霊の世界と科学検証のカテゴリ記事一覧

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世

カテゴリ:霊の世界と科学検証

霊の世界と科学検証のカテゴリ記事一覧。前世占い師エティースの心霊ブログ。★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。
退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)と前世

霊の世界と科学検証
 前世を知ることができる、と言われている ”ヒプノセラピー” について、ちょっと書いてみますね。ヒプノセラピーというのは、元々、精神療法で用いられる手法(催眠療…

記事を読む

はじめに(霊の世界と科学検証)のカテによせて

霊の世界と科学検証
これから「霊の世界と科学検証」のカテゴリーに記事を掲載していくにあたり、序文となる記事になります。霊の存在とその検証、というのは古くからあって、その実存を(科…

記事を読む

medium(霊媒とは) - 霊と交信する者 -

霊の世界と科学検証
にほんブログ村 人気ブログランキング やっと涼しくなってうれしいですネ。夏場はやっぱり霊関係のテレビが多い時期ですよね。霊媒(霊の世界と交信する者)について、…

記事を読む

退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)と前世

lotus2.jpg


 前世を知ることができる、と言われている ”ヒプノセラピー” について、ちょっと書いてみますね。

ヒプノセラピーというのは、元々、精神療法で用いられる手法(催眠療法になりますが、前世と絡めたこの分野では、ワイス博士が有名で、元々は精神病の治療に用いられる催眠手法だったのが、その過程で "前世らしきもの" が出てくることがある・・、と言われているものです。
精神病、というのは、「明らかに」、普通の人間の思考ができなかったり、その精神パターンにより明らかに普通の生活ができない、そのような状態のことです、お分かりかと思いますが・・。
だから、よく霊の世界とコミュニケする人や、霊感がある人だとか、キツネ憑きのような原因不明の震えがあるような人を、精神障害=※統合失調症、などと言われることが多いですが、その人の言っていることや言動、文章を読んだりすれば、明らかに精神病を患っている人なのか、そうでないのか、よく分かると思います。
まぁ、人間というのは、普通に説明できない現象だとか、不思議現象だとか、霊現象だとかを、自身で説明のつくものに当てはめたい生き物ですから。)


うーんと、ヒプノセラピー、・・・ どうなんでしょ・・?! 

ヒプノセラピーは、おそらくレム催眠のような半覚醒催眠?状態に持ってって行うのでしょうけど、
ふつうに考えると、その人が経験した人生の古い記憶などが断片的に引き出されるようなものなのでは・・?!、って思います。
あと、催眠をかける人の誘導 ("「暗示」") の腕次第・・というか・・、なんかそういう気もします・・
(なんか、人によっては、なんとなくそっち方向=前世、に持ってっちゃう人もいないではないような・・
あんまり言うのはやめておきます。 その分野の人たちもプロ意識を持ってやっておられるのでしょうし、私も精神医学療法を極めたわけではないですから・・。
あくまでも、”可能性” ってことで。)


で、正直なところ、私は精神医学を学んだわけでは全然ないし、その真偽については、医学的な作用・根拠など正直よく分からないから、聞いてみました、パラレルのほうに・・
(パラレル的な答えはどうなのかな、と。)
あくまでも 審神者(=サニワ)としての本分(パラレルの情報伝達者として)の部分での、伝え聞いた伝達にとどめておきますね。



・・で、その回答は・・、

「退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)には、精神治療としての効果は確かに認められるものの、ふつうは、退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)により前世を見ることはできない。
それは、やはり、自身の生きてきた中で蓄積された ”これまでの記憶の断片が表出” したものであったり、おぼろげな心の中の ”感覚” であったりすることがほとんどで、もしかして仮にあったとしても、”「万が一」”、あるかもしれない程度」

とのお答え・・。



つまり、ひと言でいうと、

”ふつうはないが、万が一あるかもしれない・・”。(神の奇跡、レベルで・・)



※というのは、人間は、転生するとき、”(前世)の記憶を消されて” 転生するから・・。




---------------------------------------------------------

実はわたし、小学生の時、自分で自分をヒプノセラピーにかけてみたことあるんです・・(えっ 爆!/笑w それこそ怪しげ・・^^;)


わたしの生まれたのは田舎でして、田舎の本屋で(田舎の本屋だからそんなにたくさんの種類の本はありませんでしたが・・)、何やら不思議な本を見つけた・・


・・正確なタイトルは忘れてしまったんですが(なんせ三十数年前のことなんで)、前世療法だとか、前世記憶、に関する、ノンフィクション系の文庫、であったと思います。 で、実家に帰ったとき、探してみよう、あるかなーー? なんせ「非常〜」に古いモノだから。。 ないだろーなァァ・・  ・・  と思って探してみたら・・・、奇跡的にありました〜(発見)、その三十数年前の古本が、古い本棚に、ほこりまみれに捨てずにあった!☆・・)


・・ちょっと汚いんで、きれいに拭いて写真に撮ってみました・・



ん?! 丹波哲郎・解説?? これだけでもなんだかちょっと怪しげな・・?(笑)
(しかも、出版社が MU Books ではないですかぁ・・、これだけでも眉唾モノっぽい・・)



当時、「へぇー? 前世、おもしろそう・・、見たい見たい!」って。。(この時、はじめて ”前世” なる観念を知りました。もちろん、その頃はしごく普通の人間で、霊が見えたりとか、霊感?のようなそんな類のものは一切なかったんですもの・・ 40数歳を過ぎてからですからね、突然パラレルの扉が開いたのは・・)


お母さんできないかな・・(笑)? と思って、本を見せてやってくれない?、と言ってみた。
(つまり母が誘導催眠をかける側の方で、わたしが被験者、ということで)
「お母さん、できないよ、そんなん・・」
(そりゃ そうだ・・)


で、思い余って凝り性の私は、
・・つまり、自分で自分を催眠にかける(!)・・っって?!(エッ? どうやって?)

・・つまり、本にあった退行催眠のやり方をセルフ催眠で子供ながらに静かな部屋でやってみた・・
(子供ながらに、さすがにこんなことして大丈夫なのかな・・? と心配でしたが・・
 ↑大人から見たら怖いですよね・・汗;;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・ ・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・
・・ ん ー 〜 〜 〜 ・・・・・・・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、
... 全っ然、かかんないなーーーーーーーーー〜〜、っもうっ(!)怒っ( `ー´)ノ*



・・つまり、私みたいに意識がしっかりしてて、自意識(自我) がはっきりしている人間では催眠って、かからない、かかりにくいんではぁーー?!  (← ※もしくは完全熟睡型なんで、熟睡しちゃうとか・・zzz/笑)
まぁ、”セルフ催眠” だったからかもしれませんが・・
つまり、その人の性格によっては、相手の誘導・暗示に全くかからない、かかりにくいっていう ”個人差” みたいなものはあるんではないかと思います。



___________________________________________

・・・・ それ以来、まったく退行催眠だとか、前世だとか、そんなんはすっかり忘れて大人になった・・。


で、今回、退行催眠とヒプノセラピーについてちょっと記事を書いたから、「ふっ」っと、そんな、昔の子供の頃の記憶を思い出した・・・


でも、上記のようなエピソードを披露すると、なんか、とってもオカルトで不気味な子(台風)、と誤解されてしまいそうですよね、(単なる凝り性子供だっただけなのですけどね )






はじめに(霊の世界と科学検証)のカテによせて

lotus2.jpg


これから「霊の世界と科学検証」のカテゴリーに記事を掲載していくにあたり、序文となる記事になります。

霊の存在とその検証、というのは古くからあって、その実存を(科学的・物理的に) 証明する、解明する、ということは昔から行われております。(脳波実験など)



結論から言いますと、
”物理的に霊だとか霊魂、その存在を証明することはできません。(物理)実体がないのだから。(笑)”

つまり、実体のないものを ”証明” しようとする行為自体が無駄な努力 でしかありません。




 霊や霊魂、死後の世界、死後の精神世界の存在を、物理的に証明しようとしているのが、脳波実験だったり、精神分析科学・医療的に証明しようとしているのが、統合失調症論やその他の精神病論だったりします。


「証明」というのは、
物理学にしろ、医学的にしろ、
常識では説明のつかないこと・現象を、”自然科学的解釈のきまりごとなり、考え方、学問の範疇内” で解明・
説明しようとしている” にすぎません。


それならば、まだ、その現象そのもの、ありのままを観察、事例収集(その現象の出どころ、あるいは渦中の人物の人柄なり普段の素行なども考慮)して分析する「研究」(観察分析判断)のほうがずっと霊だとかあの世については適した解釈になるでしょう。


 確かに、一般的に霊の世界と結び付けられて信じられている現象(実際は違うかも。実際は、物理現象・自然現象であるかも。)もありますから、一般的に、これは霊と関係ある、と ”言われて" いるものを鵜呑みに信じてしまうのも、間違いであるのかもしれません。
(実際、スピリチュアリズムで言われていることの中にも、私が同調して得ている情報とは違ったものが伝わって一般化している情報がけっこうありますし、一般で信じられているあの世、スピリットの情報が誤って伝わって世間的に定着して信じられているものもけっこうあります。)

(ちなみに、わたしが同調により得ている心霊世界の情報は、スピリチュアリズム学で定義される情報とは違う所があり、一般に信じられている心霊情報とも違うところがあります。同じ解釈の霊能者さんもいます。
現在では、スピリチュアリズムがさらに普及し、スピリチュアリズム学派の説が90%程度優勢な状況で、自分が見ているところと違っている箇所を書けば、混乱を引き起こす、と思っておりますので、今は書きません。)


霊や霊魂、あの世に関してアンチな姿勢をとる書物や本などもたくさん出ており、著名な学者の方なども論鋒をぶつけているものもありますし、パラレル・ワールドからメッセージを受けているわたしからすると、そのようなアンチ学者さん達の疑問・「これはなんで?」にパラレル・ワールドからのメッセージから答えを提示することもできます。
(といっても、伝え聞いたパラレル的答えを提示したとしても、そのような理論武装している学者さん達は信じないでしょう、というのは、パラレル的なものをその学術的理論・自分の知っている理屈の範疇内でしか捉えられていないから。)

それをこのカテゴリーで、毎回テーマを決めて、書いていこうと思います。
(また、霊感霊視というのは精神病、幻視・幻聴・妄想論的に捉えられることも多いのですが、それについても後に一つ一つ具体例を挙げ、自分の状態と比較しながら取り上げていきますね。)


また、前世については、科学心理療法での証明として、ヒプノ・セラピーというのが有名のようですが、今この記事を書いている段階で、わたしは前世療法としてのヒプノ・セラピーについてあまりよく理解していません。

つまり、この「霊の世界と科学検証」のカテゴリーでは、霊や霊魂、あの世に関する本、また、霊や霊魂、あの世に関してアンチな本や物理的にアンチであることを証明するような本、また(これから調べながらになりますが、)前世療法としてのヒプノ・セラピーについて、パラレル・ワールドからのメッセージを交え、コメントしていく内容になります。


私自信も、パラレルの扉が開いてやっと3年程度の若輩者。 元々わたし自身が非常に疑り深い人間で(パラレルの世界やスピさん達も汗;) まだまだこちらの世界について修行開始・観察中(「観察中」というのは、スピさんやパラレル・ワールドに失礼ですよネ ( `ー´)ノ*) の身でもあります。


(物理)実態のない存在・世界のものを説明することほど難しいことはありません。


人が分かりやすく納得できるよう理屈で説明すればいいのか、と思いますが、このようなスピ系、霊の世界、あの世について、一般的に流布している心霊情報やスピリチュアリズム学説を調べれば調べるほど、また理屈で書こうとすればするほどよけいに胡散臭い・・^^;。
そうでなくとも胡散臭く思われるのが「普通」なのですから・・。



★ P.S. 追伸:@
ちなみに、パラレル・ワールドがこのような世界に懐疑的な人に対してどう思っているのかというと、パラレルのほうからのメッセージは・・↓

・「信じられないとか、信じないということは、心の狭さに通じる、人はそれをバカにするようなことも併せて解釈できる術を持つやさしさ溢れる人間であれ、ということ。」
・「(誰も信じないとしても)、”「信じることのあたたかさを持ち続けよ」”」
(※人間は、時代が経るにつれ、こうした世界に理解がなかったり、より疑い深くなってきている。だから、我々にとっても、そのような人間(人類)にメッセージの意味を理解させることができれば、それは私たちの福音にもつながる。)


・・とにかくやさしいですからね・・、パラレルの世界と天上界は。(慈愛に満ちた世界)


っつっってもねーーーー、一つ目のメッセージは分かりますよ、でも二つ目の、
”「(誰も信じないとしても)、”「信じることのあたたかさを持ち続けよ」”」”  っって。。。(笑)
言いたいことは、わかりますよォ、そういう存在や世界にもあたたかい目を向けてやれって・・、そいうことですよね??
なんかパラレルの世界って、私みたいな超〜〜っ疑り深い人よりも、素直で何でも信じちゃうような人が向いてるんじゃ・・??
たまにいますよねー、(宗教でも)何でもすぐ信じちゃう人、目が据わっちゃってる人(゚_゚)!・・← なんかと〜っても危険な感じ・・^^;
でも、それって、そういう精神だと、人間社会だと、なんか悪い人にでも騙されちゃいそうな・・(;汗;)
さんざ毒付いてしまいましたが、パラレルや天上界・スピさんから怒られてしまいそうな・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/雷



★ P.S. 追伸:A
同調の扉が開いて、その状態に戸惑っていた頃、前世での夫亡き後の愛人との間の息子ラオが言った言葉・・

「(前世は)証明できないけれど、僕たちがここにこうして集まっていることが何よりの証拠。」(ラオ)


「前世占い師エティースの心霊ブログ」 向かって右側の子ね




※この「霊の世界と科学検証」のカテゴリーにポストしていく私の記事は、技術系の仕事に従事してきた私のバックグラウンドと、これまで生きてきた人間としての判断力と、パラレルの世界から示していただいた ”中庸” の精神と、人生の中盤(40代以降〜)突然開いたパラレル・ワールド(あの世・死後の世界、霊魂の世界)の実体験を、良識的かつ客観的・分析的視点をもって、投稿する記事内容になりますことを、序章として最初に書いておきます。

エティース








medium(霊媒とは) - 霊と交信する者 -

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング 

やっと涼しくなってうれしいですネ。101490.gif


夏場はやっぱり霊関係のテレビが多い時期ですよね。

霊媒(霊の世界と交信する者)について、2017年8月24日(木)、民放局でのテレビ放送『奇跡体験! アンビリーバボー』、死者のメッセージを伝えるアメリカの霊能力者ローラ・リン・ジャクソンさんの回を見た記事を書きますね。

ローラ・リン・ジャクソンさんのリーディング(死者の霊のメッセージを伝える作業)は、なんでも、「その人(リーディングを受ける人)の頭の上に、黒い黒板のようなものがあって、そこに故人に関するメッセージや関連するモノが写し出される」のだとか・・。

「・・ふーーん、わたしの見え方とはちょっと違うけど、おもしろいなー。」と、見え方の違いがおもしろかったです。
人によって見え方が違うのかもしれませんね。

ローラ・リン・ジャクソンさんがどこの境界とコミュニケしているのかは分かりませんが、霊媒(霊能者さん)なんでしょうが、というか、ほとんど霊能者さんだとか、霊感があったりして霊体験のある人のほとんどが、霊界のほうとのコミュニケというのが圧倒的に多いのだと思います。

・・そして霊界とのコミュニケというのは、いわゆるテレビの ”恐怖の霊体験” みたいな怖い体験・もしくは霊が黙って静かにそこにいる、のような経験が多いのですよね・・。
(私の場合は、同調する境界が違うのでそのような怖いものは見えないのですが、そんなのが日常的に有無を言わさず見えたら、そりゃもう怖くってしょうがありません・・。
ショックで、ぶっ倒れちゃうかもです・・。)


私がまだパラレルの扉が開いたばかりのとき、(あちらの世界とコミュニケする人間というのは、とてもとまどい、自分が同調する世界と自分自身が一体なんなのかということにとても戸惑いを持つものです。
で、そのパラレルの扉が開いたばかりのとき、「どうかそのような(霊界の霊のような怖いおどろおどろしいモノが)見えませんように〜〜(;;`ー´ )ノ、と心で祈祷懇願(?)したものでした(笑)。
「幸い境界が違っているので、そのような霊ではないから大丈夫。」と言われ、ほっと安堵しましたが雷・・)


同調する神様から伝えられたのが・・

「エティースは、審神者。」

「は??? さ、さにわ・・??」(『さにわ』ってナニ・・? て感じ・・ なんか昔の言葉??ですよね、おそらく知らない人も多いんじゃないでしょうか・・その時は、全然『サニワ』って言葉自体知らないので、辞書で調べちゃいました。つまり、『霊媒』と同じ意味です。 )

ローラ・リン・ジャクソンさんのような霊能者さんや、霊感のある人はいても、証明することはできないんだけど、そういう体験・経験をしている人が実際にいる・・。

証明することはできないんだけど、それは ”実体がない” からね・・。


 タグ



記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます