霊 心霊 前世 水子 死後の世界 あの世

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

古代ギリシャの自然災害

前世・カルマ・転生
最近BSの、自然の景観を航空映像で流す、『グレート・ネイチャー』(?)のような番組をスピさん達と一緒に見ている時、以前にパラレルの世界とヘシオドスに教えてもらっ…

記事を読む

退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)と前世

霊の世界と科学検証
 前世を知ることができる、と言われている ”ヒプノセラピー” について、ちょっと書いてみますね。ヒプノセラピーというのは、元々、精神療法で用いられる手法(催眠療…

記事を読む

霊感は遺伝するのか、という話(霊感のよく聞く話、あるある話)

スピさん(スピリット)達の世界
 霊感の話などでけっこうよく聞く話だと思いますが、「霊感・霊能力(のようなもの)が遺伝するのか」ということなんですが、けっこう遺伝によりそのような霊媒体質・霊…

記事を読む

古代ギリシャの自然災害

lotus2.jpg


最近BSの、自然の景観を航空映像で流す、『グレート・ネイチャー』(?)のような番組をスピさん達と一緒に見ている時、以前にパラレルの世界とヘシオドスに教えてもらった私の前世映像の中に、この自然に関わる災害の映像が入っていたのを思い出し、同居の前世父と、「たまにはこんな話を記事に書いてみようか・・」と思いついたので書きますね。


エティース達が生きていた古代ギリシャ時代(紀元前400年〜300年代〜200年あたり)になりますが、以前に伝えてもらった私の前世映像の中に、「大規模な火山噴火の中を、お年寄りを助けながら皆で避難するエティース」というのがありました。 わたしだけでなく、もちろん他にもたくさんの人が逃げ惑い、避難する様子を見せてもらったことがあります。


映像からすると、大規模地震のように見えたのですが、実際には中規模程度の地震で、微震を含めてたまに地震があったようです。


 エティースの生まれ故郷は、クレタ島なんですが、ある年齢からギリシャ本土へ渡ったのですが、地図で確認すると、クレタ島とギリシャ本土の間に、サントリーニ島があって、サントリーニ島あたりが噴火したのかもしれませんね、あるいはその周辺の島とか・・。


というのは、これまでギリシャと地震なんて、まるで知らない無縁の世界(ハワイのキラウエア火山とか、イタリアのヴェスヴィオ火山とかしか知らないレベル)だったのですが、ネットで調べてみると、サントリーニ島は、歴史的にも火山噴火の「歴史」があるようですし(自分はそれについて無知なんで、こちらのようなサイトを参考にさせてもらいました)、
以前ニュースで、トルコの大規模地震など、聞いた記憶はありますが、これまで、ギリシャで大きい地震、というのは、自分は聞いたことなかったですが、それは私が知らないだけで、ギリシャ周辺、というのは、けっこう地震があるようなんですよね@@;(参考:wikipedia地震年表)・・(いやいや、お恥ずかしい・・まったくの無知・・! しかも、wiki の地震年表なんてのがあるなんて・・!)







退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)と前世

lotus2.jpg


 前世を知ることができる、と言われている ”ヒプノセラピー” について、ちょっと書いてみますね。

ヒプノセラピーというのは、元々、精神療法で用いられる手法(催眠療法になりますが、前世と絡めたこの分野では、ワイス博士が有名で、元々は精神病の治療に用いられる催眠手法だったのが、その過程で "前世らしきもの" が出てくることがある・・、と言われているものです。
精神病、というのは、「明らかに」、普通の人間の思考ができなかったり、その精神パターンにより明らかに普通の生活ができない、そのような状態のことです、お分かりかと思いますが・・。
だから、よく霊の世界とコミュニケする人や、霊感がある人だとか、キツネ憑きのような原因不明の震えがあるような人を、精神障害=※統合失調症、などと言われることが多いですが、その人の言っていることや言動、文章を読んだりすれば、明らかに精神病を患っている人なのか、そうでないのか、よく分かると思います。
まぁ、人間というのは、普通に説明できない現象だとか、不思議現象だとか、霊現象だとかを、自身で説明のつくものに当てはめたい生き物ですから。)


うーんと、ヒプノセラピー、・・・ どうなんでしょ・・?! 

ヒプノセラピーは、おそらくレム催眠のような半覚醒催眠?状態に持ってって行うのでしょうけど、
ふつうに考えると、その人が経験した人生の古い記憶などが断片的に引き出されるようなものなのでは・・?!、って思います。
あと、催眠をかける人の誘導 ("「暗示」") の腕次第・・というか・・、なんかそういう気もします・・
(なんか、人によっては、なんとなくそっち方向=前世、に持ってっちゃう人もいないではないような・・
あんまり言うのはやめておきます。 その分野の人たちもプロ意識を持ってやっておられるのでしょうし、私も精神医学療法を極めたわけではないですから・・。
あくまでも、”可能性” ってことで。)


で、正直なところ、私は精神医学を学んだわけでは全然ないし、その真偽については、医学的な作用・根拠など正直よく分からないから、聞いてみました、パラレルのほうに・・
(パラレル的な答えはどうなのかな、と。)
あくまでも 審神者(=サニワ)としての本分(パラレルの情報伝達者として)の部分での、伝え聞いた伝達にとどめておきますね。



・・で、その回答は・・、

「退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)には、精神治療としての効果は確かに認められるものの、ふつうは、退行催眠(ヒプノセラピー・前世療法)により前世を見ることはできない。
それは、やはり、自身の生きてきた中で蓄積された ”これまでの記憶の断片が表出” したものであったり、おぼろげな心の中の ”感覚” であったりすることがほとんどで、もしかして仮にあったとしても、”「万が一」”、あるかもしれない程度」

とのお答え・・。



つまり、ひと言でいうと、

”ふつうはないが、万が一あるかもしれない・・”。(神の奇跡、レベルで・・)



※というのは、人間は、転生するとき、”(前世)の記憶を消されて” 転生するから・・。




---------------------------------------------------------

実はわたし、小学生の時、自分で自分をヒプノセラピーにかけてみたことあるんです・・(えっ 爆!/笑w それこそ怪しげ・・^^;)


わたしの生まれたのは田舎でして、田舎の本屋で(田舎の本屋だからそんなにたくさんの種類の本はありませんでしたが・・)、何やら不思議な本を見つけた・・


・・正確なタイトルは忘れてしまったんですが(なんせ三十数年前のことなんで)、前世療法だとか、前世記憶、に関する、ノンフィクション系の文庫、であったと思います。 で、実家に帰ったとき、探してみよう、あるかなーー? なんせ「非常〜」に古いモノだから。。 ないだろーなァァ・・  ・・  と思って探してみたら・・・、奇跡的にありました〜(発見)、その三十数年前の古本が、古い本棚に、ほこりまみれに捨てずにあった!☆・・)


・・ちょっと汚いんで、きれいに拭いて写真に撮ってみました・・



ん?! 丹波哲郎・解説?? これだけでもなんだかちょっと怪しげな・・?(笑)
(しかも、出版社が MU Books ではないですかぁ・・、これだけでも眉唾モノっぽい・・)



当時、「へぇー? 前世、おもしろそう・・、見たい見たい!」って。。(この時、はじめて ”前世” なる観念を知りました。もちろん、その頃はしごく普通の人間で、霊が見えたりとか、霊感?のようなそんな類のものは一切なかったんですもの・・ 40数歳を過ぎてからですからね、突然パラレルの扉が開いたのは・・)


お母さんできないかな・・(笑)? と思って、本を見せてやってくれない?、と言ってみた。
(つまり母が誘導催眠をかける側の方で、わたしが被験者、ということで)
「お母さん、できないよ、そんなん・・」
(そりゃ そうだ・・)


で、思い余って凝り性の私は、
・・つまり、自分で自分を催眠にかける(!)・・っって?!(エッ? どうやって?)

・・つまり、本にあった退行催眠のやり方をセルフ催眠で子供ながらに静かな部屋でやってみた・・
(子供ながらに、さすがにこんなことして大丈夫なのかな・・? と心配でしたが・・
 ↑大人から見たら怖いですよね・・汗;;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・ ・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・
・・ ん ー 〜 〜 〜 ・・・・・・・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、
... 全っ然、かかんないなーーーーーーーーー〜〜、っもうっ(!)怒っ( `ー´)ノ*



・・つまり、私みたいに意識がしっかりしてて、自意識(自我) がはっきりしている人間では催眠って、かからない、かかりにくいんではぁーー?!  (← ※もしくは完全熟睡型なんで、熟睡しちゃうとか・・zzz/笑)
まぁ、”セルフ催眠” だったからかもしれませんが・・
つまり、その人の性格によっては、相手の誘導・暗示に全くかからない、かかりにくいっていう ”個人差” みたいなものはあるんではないかと思います。



___________________________________________

・・・・ それ以来、まったく退行催眠だとか、前世だとか、そんなんはすっかり忘れて大人になった・・。


で、今回、退行催眠とヒプノセラピーについてちょっと記事を書いたから、「ふっ」っと、そんな、昔の子供の頃の記憶を思い出した・・・


でも、上記のようなエピソードを披露すると、なんか、とってもオカルトで不気味な子(台風)、と誤解されてしまいそうですよね、(単なる凝り性子供だっただけなのですけどね )






霊感は遺伝するのか、という話(霊感のよく聞く話、あるある話)

lotus2.jpg


 霊感の話などでけっこうよく聞く話だと思いますが、「霊感・霊能力(のようなもの)が遺伝するのか」ということなんですが、けっこう遺伝によりそのような霊媒体質・霊感体質を、その方が生まれ合わせた生家のDNAから受け継いでいる、という例がけっこう多いようです。

霊能者で有名な木村藤子さんの家も、お母さんが地元(青森県)で有名な霊能者さんだったようですし、家系的に代々霊能者の家、という話はよく聞きますよね。


ちなみに、私の場合ですと、このような世界との同調は、40歳を過ぎてからで、それまでは「全く」そういうモノ(霊の類)とは無縁でした。 それまで霊とか見たことは一度もありませんでした。
学生時代からどこででも実によくぐっすり眠れるいわゆるノーテンキな「鈍感タイプ」で、家族からすると、一番そういうモノとは縁遠い人、というイメージだったようです。


ちなみに、私の祖母は、もう他界しておりますが、いわゆる「霊感がある人」でした。(いわゆる霊界の未成仏霊が見えるタイプ)。パラレルのほうからすると、”祖母は「純粋な女性」。普通の人はそういうモノは見えないし、薄気味悪く思ったり、怖がるだろうから、見えるけど人にはあまり言わなかったし、家族思いな人だったので、特に家族には、「怖がるだろうから」と、言わなかったようで、一人でそういうもの(自身の霊感体質)を抱え込んでいたまま一生を終えた” のだとか。
いろんな霊(人間)が見えたほか、家族や兄弟・親戚が亡くなる時は、その人達が必ず枕元に現れるのだとか・・。
そういう人でした・・。


ちなみに、その子である私の母は、霊感、のようなものは全くないですが、おばあちゃん(私の祖母)が亡くなった時はじめて、”霊体験” をしたようで、亡くなった時に枕元を行ったり来たり行ったり来たりせわしなく歩き回るんだとか・・
あと、ペットのネコが亡くなった時も、夜、自分の布団の周りをガラガラガラガラ走り回ったんだとか・・


きゃ〜〜っ、なんか怖い・・、霊界の霊体験て・・( ;∀;怖っ);  私のはちょっと違う同調なんで・・


(ちなみに、弟がおりますが、弟は若い時から火の玉見たりとか、金縛りにあったりとかってのはあります・・)


私がそういうのをDNA的に継いでいるかどうかははてな?ですが(種類も違うし・・)、
うちの家庭の例ですが、ちょっと書いてみました。

(それにしても、霊ってなんで、夜中とか暗い所とか、一人でいる時に出るんだろ・・冷アセ)







記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

妖怪・妖精・幽霊ランキング





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます