前世・カルマ・転生のカテゴリ記事一覧

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世

カテゴリ:前世・カルマ・転生

前世・カルマ・転生のカテゴリ記事一覧。前世占い師エティースの心霊ブログ。★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。
古代ギリシャの自然災害

前世・カルマ・転生
最近BSの、自然の景観を航空映像で流す、『グレート・ネイチャー』(?)のような番組をスピさん達と一緒に見ている時、以前にパラレルの世界とヘシオドスに教えてもらっ…

記事を読む

トラノキアスの(前世)物語

前世・カルマ・転生
トラノキアスというのは、私の夫の前世名になります。私と夫の今世での生まれ合わせの関わりと転生をパラレルのほうに聞いたとき、TV[ビジョン]※(注:)分かりやすくテレ…

記事を読む

今世で近しい人が前世でも関係があるのかという話

前世・カルマ・転生
にほんブログ村 人気ブログランキング 秋への季節の変わり目につき、体調くずさずにねー私の今世で、前世から関連のある人物は、私の夫(前世名:トラノキアス)と、ウェ…

記事を読む

スピさん(前世霊)から聞いた、古代ギリシャ -フェニキア商人-

前世・カルマ・転生
にほんブログ村 人気ブログランキング いつもたくさんの応援ポチポチありがとうございますm(_ _)m スピさん達もよろこんでおりますさらにヘシオドス(前世の夫亡き後の…

記事を読む

私が同調(交信)している前世霊(スピさん)の生きていた時代

前世・カルマ・転生
にほんブログ村 人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQサイトの冒頭で、私の伝え聞いた前世、私がエティースとして生きていた時代について、紀元前30…

記事を読む

古代ギリシャの自然災害

lotus2.jpg


最近BSの、自然の景観を航空映像で流す、『グレート・ネイチャー』(?)のような番組をスピさん達と一緒に見ている時、以前にパラレルの世界とヘシオドスに教えてもらった私の前世映像の中に、この自然に関わる災害の映像が入っていたのを思い出し、同居の前世父と、「たまにはこんな話を記事に書いてみようか・・」と思いついたので書きますね。


エティース達が生きていた古代ギリシャ時代(紀元前400年〜300年代〜200年あたり)になりますが、以前に伝えてもらった私の前世映像の中に、「大規模な火山噴火の中を、お年寄りを助けながら皆で避難するエティース」というのがありました。 わたしだけでなく、もちろん他にもたくさんの人が逃げ惑い、避難する様子を見せてもらったことがあります。


映像からすると、大規模地震のように見えたのですが、実際には中規模程度の地震で、微震を含めてたまに地震があったようです。


 エティースの生まれ故郷は、クレタ島なんですが、ある年齢からギリシャ本土へ渡ったのですが、地図で確認すると、クレタ島とギリシャ本土の間に、サントリーニ島があって、サントリーニ島あたりが噴火したのかもしれませんね、あるいはその周辺の島とか・・。


というのは、これまでギリシャと地震なんて、まるで知らない無縁の世界(ハワイのキラウエア火山とか、イタリアのヴェスヴィオ火山とかしか知らないレベル)だったのですが、ネットで調べてみると、サントリーニ島は、歴史的にも火山噴火の「歴史」があるようですし(自分はそれについて無知なんで、こちらのようなサイトを参考にさせてもらいました)、
以前ニュースで、トルコの大規模地震など、聞いた記憶はありますが、これまで、ギリシャで大きい地震、というのは、自分は聞いたことなかったですが、それは私が知らないだけで、ギリシャ周辺、というのは、けっこう地震があるようなんですよね@@;(参考:wikipedia地震年表)・・(いやいや、お恥ずかしい・・まったくの無知・・! しかも、wiki の地震年表なんてのがあるなんて・・!)







 タグ

トラノキアスの(前世)物語

lotus2.jpg



トラノキアスというのは、私の夫の前世名になります。

私と夫の今世での生まれ合わせの関わりと転生をパラレルのほうに聞いたとき、

TV[ビジョン]※(注:)分かりやすくテレビの絵を充てていますが、実際はテレビのように見えているわけではありません。]
パラレルの宇宙空間(量子物理学でいうと、5次元・6次元世界とのこと。)で、高い木の上から私の転生を眺めて確認している、やや大男風の男性(トラノキアス)がいます・・


「トラノキアス(風の精)は、エティースが転生したのを見て、もう一度また一緒に生きてみよう、と後を追って今世に転生した。」
(※実際は私より十数年もかなり年上なので、同時代に生まれるようになっているらしいのですが、その詳しい転生の仕組みなどは今はまだ理解していません。イメージとしてそのように示されたのかもしれません。)


(※この時点では、まだ私は、パラレルの扉が開いたばかりの時期だったため、夫が ”風の精” と聞いて、夫は、亡くなった後、パラレルの世界で、精霊?になったのかと思っていたのですが、そうではなく、人間のスピ(霊)なんですが、精霊というのとは別として、夫は大変自由主義的な性格をしており、普通の家庭のお父さんのような仕事の仕方や生活をしてないですし、常に自分の意思と全知力・体力を使って生きるタフな知的な男のタイプ、ですので、おそらくそれを象徴して ”風の精” という表現をしたのかな、と思います。けっこうキョーレツな性格かも・・)
で、その前世もまた非常にドラマチックなものでした。


*トラノキアスの前世物語*
_____________________________________________

トラノキアスは隣国マケドニア(同居の古代ギリシャスピ(霊)さんの情報によると、当時マケドニアは、ギリシャの属州のような立場にあったとのこと)の身分の高い(属州の今でいう知事のような)領主の息子で、ビジョンでは塔のような城に住んでいたのですが、アカイア自警団(※は?! アカイア?何ぞね?! 自警団??? かどうかは分からないですが、気になったので調べたら、確かにギリシャ関係で ”アカイア” という地名なり、歴史上では存在するようです)の襲撃に遭い、城は焼き払われ、まだ乳飲み子であったトラノキアスは、城が焼け落ちた時、殺すのを忍びなく思った敵兵により、草むらに放り出されたのを、通りがかった農民の夫婦に助けられ、いつか必ず復讐を遂げるのだと(敵を殺し復讐すること)、その農民夫婦のもとで、来る日も来る日も、『復讐』するためだけに剣や槍の稽古に明け暮れながら成長した日々・・。
成長し、剣の腕を磨いたトラノキアスは、意を決し、決死の身支度をし、復讐のため、夜の闇に紛れ、自分の城を焼き・両親を殺した敵の大将を殺すため、敵陣に単身忍び込んだ、・・
敵の将の首に刃を突き立てたが、トラノキアスは、反対に敵兵に囲まれ、捕えられてしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ふつう、ここで、拷問とかいたぶられて殺されてしまいそうですよね・・  聞いてる私も苦痛にドキドキ・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・ところが、敵の将は、静かにトラノキアスの身の上話を聞き、その勇気あっぱれと、なんと奪われた領地を回復し、身分回復をしてやったのだとか。


TV[ビジョン]
再び、岸に繋いだ大〜きな商船の舵取りをするトラノキアスのビジョン・・
身分回復後は、元の領地を治める地主、のような身分で、海洋貿易をやったりと手広くやっていたようです。


*つまり、トラノキアスという人物は、とても高貴な生まれにありながら、隣国の突然の襲撃に遭って一気に全て(身分と財産)を失い、全くの名無しの健康な体以外は何も持たぬただの人間におとしめられ、また元の身分と財産を回復する、というなんともドラマチックな人生を送った人物であったようです。*

エティースとの関わりについては、海洋貿易の仕事の時に知り合ったようで、その続きは、またエティースの物語の時に続きます・・






今世で近しい人が前世でも関係があるのかという話

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング 

秋への季節の変わり目につき、体調くずさずにねー101490.gif



私の今世で、前世から関連のある人物は、私の夫(前世名:トラノキアス)と、ウェスちゃんのお父さん(前世名: クロノス: ※← 私が堕胎した男の子のお父さんです、分からない人は、「エティースの水子」をご覧ください※) の二人です。
つまり、この二人は、前世のギリシャ時代の時に、同時代に生きていた人達であり、今世でも前世同様、強い繋がりのある二人です。
(正確にいうと、ウェスも一度今世で命が宿ったため、正確にはこの3人が今世でも強い繋がりがあることになります。
 でも、何よりも、前世の行いレコードからすると、一番縁が強いのは、息子のウェスちゃんに他なりません。)


 私のように現世で出会う近しい人すべてが前世でも関係あったのかといえば、そうではなく、たとえば、私の母と私は、今世での関係は極めて近くても、今世で初めての縁となります。
(今世が初めてで、今世以外に同時代を過ごしたことは一度もありません。)
※ちなみに、前世での私の両親は、アチラの世界(パラレル)におり、今は前世子供達(ウェスとラオ)と共に、同調により一緒に大家族として同居しております。
(パラレルで同調して私と一緒にいる、ということは、この二人は、今現在、生まれ変わっていない、ということです。)


???・・、何やら、普通にきくと、わけが分からないへんな話に思うかもしれませんね(笑 ^^;)


今世で近しい関係にあるからといって、必ず前世で関係があったかというと、そうでもなく、関係がある場合もあれば、ない場合もあり、いろいろなのだとか。(あくまでもその人のカルマ=生命の行いの内容により決まります。)


スピさん(前世霊)から聞いた、古代ギリシャ -フェニキア商人-

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング 

いつもたくさんの応援ポチポチありがとうございますm(_ _)m スピさん達もよろこんでおります101490.gif


さらにヘシオドス(前世の夫亡き後の愛人)のお父さんからフェニキア商人について、驚くべき話を聞きました。
「フェニキア人は、とても屈託なく明るく機知に富んだ人種で、公正に物資を分け与え、フェニキア人であれば誰でも交易ができるようにした。」というのです。
「え〜?、誰でもですか?! 普通は、力のある人物が、物資を占有して専売して利益を上げるのが人の常なのでは・・?」
「フェニキア人は、そうではなく、私も(フェニキア人の妻から)初めて聞いた。」
(・・・というのは、お父さんはトラキア人でお母さんがフェニキア人なため。)
「トラキア人は違うのですね。」
「トラキアは違っていたが、それでもどちらの民族も海の覇者のごとく自由に往来した。」
・・・・・・・・      ・・・・・・・・。

・・よいのでしょうか・・・。
考古学者でもめった知ることのない、当時の生活の生情報を私が知って、さらにブログで公開させていただいても・・・・・・・・・(ノД`;)。

私自身は、スピさん達とのやりとりを公開する時、しばしば躊躇しながら、いつも文章を書いています。
今時の人達というのは、自分のプライベートなことをブログに書いて公開する、ってフツーに当たり前にやってますけど、私は違う考えを持っていて、
うーんと、つまり私だけとスピさん達だけが分かっていればいいことで、十分満足だから、あえて公開することもないんでは・・? と。
ですが、神様や精霊様達よりメッセージを賜ったものを伝える間は、ブログを継続しなきゃいけないんで、やっぱりスピさん達の気持ちを思いやって、一応その都度公開してよい内容を確認しながら、差し支えない範囲で筆を進めて更新しております・・。
(なんか、私がスピさん達を【食い物】にしているような・・汗、、罪悪感がとてもあります。
パラレルの神様・精霊様、ブログ継続中どうか私が気持ちの上でスピさんや皆さん達に失礼のないよう、どうぞ見守ってください 雷

ヘシオのお父さん、貴重な情報を、ありがとうございました。

 タグ

私が同調(交信)している前世霊(スピさん)の生きていた時代

lotus2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


サイトの冒頭で、私の伝え聞いた前世、私がエティースとして生きていた時代について、紀元前300〜400年である、と以前書きました。
重ねて書きますが、私はかな〜り疑り深い性格なため、何か伝えてもらった際に、その追求がすごい・・・(スピさん達も汗^^;;)。
歴史書やら年表やらそのようなものを頼りに、大捜索&深追い追及がはじまるのです・・。

で、紀元前、な時のお話なのですよ、人類史の世界史年表で見ると恐ろ〜しく、昔な時代なわけなんですよ、(キリスト生誕よりも前なんですからね。キリスト生誕後はつまり、紀元後。BC,AD=after Christ)
パラレルのほうでも、あんまりにも昔すぎて、紀元前300〜400年であるのは間違いないが、もしかしたら、紀元前700〜800年である可能性もある、と。
(きっとよく似た時代なのかもしれませんね。)

そこで、前世の家族に集まってもらって細かい時代検証したら、ヘシオドス(←前世の夫亡き後の愛人)とそのご両親曰く、@「私たち3人が生きていたのは平和なおだやかな時代」A「ヘシオドスのおじいさんの時代にペルシャと戦争があった」、
つまり、Aのペルシャと戦争があった、という点で、はい、判定はやっぱり、紀元前300〜400年である、ということではっきりしました、お終い・・。
(どうもペルシア戦争 紀元前400年代 にあたるようですね。)

また、戦争といえば、私の息子、ヘシオドスとの間の庶子ラオちゃん(ラオコーン)の時代には、また戦争があったようで、というのは、ラオは従軍して無事帰還したらしいので・・。

いわゆる国や政治組織だとか軍事組織、司法・刑事罰など、当時はどうだったのか、現代人の私のこれまで生きてきた常識や社会通念で質問されると、紀元前に生きていたスピさんはシドロモドロしちゃうときもあります。というのは、あまりいろんな法制度が整っていなく、地方の代表(長官のような方)が地域ごとにまとめていたような、おおまかな時代であったようです。
とにかく、時代が違いすぎるのです。

ヘシオドスの家系は、トラキア(ギリシャ周辺の異民族)の大商人(おおあきんど)で、商工業など、交易を大規模に営んでおり、大地主でもあった家系。そのように、ギリシャ周辺の異民族の交易が盛んであった時代でありました。

わたしは、パラレルの扉が開くまで、どちらかいうと別の国に興味があって、ギリシャはまったく興味なかったんですが、この出会いで、前世の家族(自分の親や子、配偶者の家族など)との絆を持てたことで、第二の故郷、というよりも、今では自分の大事な祖国、といった感情を持っています。
 タグ



記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます