前世 霊 心霊 ブログ

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

前世 霊 心霊 水子 ブログ


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

友人宅の地縛霊・・

その他の心霊記事、霊視など
最近、エティースは、しばらくブログを更新してませんでしたが、その間に、古い友人と会う機会がありまして、その友人の亡くなったご両親の件で話がしたく(メッセージを…

記事を読む

夢の不思議B:しばらく疎遠にしていた友人が突然、私の夢に現れ・・

夢の不思議
みなさんは、仲が良かったが、しばらく疎遠にしている友人はいらっしゃいますか?女性の場合ですと、結婚や出産などの、人生の節目を境に、以前親しかった友達とは会う機…

記事を読む

『ペコロスの母に会いに行く』を見て 〜老いと老後〜

日本の社会問題
 今日の記事は、読んでも若い人には、今ひとつ身に迫って真摯に感じる内容ではないかもしれませんが、中高年以降〜 の人にとっては、なるほどな〜、と感じるものがある…

記事を読む

友人宅の地縛霊・・

lotus2.jpg


最近、エティースは、しばらくブログを更新してませんでしたが、
その間に、古い友人と会う機会がありまして、
その友人の亡くなったご両親の件で話がしたく(メッセージを伝えたりなど)、
久しぶりに会う機会があった。


結論から言うと、友人の親御さんは、幽界の【低層】にいて、一緒にいるのだ、低層にはいるけど、一応成仏しているから、私(エティース)もたまに二人に声かけるし、ということを伝えました。

友人の親御さんは、お父さんが亡くなって1年ちょっと経った頃に、お母さんも相次いで、それぞれ病気で亡くなったため、私のほうがとても気になってたの。
一緒にいることを聞いて、友人はとても「ほっ」っと安心したのだとか。
いろいろ話をしているうちに、亡くなられたお父さんも会話に参加してきて、楽しいひと時でした・・。
(友人は、亡くなった愛犬がいっしょにいないかどうかすごく気になっていたようですが、
私が同調して教えてもらった情報では、その愛犬は、カルマ清算の関係で、
ご両親とは一緒にいられない境界にいて、それがなぜかという真実を知るとおそらく友人はショックだろうから今は言わない方がいい。。との伝達でした・・。)



ひとしきり話した後、友人のご実家のほうへ移動したのですけど、
2Fへ上がった際に、友人が、「なんかいないよね(=霊みたいなものの意)・・・?」
というので、同調してみると・・


おばあさんがひとり・・・。


ご両親のほうのどちらかのおばあさん・・? なのかどうかはっきり分からなかったのですが、
おばあさんの霊が一体 ______________。

どちらかのおばあさんかはっきりしないので、さらに同調を深めると・・ 、
(伝達により見せてもらったその顔は・・・!)


なんと、お隣のおばあさん・・・!!


なんで・・?! このうちの人ではなくお隣の人が2階にいるわけぇ〜 ?!

表に出てみて、「な〜るほど・・。」

お隣の家は、すでに売りに出ていて、駐車場になっていた・・・!!

生前、思い入れのある家、もうその家はない・・ 親しくお付き合いのあったお隣さん(友人宅)の家を
懐かしんで、2階にいたようだ ・・・。


(私):「どうする・・? 〇〇さんの霊みたいだけど、2Fにいてイヤではない・・? 別に、単にそこが気に入っていて、おそらく懐かしくてそこにいるだけなんだけどね・・」
(友人):「えっ、〇〇さん・・?! ・・ (ちょっと考えて)・・ あっ、いいよ、別にそのままで・・。 昔から家族で親しくしてもらってたし、気に入っていてそこにいるんなら・・^^」


ということで、供物を送ってそのままに・・。

そんな出来事がありました・・。




☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)




夢の不思議B:しばらく疎遠にしていた友人が突然、私の夢に現れ・・

lotus2.jpg



みなさんは、仲が良かったが、しばらく疎遠にしている友人はいらっしゃいますか?
女性の場合ですと、結婚や出産などの、人生の節目を境に、以前親しかった友達とは会う機会
がだんだん少なくなることも珍しくないですよね・・。


その友人とは、まだ20代の時に、同じ職場で分野は若干違いましたが、お互いの仕事に切磋琢磨し、
当時のお互いの悩み事を相談したり、オフには一緒に遊びに出掛けたり、とよい友人でした。



友人はある時、女性ですが、医師になるためその会社を辞め、再び学生生活を送るため他県の医科大へ・・
わたしは、仕事を続け、後に結婚・家庭に入り、自由に仕事をするような生活に分かれたため、
その後も、数回会うことはありましたが、私も年中女友達にマメに電話連絡するような性格でないため、
だんだんと疎遠になっていきました・・



夢とは不思議なものです・・

(実は、私は、ものすごく、ノーテンキで楽天的な性格もあってか、地震があっても分からないぐらい、完全熟睡型ですぐ寝てしまいます、眠りも深く、一度眠りに入ってしまうと、ほんとに熟睡してしまい(地震があっても分からないくらい)つまり、夢はほとんどみることはありません。
今までの人生で、夢を見たのも、ほとんど数えるぐらいしかありません・・。
だから、よく、”眠れなくて困る” というのを聞くと、信じられないくらいです・・。)


その医者の友人が夢に現れたのは、昨年2月(2018年2月頃であったかと記憶しています。 こんな変わった夢を見た、と私が手紙を出したのでよく記憶しているのだと思います。。)



= ↓ 夢の内容 ↓ =

それは不思議な光景で・・
溶岩流が流れた跡地のような、溶岩石がごつごつしている火山帯の上にレールが敷いてあって、そこを走る電車に乗ってその不思議な光景の中を電車は進み、私たち(私と主人)は、どこかへ行こうとしてるんです。。

そのうちに、その火山帯から、やや普通っぽい電車の駅で降り、改札を出て向かった先は、何か試飲試食?の会場でした。。

そこで、その友人と偶然ばったり出会う、という設定なんですが・・

古くからの友人なのに、顔を合わせてお互い、「あっ」と思ってお互い分かっているのに、なぜか一言も話をしない・・ お互い相手の存在を分かっていながら、それぞれ離れたところで飲み食いしている。。

そんな光景が続き、その友人もその場にいたほかの人と話していたようだったので、私も主人を促してまたもときた電車の駅から電車に乗って、その不気味な溶岩石の山を見下ろしながら、また電車で戻ってきた・・


= ↑ 夢の内容のおわり ↑ =



なんだかよく分からないけど、
溶岩石の山を走る電車の光景が不気味なのと、パラレル・ワールドの伝達で、何かわたしのことが彼女の意識の中にあったのでは、ということだったので、
それまで、母親以外にはほとんど霊の話をしたことがなかったのですが、
彼女は口も堅そうだし信頼できるタイプですので、詳しいことは話しませんが、一部だけ、霊関係の話(=亡くなった義弟の霊の話)だけしてみることにした。
というのは、亡くなった義弟=ともちゃんと私の父(※父といっても、私が子供の頃に母が離婚してからともちゃんが亡くなるまでほとんどずっと音信不通であった)一家が住んでいる家が、その友人が勤める病院と同じS県であり(友人は医師の国家試験合格後からずっと長期このS県内の数か所の病院をまわって勤務していた)、偶然にもそんなに距離が離れていないようで、おそらく電車などで1時間ちょっとらしい、という偶然があったからです。
そんなこともあって、少し話してみることにした。



でね、義弟が亡くなった際に、
兜率天shadda 様が、
「岬の突端に松の木が植わっている岸壁があるのだが、そこへ行って、ある人霊との "問題" を解決しなければならない・・」(← つまり、除霊するのだか、別の処置をするのだかよく分からないですが、一度S県のそこへパラレルのみんなと一緒に行かねばならないんです・・ ともちゃんの関係のことで・・)


そんなこともあり、彼女ともまたS県内にて、再会することもあろうかと、一応義弟の霊の話だけその変な夢のお話と一緒に書いておいたの。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・そしてその後、1年ぐらいの時がすぎ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・2019年のお正月に入って




今年2019年のお正月に入って、1月某日に、私が(離婚した)父の家に電話を入れると・・
糖尿病が悪化して、片目を手術したのだが、ダメだった(見えなくなった)・・
2回目の手術をする予定だがたぶんダメだと思う(片目は失明か・・?)


慌てた私は、その医師の友人に連絡を入れ、どうしたらいいか意見を求めた・・
(1年前に、そのような変わった夢の話と亡くなった義弟家族の霊の話を手紙で出してあったので、話が早かった・・)


1年前、そのような不思議な夢を見、1年後にその友人を頼るようになったり、そもそも、
(離婚した)父の家とその医師の友人が偶然にも、さほど離れていない同県にいる偶然と不思議・・




これも何かパラレルのお導きとしか考えられません・・☆




☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)






 カテゴリ
 タグ

『ペコロスの母に会いに行く』を見て 〜老いと老後〜

lotus2.jpg


 今日の記事は、読んでも若い人には、今ひとつ身に迫って真摯に感じる内容ではないかもしれませんが、
中高年以降〜 の人にとっては、なるほどな〜、と感じるものがあるかもしれません・・



女優の赤木春恵さんがお亡くなりになられたのは、まだ記憶に新しいかと思います。
この『ペコロスの母に会いに行く』が遺作になった? のかもしれませんね。
同居のスピさん達と、ちょっと見てみようか・・! と動画を見てみました。



・・・・・・・・・・・・・


うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、コレねぇ、一番最後がいいよ、とても・・。
(一番最後になるまで、良さは分からないかもしれません・・ 〇的な意味も含めてね・・〇の所の漢字一文字を入れてしまうとモロバレですので、つまらなくなってしまうので、あえて入れませんが・・・。)



赤木さんは、この映画で、ボケていくおばあちゃん役をされているんですが、
その問題の一番最後のところで、
”『実は、ボケていないんじゃないか』” 疑惑が・・・(笑)。
(お時間ご興味がある方は、機会あったら見てみたらいいかと思います・・ 単純なボケ老人映画ではなく、このブログを読むような方が好むような ”オチ” があります・・ 長崎のステキなロケーションもいいですしね・・)



=乳母車に乗った赤ちゃんと、介護用車椅子に乗った老人がすれ違うシーン・・=

私:「赤ちゃんはかわいいから、皆によろこんでお世話されるけど、老人は古くなって、お下(しも)のことが自分でできなくなって、やさしい人に介護されれば幸せだけど、そうでない場合は・・・・(今の時代は、老人介護施設の虐待などの社会問題などもありますよね・・。 子供がいてもいなくても、ほとんどの人が老後の介護とかそういうことは心配なんではないでしょうか・・)。」



私:(ペコロスさんがお母さんの車椅子を押す姿を見て)「ペコロスさんのお母さんは、ペコロスさんみたいなやさし〜い息子さんがいていいなぁ。。。 ママちゃん(←エティースのこと)なんて子なしだから、一体どーーなるんだろーか・・? 不安だよ、とっても。。」


そしたら、ウェスちゃん(私の水子)が、

ウェス:「あっ、あのね、、 姿はないけど、ここにいるじゃん。。」 って。。

(↑ ※注:普通の人には姿は見えなくても、わたしには姿しっかり視えています・・)


私:「そっ そうねっっ・・。 ある意味とっても幸せなんだけど、現実面、(パラレルの神様や精霊さん達がアドバイスしてくれるような)良い介護施設を見つけなきゃね・・」





☆よろしかったら、訪問された際に1クリック押していただけるとありがたいです(エティースとスピさん一同)「いつも暖かい応援ありがとうございますo^ ^o/」☆)



 カテゴリ
 タグ



記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング



精神世界
↑※最近見つけたんですが、ここもなかなか面白いですよ。



Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます