占い・タロットなどについてのコラムのカテゴリ記事一覧

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

前世 霊 心霊 水子 ブログ
  • ホーム
  • »
  • 占い・タロットなどについてのコラム

カテゴリ:占い・タロットなどについてのコラム

占い・タロットなどについてのコラムのカテゴリ記事一覧。前世占い師エティースの心霊ブログ。★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。
占いに関する考察

占い・タロットなどについてのコラム
占い、というのは、古今東西、有史はじまって以来、いにしえから、神詞宣託(これはわりと世界のあらゆる地域で古くからあったのだと思います)、古代中国などでは、ト占…

記事を読む

前世の内容が必ずしも、理想的な思うような前世でないこともある

占い・タロットなどについてのコラム
前世の内容が、必ずしも、理想的な思うような前世でないこともある、ということをお話します。前世を知りたい、という人はかなり多いのだと思いますが、・・、というのは…

記事を読む

占いに関する考察

lotus2.jpg


占い、というのは、古今東西、有史はじまって以来、いにしえから、神詞宣託(これはわりと世界のあらゆる地域で古くからあったのだと思います)、古代中国などでは、ト占〜易占い(陰陽学や五行説などと相まって発展)→ 風水・四柱推命・紫微斗占など、様々に発展していったようです。


西洋占星術、ホロスコープ占なども、
いにしえの ”星読み” からすると、古くは、プロト占(天意を知る原始宗教、卜占のようなもの・・チグリス・ユーフラテス川沿いで行われていたと伝えられる)、古代バビロニア占、古代ギリシャ占から西洋占星術に発展したようです。
(占星術は、古代エジプトなどの農耕文化=肥沃な河川文明の洪水・氾濫時期を推し計ったり、暦の作成など、どちらかいうと自然科学の実学の副産物として、自然神信仰などと相まって発展したものではないだろうかと思います。 ← ※パラレルの神様がおっしゃるには、自然神信仰の他に、さらに霊的メッセージを加味して発展したものだということです。)


現代の人も、特に女性などは占いが大好きだと思います。
なぜに、占い、というものがこれほど古くから人の心をとらえ、心のよりどころ(?) はたまた、気晴らしとして親しまれ、楽しまれてきたのかといえば・・


それは、ひとえに、
「人の希望、先々に起こることへの期待・ロマンに期待する気持」の表れなのかな、と思います。
人という生き物は、たとえひどい生活状況・過酷な生活にあっても、がんばって生き延びるには、
絶対に、”希望” というものがないと生きられないんですよね・・
そこまでひどい状況にないとしても、ひどくがっかりしている時などでも、
先々に希望を見出さずには元気に生きていけないものなんです。


私自身も、小学校低学年ぐらいの子供の頃から、西洋占星術の本など興味を持って読んだこともありますし、
パラレル・ワールド(心霊世界)の扉が開くまでは、自身や身近な人の生年月日をサンプルに、
いろんな占い(西洋占星術、ホロスコープ、四柱推命、風水占い、九星気学、名前占い(画数占い・音占い)、タロット占い)の本をたくさん読みましたし、ネットが普及してからは自動占いも気軽に楽しめるようになりましたしね。


それがですね・・・
パラレル・ワールド(心霊世界)の扉が開いて、実際に心霊世界に接して、神的存在(ご神体・仏様・精霊様・眷属様)と接するようになってから、
その「占いをする」という行為がピタリと終了__________。したんです。
(本当にエンド。)


人というものは、悩み多きものです。
あれやこれや悩んでいるものの回答を占いに求めてみると、案外すんなりその答えを受け入れられたり、
「いやいや、そうじゃないよ、全然。」と受け入れられなかったり・・、といろいろなのでしょうが。。


占い手法というのは、古今東西、実に様々な占い手法というものが存在するのですが、
そのような霊感占い以外の生年月日などを元に占う占い全般(西洋占星術、ホロスコープ、四柱推命、風水占い、九星気学など)は、どれも、”占い” ではあるんですが、”統計分析” にあたるのだと思います。
どの占い手法もある程度の、人の生年月日のサンプルを元によく分類されており、ある程度の ”性格傾向・運命や人生傾向” などがよく分析整理されており、
すべての占い手法ではないですが、けっこう「当たっている」と思う占いもあるかと思います。
※”統計傾向” なので、すべての人が当たる、と思うわけでは全くないはずですが、けっこう「当たる」と思うものもあるかと思います。
※名前占いに「音占い」というものがあるんですが、音占いに関しては生年月日ではなく大脳に与える音刺激による性格形成占いなんですが、これはこれで科学的根拠でけっこう当たると思います。)


西洋占星術に、”ホロスコープ” というものがありますが、これは一般的な西洋占星術の中でもやや高度な占い手法で一般的な西洋占星術よりもより詳細な鑑定ができます。
普通の西洋占星術の〇〇座、というだけでなく、もうちょっといろんな星の角度から多角的に、その人の性格なり運命傾向を知ることができます。


私がホロスコープのことを知ったのは、小学校高学年の頃でしたが、その年ですと、本に書いてあるホロスコープの分析方法だったりが当時はとても難解でほとんどあまりよく分からなかったです。
で、年を経るごとに自分のホロスコープ特性をずっと観察し解釈し続ける中で、どうしても分からなかったのが・・
「獅子宮の月」。
意味は、”強い精神性・独立性”________、のようなものだと思うのですが、
?? やっぱりつい最近までよく分からなかったのですね。
(確かに、性格的にはストレスにはメチャ強いですが、”精神性” とかいっても、なんかねえ、イマひとつ、よく分からなかったんです・・・
「え;? 自分にそんな所ある・・? みたいな・・」)


でね、それは、ある日、とってもひょんなこと、
前世子供ラオに関することで浮き彫りにされた出来事がありました@@;/
詳しくは、ラオの個人的なことなので書きませんが、ラオにとっては非常に悲しく落ち込む出来事だったのです______。
その時に、私がラオに向けて発した言葉・メッセージが・・、
「あっ! これって、まさに、獅子宮の月じゃん・・」と思うような自分のことばだったわけ・・。
自分自身に注意を向けることよりも、意外にも、案外人に働きかけることで、自分の特性が浮き彫りにされることもあるんだなぁ。。
そんな出来事がありました・・。
だから今、「獅子宮の月」をかみ砕いて自分の中で解釈すると、
「精神的な強さ・道徳性・揺るぎない精神性」・・のような感じなのだと解釈しています。
(西洋占星術やホロスコープの星読み、というのは、読む占い師さんによっても若干解釈が異なるかと思います)


で、
今思えば、なんで、それまで、たまに楽しんでいた「占いをする」という行為がピタリと終わったのか_____ を考えてみると、
もう自分自身について、占う必要がなくなったからなんですね__________。
つまり、心霊世界から直接メッセージをいただいて、今後どうするのか、日々どうするのか、を直接メッセージをいただくことができているから___________ に他なりません。
それには、全く ”迷い” というものがないんです_________。
なぜ迷いがないのか、といえば、心霊世界の扉が開いて以降、5年以上経過しましたが、神的存在(ご神体・仏様・精霊様・眷属様)と日々やりとりしながら、手探りで進んでいく中で、自分の中で経験的な確信を得たり、信頼関係であったりします。


それは、そのようなスピリチュアル的なものというのは、占いの世界では、”霊感占い” として活かされているようですが、これは、まさに、そのような霊的存在からのメッセージを、わたし達のような心霊媒介者(霊媒=ミディアム)を通して、主に霊界との通信の中でなされているようです。


最後にまとめると・・
@(霊感占い以外の)一般占いは、統計学的占いであり、A霊感占いの場合はその種類もいろいろあって(それは、透視占いであったり、あるいは、天啓を得たい人の悩み相談であるかもしれませんが・・)、
@統計学的一般的占いの場合、各占い手法はもとより、それにプラスして占い師さんの人生経験やアドバイスが背中を押したりするのであって、
また、A霊感占いの類では、その霊媒(ミディアム)が通信する境界であったり神的存在がメッセージの質を左右する、ということになります。




☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)




前世の内容が必ずしも、理想的な思うような前世でないこともある

lotus2.jpg


前世の内容が、必ずしも、理想的な思うような前世でないこともある、ということをお話します。


前世を知りたい、という人はかなり多いのだと思いますが、・・、というのは、”前世” と聞くだけで、人というものは、壮大なロマンや期待を抱きすぎる場合がほとんどです。
そして、芸能人の方の前世、などが、何か華々しい身分や仕事をした人、後世に名を成したような人だ、という場合がけっこう見受けられるのですが、必ずしも皆が皆、そんなに恵まれた前世であろうはずもなく、実際はリアルな一人のその時代を生きた人間の生、なのです。
だから私がパラレルより伝えてもらっている前世内容というのは、よくありがちな、「あなたの前世は、どこの国の○○をしていた人でした、ハイ、終わり」なのではなく、もうちょっと詳しい生生しい人生、を視るような感じになります。



私の鑑定(パラレルによる伝達)では、有史以前はカウントしないで、有史以後の人としての生(転生)からを1回、2回、とカウントしており、有史以前の生は、動物としての生、とほとんど同じため、前世鑑定の生としてはカウントしませんが(わたしの所の鑑定では)、ただ、人間としての前世の時にも有史以前の行い、というものが影響しているため、併せて視ることも可能です。
(実際、私も1度目の転生※ギリシャでエティースとしての転生の前に、有史以前にトカゲとして原始人に食われた動物としての前世が1度ありますが、カウントしておりません。)


「前世の内容が、必ずしも、理想的な思うような前世でないこともある」ことの実例として、私の母の前世を例にご紹介してみますね。
(母の前世はトータルでどれもいい前世とはとても言えず、はじめに、果たして本人に言うべきかどうか非常に悩みました、そのような内容になります・・)



私の母の前世は過去世3回、今世で4回目の転生となります。

@1回目の転生:「アステカの処女生贄」としての前世
アステカの太陽のピラミッドの頂上で、ごく若い娘が太陽神への生贄とされようと(娘は処女でなければならない)、今まさに青銅(?)の剣が振り降ろされるところであった、断末魔の叫びと共に、その剣は娘の胸に突き刺さったのだが、急所を逸れたため、胸のあたりがビクン、ビクン、と痙攣している。 まだ生きている・・。
娘は担架のようなもので、塔から降ろされ、日の光が少しさす石造りの地下部屋へ移され、男に凌辱された・・、そのうちに絶命・・。
(男に凌辱..?? これは一体どういうことなのだろうと、パラレルの神様に聞いてみると、太陽神への生贄として捧げられたのに生き残ったため、その処女と交われば永遠の生を授かる(←縁起がいい/霊力が宿っている、等の解釈)、のような ”迷信” があったため、とのこと。)


A2回目の転生:「オランダの薄幸な女性」としての前世
これはそんなに古い時代ではなく(ビジョンの風景からすると ”近世” のオランダであるようです)
ボロをまとった行き倒れの女性(もうそんなに若い女性ではありません)が、通りから来た馬車にひかれそうになりました。驚いた御者は、馬車を急停止し、中からフロックコートをまとった片眼鏡をかけた身なりの立派な中年紳士が降りてきました。
その男性は、その女性を自分の屋敷の住み込みのメイド(女中さん)にどうか、と申し出ました。
身なりは貧しくみすぼらしいが、行く当てもなさそうだし磨けば光るのでは・・という下心もあったのです。
その女性が住み込みで何年か下働きをしているうちに、男女の関係になってしまい、そのうちに女性は身ごもってしまいました。
その男性には奥さんや子供もいたのですが、女性は身ごもったので身請け(愛人)のような関係になったのですが、行き倒れになりかけたような女性だったせいか、子宮に問題があり赤ちゃんは育たず、流産してしまいました。
女性は、その男性に身請けされはしましたが、その後も亡くなるまで子供も授からず、そのような関係になっても、相変わらず下働きのような人生を送った薄幸な女性でした..。



B3回目の転生:「アルプスの熊に襲われて早世した少女」としての前世
アルプスの麓に暮らす少女(年の頃は、小学5年ぐらい?)が、森で熊に出くわしました。
熊は、少女を殺すつもりはなかったのですが、結果的に殺めてしまいました。
熊は、少女を見た時、少女を愛しい・・、というような感情を持ったのでした、ですが、野生動物の性(さが)というのでしょうか、動物園などで、普段慣れているはずの野生動物が、ふとした野生の目覚め(?)のように、飼育員を襲って殺してしまうことがありますよね、あのようなものだと思います・・。
川に横たわる少女の遺体に触れながら、
熊は、少女が息絶え死んだ後で、とても後悔しました・・ 
信じられませんが、深い後悔と懺悔の感情に責めさいなまれたのです・・
少女を愛してしまったのです・・

*******************************************************
この熊は、今世、母にとても近しい関係の人間として、転生しました・・
私の母は、来世イギリスにもう一度転生する予定がありますが(どうしてもイヤならやめてもよいが、恵まれた環境に置かれる予定だから悪くはないよ、との神様のおススメがあります)、この熊さんは、来世もまた母を守ってやりたい、守護したい、そばにいたい、との希望と強い愛情を持っています。
(熊さんは、今世では、男性Nさんとして転生したのですが、今はもう亡くなりましたが、戦中生まれのとても苦労をした地方の男性で、農林土木業に従事していた昔の人なため、その風貌から、周囲の人から「クマ」と呼ばれていました。もちろん熊がNさんだとは、とても母には今でも言えません・・!
※いやいや、エティースさん、”「クマ」と呼ばれていた” なんてウソみたいな話じゃないの・・って
思われるかもしれませんが、私がパラレルの同調の扉が開いてコミュニケできるようになったのが、ほんの
数年前ですので、その人が、”「クマ」と呼ばれていた” のは、(昔の人なんで)それ以前からずっと何十年も昔から長い間ずっとそう呼ばれていたんで・・
ここ数年前に初めて、パラレルの扉が開いて、母の前世:「アルプスの熊に襲われて早世した少女の前世」を聞いた時に、この話に出てくる熊の話を伝えられて一番ビックリしたのは、この私です。)
********************************************************








記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング



精神世界
↑※最近見つけたんですが、ここもなかなか面白いですよ。





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます