だからスピさん(霊)たちに、
「スピさん達は、(実体なくて)いいね〜〜〜〜 」
って、いつも ”実感” 込めて言ってるんですよ(笑: 第一、病気にならなくていいし)。

肉体があるのは、ほんと大変だ(+_+)

(注)※このブログは、まじめに堅いテーマ&文章で綴るときもありますが、このように私のバカっ話、アホな語り口調でポストすることも多々あります。 スピさん(霊)達と読んで面白かったマンガなどもこれからたまにご紹介しますね。


お盆によせて(亡くなったおじいちゃんの霊の話)

lotus4.jpg

パラレルの扉が開いて、わたしがスピさん(霊)達と通信するようになって、私以外で一番喜んでいるのが私の母親です。
(当たり前ですが、このようにスピさん達と交流している・・なんてことは、ふつうは人には【絶対】に話すことはできません。いよいよ頭がおかしくなった、と思われるのがオチですから・・。それが世間というものです。

ですから、これを知っているのは、私の母親だけになります。..厳密に言うと、ブログの読者さんもね)


母親が喜んでいる、というのは何を言うのかというと、もうすでに亡くなってはおりますが、母の両親の霊が今現在どうしているかを私を通して知り、コミュニケーションできるようになったから。
なんだかとても幸せそうです。


わたしのおじいちゃん(母の父親)というのは、戦没者です。
おじいちゃんが亡くなったのは、母親が5歳の時。
日本でなく、外国(中国=当時の満州)で戦没したのですが、亡くなった当時、戦時中、捕虜になり、拘留生活中に落盤(らくばん)事故で亡くなったと通知が来た、とのことでした。

パラレルの扉が開いてから、おじいちゃんとも同調することができ、亡くなった当時のことをいろいろ聞いたりしているうちに、思いもよらない死の真相を知ることになりました。
「落盤(らくばん)事故で亡くなったのではない。」
・・・・・・・・・・・・・・・??????


わたしはさっそく母に電話で、「あのさぁ、なんか、おじいちゃん、落盤(らくばん)事故で亡くなったんじゃないみたいなのね・・、で、当時のことちょっと聞かせてくれる?」
亡くなる日の朝、(捕虜だから何らかの作業に従事させられていたようで)、家を出る日の朝、私の母のきんちゃく袋を持って、「ここに、アメをたくさん入れて持ってこようね。」と言って出かけたそうです。
帰って来たのは、遺体になってからでした・・。
(母)「わたしは、その時、まだ5才だったのだけど、おじいちゃんの頭から、あっ、穴が開いて血が出てる・・って血を拭いてあげたの・・。」
(私)「ふーん・・・。」


== ↓で、さっそく同調による追跡(追求)です↓ ==
「ねぇ、おじいちゃん、昔の兵隊さんって、特攻隊みたいに小型飛行機で敵に突っ込んでいったんだよね??(← 戦争映画などの ”イメージ” でそれまで勝手にそのように亡くなったと思い込んでいた私。)」

・・・・・・・・・・・・・(← おじいちゃんが思い出している「間」?)。


後ろから大きな衝撃の映像、
「おじいちゃん、爆風なの・・??」
・・・・・・・・・・・・・


<<映像>>
「敵兵だーー!!(日本語で)」
軍服の兵隊が数人おじいちゃんを追っている、手にはピストル・・(映像)、林の中を駆け抜ける・・
走って逃げるおじいちゃん、「待ってくれ−−、わしは日本人じゃーーー!!」
再び後ろから衝撃音・・・
そのまま雪残る山野に倒れるおじいちゃん・・



(つまり、捕虜として拘留中の作業中に、日本兵に中国の敵兵と間違って(銃で)威嚇追跡され、銃で撃たれてなくなった、ということでした。
「あっ”」! そのときは何気なく通過して聞いていたことが頭をよぎりました。
「おじいちゃんの遺体の頭に 【穴】 が開いていた」と!

初めは、死亡通知の内容が違う、落盤(らくばん)事故で亡くなったのではない、と聞いた時は「あ”ーーー?!」って耳を疑う感じでしたが、なーるほど、これで辻褄が合う・・ 頭の 【穴】 かぁ・・

昔のことだからいいかげんに処理されたというのは充分考えられることで、パラレルの神様に教えてもらったら、つまり、日本人が誤って日本人を銃撃して殺してしまったのが明るみになるとマズい・・、落盤(らくばん)事故と処理され隠ぺいされたのだとか・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い長い年月ずっと、春が過ぎ、夏が来て秋が来て冬、雪が舞って、花や蝶が舞って、幾度も季節が巡って、ずっーーーーーーーーーーーっとその場におじいちゃんの魂は留まっていたのだとか。(つまり地縛霊)

我が家は、母の母親(つまり私の祖母=おじいちゃんの妻)が日蓮正宗の熱心な信者で、おじいちゃんが戦死した後も常にねんごろに供養を重ねてきたような家だったのでしたが、やはり成仏はしておりませんでした。

今現在のおじいちゃんは、といいますと、同調してから幽界のほうに上がり、おばあちゃんとも再会でき、つまり、ここ、私と一緒に大家族として楽しく生活しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチお願いします モバQ

同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


パラレルの世界の扉が開いて、わたしがスピリット達と交流できるようになったいきさつは「水子ブログ」に書いたとおりです。
2017年の今年2月で交流が丸3年になるのですが、同居するスピさん達を簡単にご紹介します!
ヘシオドス(前世で夫亡き後、愛人関係にあった男性)、オペロン(前世で夫との子。今世でウェスに生まれ変わり、私に堕胎される。男の子。)、ラオコーン(ヘシオドスとの間の子。ヘシオドスの庶子。)を中心とした、私の前世ギリシャ時代の家族=前世の父・母ほか縁のあるスピさん達、今世の私の生家のご先祖さま、以前かわいがっていたペット達、同調により新しく家族に加わった人や動物の魂など(たくさんのかわいらしい動物達やかわしい男の子や女の子の子供達)、精霊さん、などなど、こちら側の家族はとても大家族で日々コミュニケしながら生活しております。
(あとは同調により、いろいろな境界の神様たちとコミュニケし、導いていただいております。)
ちなみに今世の夫は、前世でも夫。マケドニア人でトラノキアスという名でした。なかなかドラマチックな人生を生きた人でもありました。
ちなみに夫は、非科学的なこと・根拠のないことは全く信じないタチなため、絶対ナイショなんです。
てか、聞いたら、頭おかしくなってしまうかも(笑)!




記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング







Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます