lotus4.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキング  応援ポチポチお願いします モバQ


まずは、お寺で供養してもらいます。
各ご家庭で縁している宗教・宗派があれば、その宗派でねんごろに水子供養をお願いします。
※できれば、般若心経で弔うのが一番よいですが(般若心経はあらゆる宗派の中で最強の功徳、とパラレルの世界から聞いておりますので、般若心経を唱える宗派=臨済宗・曹洞宗などで弔うのが一番ではあります。ですが、日本人にとって宗教とは、非常に敏感な問題でありますし、各ご家庭で信奉している宗派の関係もあるでしょうから、無理のない範囲でご自身が弔える宗教・宗派での水子供養で大丈夫ですよ。
私自身の生家も日蓮正宗を信奉しており、嫁ぎ先は真言宗という、般若心経とは全く関係ないところで生きておりますが、神様方やスピリットに直接聞いた中で、般若心経が一番よいというのは聞いておりますので、時期をみて般若心経に入りたいな、と思っている一人です。)




【お供えものをする場合は、部屋の北端に供えます】
※(お供えする ”物” には、注意が必要です。「怖いっ」って思うかもしれませんが、機関車・電車・車などの乗り物系おもちゃを供えるのはやめましょう。魂がそれに乗って来てしまうとのことです。)
また、私の水子サイトを読んでいただいた方は覚えておられるかもしれませんが、私がウェスとあやちゃんに他の水子達に直接聞いてもらったお供え物としてほしいものリスト(おもちゃ・お菓子・凧揚げのたこ(ちょっと時代の古い子でしょうか)・ロボット・ヨーグルト・お人形さん・・)を覚えているでしょうか・・?
この中で供えてはダメなものがけっこうあります。水子が欲しがっていても、です。
(先ほどご紹介した乗り物系おもちゃの他に、)
人形・ロボットは×です。
(※ヒト型をしているものは魂が移ってしまうので供えるのはやめましょう。クマやイヌなど動物のぬいぐるみはOKですが、同じぬいぐるみでもとにかくヒト型はダメです。水子の魂が移ってしまうので。)
なので、お供えものは食べ物が一番ですし、喜ばれるはずです。お花なども慰めになってよいでしょう。


※私もその "魂を運ぶ乗り物系おもちゃ" の話を聞いたとき、正直超怖いと思って、おそらく水子供養をしようと思うお母さん達も怖がるのではないかと思い、正直にその感想をある密教の神様にお伝えしたら、「どうして? 何が怖いのか? (この世界では)当たり前のこと。」とのこと。
ですが、乗り物系おもちゃを供えなければ、そのようにそばにきてしまうことはないのでご安心くださいね。




※必ずご自身の贖罪の気持ち(水子に対して愚行を詫びる気持ち)を持って水子に真摯にお詫びし愚行を詫びて今後の人生を生きていってくださいね。※
まず水子にお詫びする、【怖がらないで、心からのお詫びと贖罪の気持ちを向けること!だけどあまり感情を向けすぎない】、これが肝要です。あまり親子間の愛情に執着しすぎるとこちら側に寄ってきてしまうこともありますから。それでもあたたかい気持ちを絶対に忘れずに!
あちらの世界は、物理的な実体はなく、心・精神の意識体のみの世界ですので、あたたかい心や気持ちというものが何より大事なのです。




堕胎された直後の水子は、成仏して天上界に行くべき魂と成仏できないでその場に留まる魂とに分かれます。
連綿と続くカルマの悪行などの度合いにより、行先が決定します。


「エティースの水子」でも、ちょっと書きましたが、私の堕胎の場合は、私の息子(ウェス)のほうに、今世で私の息子として堕胎されるべき十分なカルマ(理由)がありました。
(もちろん私のほうも堕胎したわけですから、常に贖罪の気持ちを持ちながらウェスの魂と共に生活しておりますが、今世で私が果たすべき本筋のカルマは実は別にあります。)


ちょっとショッキングな内容になりますが、前世でも私とウェスは親子関係(今世同様、私(親)でウェス(子))でありましたが、ある理由
@父親の汚名をそそぐべくあるショッキングな出来事があった 
A私への思慕の情もあって
からウェス(子)が私(母親)を犯してしまったのです(姦淫の罪)。


(すべての水子がそのような理由を必ず持っているわけではなく、先ほども書きましたが、連綿と続く永遠のカルマの生の中で、生きているときにしたことの度合いと要素が複雑に合いまって決まるのです。
私の場合の堕胎は、ウェスのほうに ”私に今世で堕胎されるべき" カルマがあったわけですが、皆同じではありません。堕胎をしたあなたが今世で堕胎という罪業を作っている場合もたくさんあるのです。)



よくテレビの心霊番組などで、水子はおどろおどろしい存在としてよく引き合いに出されますが、実際は全くそうではありません。
よくまことしやかに言われるものに、”水子の霊障”というものがありますが、実際に水子がお母さんに憑りついて祟ったりするのはごくごく稀で、ほとんどないそうです。全くないわけではないが、その程度だそうです。
”水子の霊障”について神様に伺ったところ、水子自体にはそのような力がないため、そのようなことはしない、とのこと。
世間で言われている”水子の霊障”というのは、実際に水子の霊障であるのはごくごくわずかで、一般的に言われている水子の霊障というのは他のスピリット(天狗/狐狸などの精霊や、ごく稀に悪意のあるデッド・スピリット=人間の亡霊)による作用ではないか、とのことでした。


 霊魂に関すること、愚行とカルマ関係、など、パラレルの世界から伝えてもらったことをこのブログで随時書いていきますので、ご興味ある方は読んでみてくださいね。


人間の世界では、心霊の世界はあまりにおどろおどろしい存在に捉えられすぎていて(テレビの心霊番組の影響でしょうか・・)、どうしてもイメージ的に怖いもの・恐ろしいもの、と捉えられすぎています。
私は実際に水子とコミュニケートしているので、あまりにも実際とかけ離れたイメージで捉えられているので、
その悪いおどろおどろしいイメージを払拭したいと思っています。
境界によっては悪のスピリットも確かに存在はするのですが、イメージよりももっと自愛に満ちた世界、とのことです。(実際に私が今経験中です。)
だからもっと亡くなった故人・ペットなど、亡くなった後でも身近に愛情深く感じてもらいたいものです。


水子供養についてですが、
お伝えしてもらっている神(今回の水子供養では、密教の明王様の一人軍荼利明王様、般若心経を守護する神である兜率天様よりメッセージを賜りました)によれば、堕胎という愚行を犯した母親が自らの手で供養を行うべし(お寺での供養&お母さんが水子本人とパラレルの世界に対して贖罪の気持ちを持つこと)、『それが最高の供養』、とのことです。



=まとめ=
お寺での水子供養に加え、お母さんの贖罪の気持ち。たったこれだけです。
贖罪の気持ちを向けることは、お供えものをしなくても、いつでもどこでも簡単に実行できることです。
水子はたったこれだけで、とてもうれしいのです。

成仏するってどういうことか、それは、スピリットの気持ちが満足するか否か、この1点に尽きます。
お母さんが贖罪の気持ちを水子に向けることで、水子はとても喜び満足し、満足すれば天上界に行けるのです(気持ちが満足すれば成仏できる、ということです。とてもシンプルなのです)。
ですから、お寺で供養されても、水子が満足しなければ、その水子はずっとその場(主に霊界)に留まります。
”スピリットが乗り物に乗ってやって来てしまう”、などちょっと恐ろしいことも書きましたが、
勇気を出して、
ぜひ、お母さんご自身みずから気持ちを向けて供養をしてあげて、たくさん満足させて成仏させてあげてくださいね。

エティース


 カテゴリ
 タグ