lotus2.jpg


わたしが、パラレルの世界と通じるようになって、約4年、というのは、以前に何度も書いたことです・・。
つまり、私は、生まれつきそのような状態の人ではなかったため、生まれつき霊能力?のようなものがある人に比べ、自分でも霊体験そのものの "経験値" が少ない、ということに、自分自身でも常々不安を感じているため、パラレル・ワールドのほうで、以前に一度、私に憑依を体験させるべく、私自身の体に憑依現象を起こしてもらったことがあります。

つまり、よく耳にする "憑依現象" というのは、人間の体内に霊が入る、ことなんですが・・、その時、ある諸天様が私の体内に入り、驚いたのは・・
・・・・「・・〜〜〜・・、(';')〜〜〜、〜〜〜・・・」・・・・・!!
「胸のところから "声" がする・・!」
ということでした。
(しっかり胸のところから声がしたのです・・(驚)! ← 物理的にですね・・。)
つまり、私の心臓のあたりに入ったのですね・・☆!

私はいつも、パラレルの世界のみなさんとコミュニケする時、頭の先からメッセージをやりとり(交信)するんですが(霊視・霊聴)、それはもちろん、霊体はわたしの体の外にいます。
人間は、霊に憑依されると霊が体の中に入ります。

(わたし)「そもそもなぜ霊はそんなこと(憑依)をするのでしょう・・?!」

(パラレル)「失った体を取り戻すため、ターゲットの人間の中に入り、我が物顔に手に入れた肉体で、自分の欲望を実現させるため・・、現世で体の一部を欠損した人間や動物の霊などが多い・・」

のだとか・・。


”現世で体の一部を欠損した” 霊とは、たとえば、それは人間に手足を切断された動物達の恨みの霊だったり(←※わたしのブログでも、動物虐待についての記事へのアクセスが多いですが、そういう覚えのある人は、パラレルの採決により、どうなるか、とんでもないことになる、ということを覚悟ください・・)、あとは人間で言うと、強盗や拉致などに遭って体をロープでぐるぐるに巻かれたりして体の自由を拘束されて殺されてしまったような霊・・というのが、そのように憑依するのが好き、というパラレル・ワールドからの回答でした・・。
それ以外では、そのような霊のほかに、悲しい思いをして亡くなったような霊も憑依霊の中に含まれる、ということでした。


※「ごめんなさい〜っ!! 最近ブログの更新を怠けてしまっておりますが、みなさんの押してくださるポチによって、辛うじて投稿継続しております。
いつもありがとうございますっ m(*^_^*)m







 タグ