前世 霊 心霊 水子 ブログ

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

老人福祉の問題とパラレル・ワールドのメッセージ

日本の社会問題
今回は、老人世代の社会問題とそれに対するパラレル・ワールドからのメッセージになりますけど、若い人は、「な〜んだ、老人関係の話か、面白くない、関係ない・・」と思…

記事を読む

今年(2018年)のスピさんみくじ! (おまけ:浮遊霊の話)

同居のスピさん達との交流日記
「あけましておめでとうございます!」 今年の2月になれば、パラレルの扉が開き・スピさん達との生活がまる4年になろうとしています。今年の1月1日を含め、これまで…

記事を読む

☆生まれ変わり=転生の話もあり☆ :前世ブログの読者さんへ「こんにちは」と「ありがとう」(2017年の終わりと2018年に向けて)

前世・カルマ・転生
2017年もいよいよ終わり、また新しい年に入ります。いつもこのブログを読んでポチりとしてくださり、本当にありがとうございます ○(^ ^)○(パラレルの世界とスピ(…

記事を読む

老人福祉の問題とパラレル・ワールドのメッセージ

lotus2.jpg


今回は、老人世代の社会問題とそれに対するパラレル・ワールドからのメッセージになりますけど、
若い人は、「な〜んだ、老人関係の話か、面白くない、関係ない・・」と思われるかもしれません。
老い・老化というものは、若い人では到底考えられないほどの、肉体的な衰えですとか、精神面の変化が起こるもので、それは若い人、まだその年代に達していない人にとっては、その年代ならではの体力面の状態だとか気持ちだとかは、”「絶対に」” 分からない類のものであります。『不可能』ってやつですね。


ですが、どんな若い人でも、(老齢期に達する前に、若い年代で突然死したり、病気などで亡くなるようなケースを除いては)
どんな人でも、”「必ず」” 通る道なのです。
また、若い世代の人や、老齢期以前にある人達が、そのような年代の人々に ”理解” を示してあげることができれば、社会は確実に良くなっていくでしょう。
理解するためには、どうすればよいか、想像でもよいから、そういった人達の生活・環境・気持ちに目を向けてみることが第一歩になります。


よく、高齢者の方にお話を伺うと・・、やはり共通して聞くのは、
『(国の政策が)高齢者にとってやさしくない、生活負担を強いられる』というもの・・。


パラレル的には・・
『数年後には、日本の年金制度が重篤な問題に直面し(高齢者介護に歪みが生じる)
このまま現状維持だと将来的に年金制度自体に無理がかかって、支えきれなくなる。
社会福祉制度の充実を考えるならば、
社会福祉でうまくいっている他の国のモデルケースを真似るしかない。』とのこと。


日本の政治を担う官僚や政治家になるような人というのは、ほとんどのケース、学歴がないとなれない、
いわばエリートばかりですよね。
エリート教育を受けるためには、それなりの出自・家柄の、いわばお坊ちゃん・お嬢様、と言われる、
いわば庶民でない家庭の子女がなるケースがほとんどなため
(中にはごく稀に苦労を重ねてそのような道に進まれる方もいるのかもしれませんが・・ 本当にいるのかな? そんな人・・)
つまり金銭苦・お金の苦労を知らない人が年金制度なり、国の政策を立てているから、本当の意味の庶民の生活感覚、金銭感覚を知らない人がやっているから、いい制度にならない・・。

一度、そういった国の政策を立てる上層にいる官僚さんは、一度、庶民感覚で、1か月〇〇万生活とか、一般の庶民が普通に節約とかを考えながらやりくりしている一般的な金銭感覚で生活してみるとか・・社会勉強を含めてやってみるといいと思うのですよね・・。
(まぁ、その一般的な1か月の生活の金銭感覚、というのも個人差がほんとにあるかと思うので、分からなければ調査してみるとか・・、一番ひどいのだと、以前ありましたよね・・よゐこの浜口が1か月1万「捕ったどーー!!」の自給自足テレビ番組とか・・ あれは極端ですが・・、でもいるわけですよ、どうにもならなくなってホームレスになっちゃったり・・ 会社経営していたような人でも会社運営に行き詰まってホームレスのようにならざるを得なかったり・・そういう人だとか・・)


で、最近日本でもよくテレビや新聞なんかで話題になっているのが、”老後破産” の問題だったりします・・。
老後破産て、どちらかいうと女性のほうが危ないんじゃないかな・・。 男性でもいるかと思いますが、国民年金だけの女性だとか・・、すると年間でもらえる額がほんとに少ないから・・。
最近は、男女とも結婚していない人がものすごく増えているので、独身女性の老後破産問題、というのは、これからとても増えていくのではないかと思います・・。
結婚しないから年金の担い手の子供が増えず、少子化が加速します。


そして、年をとると体力的に体が動かなかったり、反射神経なども若い人より格段に鈍くなる関係もあって、なかなか働くことができなくなります。あと病気が出たりしたり・・。
つまり年をとると、実労で働いてキャッシュを入れるのが諸条件で難しくなる・・。
それで年金制度が破たんすると、「じゃー、いったいどうやって生活してったらいいの?」ってことになります。

だからこのまま現状でいくと、日本の社会保障制度が立ち行かなくなり、それまで回っていた制度(年金制度)が崩壊し・・じゃあ、後は・・ ? 社会保障については、早急に対応策を考えない限り、日本の未来的には非常に暗い暗示があります・・。

パラレル的には・・
『皆がそんなに多くのものを望まず、”自給自足経済” のような経済モデルに日本が移行する。。という道もあるから・・』とのこと。
(現実的には、”物質至上主義” 的な現代人にはかなり難しいのでは・・(´・ω・`))


年明けの1月から暗い話題でごめんなさい・・(;´∀`)
でもパラレル・ワールドのほうで伝えろ、暗い現実でも伝えなさい・・って言うんですもの・・。

でも、
だからこそ、若い世代の人が、(選挙の時に)ほんとにこの人でいいんだろうか?、と真剣に考えたり、
将来的に、介護福祉や少子化対策の面でよい打開策や代替案が出るかもという明るい暗示もあるのだとか・・。








今年(2018年)のスピさんみくじ! (おまけ:浮遊霊の話)


lotus2.jpg


「あけましておめでとうございます!」


前世 霊 心霊 ブログ


 今年の2月になれば、パラレルの扉が開き・スピさん達との生活がまる4年になろうとしています。
今年の1月1日を含め、これまでにスピさん達と3回、お正月の初詣をしたのですが、
実は、第1回目、第2回目の初詣時のおみくじが、(@スピさん全員でひいてもらったおととしのと、A前世息子ウェス&ラオにひいてもらった去年のが)なんと2年連続で「大吉」(それだけでも、くじ運が悪い私には信じられん・・(・・;?) だったんですが・・
今年初詣する際も、「去年とおととし、スピさん達に引いてもらって2年連続大吉だったけど、まー、さすがに3年連続はムリだよね・・バッド(下向き矢印)」・・と思っていたら・・



・・なんとまた「大吉」っっ!・・
(ここの神社は「大吉」しか札が入ってないんでしょうかぁ?!)

※↑ここの神社の神様(精霊様)は、前世子供達ともよく遊んでくれやさしくて大好きです。

--------------------------------------------------

それまで(スピさんワールドに会うまで)は、おみくじをひいたことは数回あったものの、
私は生まれてこの方、おみくじだけではなく、ありとあらゆる「くじ運」というものがものすごく悪くて、おみくじは、「小吉」とか「末吉」みたいのしか出たことなかった人なんですぅ・・(江の島神社やその他の神社など・・)

くじ運というものは、とてもいい人はいいみたいで、当たる人は大きいもの〜小さいものまで、なぜかよく当たるみたいなのですよね。
(私のは典型的なくじ運悪い人の例。だから「大吉」は、おそらくパラレル・ワールドのおはからいでしょう・・)



前世 霊 心霊 ブログ **クリックで拡大**「薬の処方箋っぽい? こんなふうにみくじを引いた年度と誰が引いたのかをメモしています」


--------------------------------------------------


で、お正月に、スピさん達とお出かけした際に、なんだか浮遊霊(人霊数体&ネコの霊数匹)が、電車からとお店で買い物をしている時、道を歩いている時・・などなど、パラレルの神様いわく、なんだか今回はと〜ってもたくさん付いてきてしまったんだとか・・??


(これまで大家族のいつものメンバーでお出かけして、よその霊が付いて来ることはなかったんですが、いったいど〜しちゃったんだろう・・?)
電車の線路で飛び降り自殺した人(怖っ!)だったり、昔の人の霊だったり、動物だったり、幽界の霊だけでなく、霊界の霊も付いてきちゃった・・!


いやはや、こんなの初めてなんで、神様達にお助けいただき、引き剥がすのに一苦労しました。
なんか、わたしの胸のところに数体「ぎゅ〜〜」っとしがみついて離れないんです(いや怖い・・)。
で、なんかすごい執念で私の胸部数か所に根(?)を貼り、手が熊手みたいに長〜く伸びて、最後までしがみついている白髪の長髪の老人(?)がいて、なんでもそれは、大昔(安土桃山時代)のケチな村役人の霊だと言うんです・・(;汗)


パラレルの情報によると、やはり、霊は、やさしい人に憑いてしまうんだとか・・。
(・・ということは、私はパラレルの世界やスピさんとの出会いでやさしくなったのか・・?)
いやいや〜、いつもは幸せ一杯な世界なのが、年明けにとんでもないのが来ちゃった・・(笑)


・・で、神様と一緒に浮遊霊の「残骸」を片付けてたら、見たことのない外人のおじさんが登場・・。
「霊の残骸はそうやって片付けるのが一番・・」
(誰・・・?)
ドイツ人なのだという。
「ビスマルクという・・」
「・・は・・??・・」(ビスマルク・・?? なんか聞いたことあるような・・、でも・・??)
「・・あれ、知らない・・?(汗;)  著名な政治家なんだけど・・」
(あっ、なんか首相とかでそんな名のヒトいたかも・・ビスマルク・・ドイツ人と言うけど、確かにドイツ人ぽい名だ・・)
「伊藤博文とは友達・・」
(って・・、ほんとだろうか・・?)
「!プロイセンの生き恥を知れ〜〜〜♪」(突然大きな声で節を回した〜)
「・・??? な・なんか、私に対して怒ってるんでしょうか・・?!」
「(全然)そうじゃない、歌だよ、明るくて楽しい歌だ。」
「・・・・・・・・・・・。」


  *スイマセン、エティースは、自分の専門分野とか好きなこと以外あまり一般常識ないんで・・(-_-;)


ーーー いつもどおり、調べます −−−−
@「ビスマルク」で検索すると、Bismarck (1815-1898) で、
A「ビスマルク、伊藤博文」で検索すると、伊藤博文(1841―1909)
で、生年期間は一致しますね。 
複数のサイトを参考にすると、[政治的に]会ったこと=親交? はあったみたい・・
(「友達」っていったって、実は、時代年代が一致するのかドキドキでした・・)
ーーー いつもどおり、調べます −−−−


んーーーっと、なんかほんとらしい・・。
(さすがに、歌については、ドイツ人かもしくはドイツ文学やドイツ語をやっているような人でなければ分からないでしょう・・。 一応わたしなりに調べましたが、モチロン分かりません・・。 あるんだろうか・・、そんな歌が・・。)





いやーー、それにしてもこんなん初めてだよ〜〜、霊に憑依されたなんて・・
数か月前、去年、私はまだ霊界の ”憑依” 体験がない、ということで、修行の一環で、神様に憑依体験をさせてもらったことがありましたが(それはまた別記事で、ご紹介します)、実物は初めてでした・・。


しかも最後のほうは、突如、故ドイツのビスマルク首相が現れたり・・  ん〜〜〜と、一体なんだったんだろう・・? なんだかめちゃくちゃ・・☆☆?!

で、その後のビスマルクさんとの会話の続き・・
私:「・・私、なんだか後頭部が薄くなってきたようで・・(↑あんまりめちゃくちゃなコトが続くんで、それにひっかけてストレス的な意味で・・)」
ビスマルク氏:「私もハゲには、カミツレを付けていたよ。」
(へ?! カミツレ・・・?)

ーーー↓ また、調べます ↓−−−−
”「カミツレ」” って、何やらよく化粧水なんかに使われているアレですよね・・?
カミツレって、カモミールのことなんだそうな・・
https://以下ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB
をお読みください・・
英名:ジャーマン・カモミール(German chamomile)、「”ジャーマン(ドイツ)” ですよ(恐!)」
ーーー↑ また、調べます ↑−−−−



年明けからわけが分からない展開、、で、なんで突如ビスマルクさんなのか(??)、全く意味不明で、
いかにも私のバカぶりが加速しているみたいですが、・・・、


(こういう、人が聞いて、いかにも「うそだ〜」と思われてしまうような「整合性のないところ」が、スピワールドをいかにもうさんくさく感じさせてしまうのでは・・? でもそれが、あなたの死後の世界だとしたら・・?)

あ〜〜、でも、やーっと、いつもの平和な明るい大家族スピさん宅に戻りました!

でも、なんだか、別の結界(霊界)が開けた・・?ような気配が・・
(なんだかとてもイヤな予感がするのです・・)







☆生まれ変わり=転生の話もあり☆ :前世ブログの読者さんへ「こんにちは」と「ありがとう」(2017年の終わりと2018年に向けて)

lotus2.jpg



2017年もいよいよ終わり、また新しい年に入ります。

いつもこのブログを読んでポチりとしてくださり、本当にありがとうございます ○(^ ^)○
(パラレルの世界とスピ(霊)さん一同より御礼です)


このブログは2017年の初夏ごろから公開になりまして、FC2ブログだとか、ライブドアブログなど、ブログ運営会社独自のコミュニティを全く持たないブログサービスを使用しており、コミュニティランキング・ゼロの全くの陸の孤島ブログで、発信する内容柄、いろんな理由もあり、今のところ「あえて」SNS発信ゼロで運営しておりますが、公開3ヶ月以内に、ブログ村ランキング様、With2.net様 などの大手ランキングサイトさんで、早くもランキング上位させていただきまして(・・といっても、前世ブログ自体登録数が非常に少ないですが・・^^:)、最近は、「前世/来世」カテゴリでずっ_______と1位継続させていただき、スピ(霊)さん・パラレルの世界共々、誠に感謝に堪えません。
ありがとうございます!


スピ(霊)さん達と、日ごろのブログの感謝のことばを伝えたいね、と、年末年始に向けて相談しておりました。
同居の大家族スピ(霊)さんはたくさんいることもあり、毎年ひとりずつ、ブログの読者さんに向けて、お礼とご挨拶をするというのはどう?、「いいね!」(← facebook みたい・・) みたいな話になりました。
(※実際は、人数が多いため、さすがに、全員一人ひとりはできません・・^^;汗   毎年一人ずつにしようかな・・。)


・(今年は私の戦争で亡くなったおじいちゃんから)
「いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。私は幸せです。」
「え・・?(読者さんに読んでもらえてそんなに)”幸せ” なの?」
「え・・、いや、皆さんも、ご自分のご先祖様があってそこにいるのだから、そういう気持ちを大切にね。」(・・ってことだったらしい・・ ^o^: )


みなさんは、亡くなったご先祖様を見る、ことはできないですが、
お盆やお彼岸、などの仏事の時だけでなく、身近に思い出して感じていただければ、と思います。
(境界はどこかは分かりませんが、どこかの境界か、はたまたもう一度転生されているかもしれません。
※というのは、私の母には、妹が一人おりましたが、戦時中の食糧難で、まだ赤ちゃんの時に早世してしまった妹さんがいるのですが、いまその方がどこにいるかというと、上海に転生して生まれ変わっており、現在は70代?ぐらいの高齢女性に転生しており(=転生は早かったようです。) 現在は病気で、闘病中。 私の亡くなった祖母(霊)が伝えるところによると、なんだかとても富裕な環境にあるのだとか・・。)

......................................................
最初、亡くなった祖父・祖母と同調により再会した時に、・・
私「そういえば、チィちゃん(おじいちゃん・おばあちゃんの早世した子=つまり私の母の妹)とは一緒ではないの?」
祖母「チィは、とても良い環境(お金持ち)の所へお嫁に行ってるから大丈夫。。」
私「・・・??」・・・ 「そういえば、全然こちらの世界で会わないんだけど・・?」
神様「・・つまり、現在、転生して、生まれ変わっているから・・」
私「・・・・ あっ(!)」
......................................................



そして、
パラレルの世界・スピ(霊)さん一同より、
「みなさんの来年が明るいものでありますように。」
とのこと。

まだまだ、はじまったばかりの新生ブログですが、これからも記事をアップしていきますので、
どうぞよろしくお願いします。 ○(^ ^)○


− 前世占い師エティースの心霊ブログ、神様&スピさん一同より −









記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング

オカルトランキング





Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます