前世占い師エティースの心霊ブログ

前世 霊 心霊 水子 ブログ

前世占い師エティースの心霊ブログ。 ★これは私個人のブログではなく、同調により交信する神々のメッセージやスピさん達(スピリット)とみんなで一緒に作る心あたたまるブログです。

霊 心霊 死後の世界 あの世


こんにちは。
エティースといいます。


水子 水子供養 霊 前世
これは私の前世を最もよく象徴するある場所になります。



前世はあるのか?



まずは、普通はそう思われると思います。
前世なんて、何かかけ離れた考えで、あんまり興味ないな、なんて人も多いかもしれませんね。 普遍的なギモンですよね。

とかく、前世だの、神だの、宗教だの、といったものは、うさん臭く思われがちです。 実際わたしも、パラレルの世界の扉が開くまでは、女性ではありますが超現実主義者だもんで、”前世”という観念・考え方、があるのは知っていましたが、
ほぼ信じてない、そんなのないんじゃない?、と思っていた一人です。


 「前世」について、私自身が経験した実際の体験談をお話します。 なぜ私がスピリット達や神々、「パラレル・ワールドの意志」と通信できるようになったのか、なぜ前世を知るところとなったのか、などを少し交えましてお話をすすめていきますので、 このまま読み進めてください。

※(これからお伝えすることは私が自分で考えたことなどではなく、パラレル・ワールド=あの世のスピリット、神々、「パラレル・ワールドの意志」からそのまま伝え聞いたものをそのままお伝えする文章になります。)

 人間には「守護霊」や「先祖霊」というものが付いている人もいれば全くついていない人もいてマチマチです。私の場合は先祖霊は全く付いてなく、前世霊(前世で強いつながりのある魂=スピリット)が付いていてくれ、情報を送ってくれています。

(最初に、「私には先祖霊は付いていない」、と伝えられたときは、本当に驚きました。なぜなら、誰でも先祖霊が付いているのが一般的・当たり前だと思っていたからです。よく、心霊番組なんかで ”守護霊はご先祖様が付いています” なんてよく聞きますからね。私が確認したところ、いわゆる守護霊というのは、誰でも必ず付いているわけではなく、全く付いていない人もいるそうです。)
人間の場合、守護霊が付いている場合、先祖霊が付いていることがほとんどで、私のように前世霊が付いているのはあまりないそうです。


「パラレル・ワールドの意志」、神々、スピリット(かつて人間として生きた魂=霊)からのメッセージを正しく正確に伝えることがこのパラレル・ブログ、水子ブログの目的になっております。


 不思議なものに興味のある方は単純に前世を知りたい!と思われるかもしれませんが、神によれば、(※神といっても一人ではありません。それぞれ役割分担を持った実にたくさんの神や精霊がおられます。)「前世を知ること自体に意味はない。」とおっしゃるのです。
??? それはどういうことかなぜ意味がないのか、と私が尋ねると、「知っても、それを活かさなければ意味がない。」とのこと。
「活かすってどういうこと?」
「では人間は本来どうやって生きていくべきなのですか?」
この問いに、
「人間は己の責任を全うし誠実に生き、愚行を犯した人の場合はそれを贖い、贖罪の日々を送ること。」
人間として生まれて生きることはどちらかというと苦しいことのほうが多いかと思います。
実は、わたし自身も、もう人間として生まれ変わるのはいやだと思っている一人で、 もう生まれ変わりたくないから、どうしたら生まれ変わりをやめてもらえるか、などなどいろいろ質問をしたことがありました。


人間がなぜ生まれ変わるのか、生まれ変わりは、単調なしくみなどではなく、実に複雑な要素の集合体である、ということだそうです。
私の場合は、今世で2度目の転生だそうで、表題の”エティース”というのも、前世で生きたときの名前をそのまま取っています。

エティース=エウリゲ。


これが私の前世名です。
私に常に付いていてくれているスピリットの名前は、ヘシオドス=へパイオン、オペロン(※今世で私に堕胎されたウェスちゃんに転生)、ラオコーン、この3人は前世で私と縁の強いつながりの、かつて人間として共に同じ時代を過ごしたスピリット達です。

スピリット達に教えてもらった情報から自分自身の前世の情報をだいたい把握していたのですが、私は非常に疑り深い性格のため(仕事でも何でもいつもかなりのウラ(=根拠)を取り、正確に把握します。)、ですので、その伝えてもらった前世情報が本当かどうかというのと、もうちょっと精密な時代背景などを知りたかったため、
スピさんにしつこく何度も(スピさんも汗^÷^;です..)、その当時や前後に起こった時代背景や出来事・歴史上のキーワードなどを聞いて教えてもらい、いろんな資料をあたり、時代検証・歴史的史実の検証をしたところ、いろんなしかも複数の歴史的情報・年代が見事一致し、私とスピリット達が共に生きていた時代がだいたい紀元前300〜400年代あたり(関連するスピリットが複数人数いて、親子関係を含めて2世代にわたっているため、ちょっと幅を持たせています。)だということがはっきり分かりました。
(近しいスピさんから教えてもらった事象が一致するのはとてもうれしいものです。)

(世界史の年表を見ていただけると分かると思うのですが、紀元前300〜400年代というのは、悠久の歴史の中のほんのごくわずかな期間なのですよね。それにしてもおっそろしくえらい昔のスピリットなのです ^ ^;汗...。たまに鉄兜かぶって登場してきたりしますからね・・^Π^;。)

もちろん生きていた場所、何をしていたのか、その人生の全貌は伝えてもらっています。

幸い彼らの生きていた時代というのは、平和な時代だったようです。安心しました。

(いや、たまに鉄兜かぶってたりするので、ひょっとして戦争でもあった大変な時代なのかと、とても心配になり確認したところ、戦争などはなく平和な時代で、鉄兜については、”式典”などの行事の際に被るのだ、ということでした。あー、びっくり・・^^;)

 私は生まれつき、または幼少期からこのようなスピリットや神々とやりとりできたわけではありません。
中高年(43歳のとき) になってから、ある日あるものを通じてあの世との扉が開いてしまったのです。ある日突然に・・・。
(もしご興味ありましたら、私の贖罪ブログである『水子ブログ』を読んでいただければ、どのような経緯で何がきっかけでそのようになったのか、現在の生活環境のこともありますので差支えない範囲の内容ではありますが、詳しく書かれております(時期がきたらよりリアルな内容の完全版を公開する時がくるかもしれませんが、その時は、このブログ内でお知らせします)。※できれば、水子ブログは、私の個人的な贖罪を詳しく書いたもののため、同じように堕胎をしてしまった女性に向けて書いておりますので、そのような方に一番読んでもらいたいと思っていますが・・。)


何十年と生きてきてある日突然このようなことになった時は、本当に、自分は頭がおかしくなってしまったのではないか、とずいぶん悩みました。
ですが、私は緻密な分析を要する技術系の専門職に就いており、文章を読んでいただけると分かると思うのですが、思考はしっかりしているので、どうもそうではない、やりとりを続ける中で実際に ”いる”という確証を得られる実体験(スピリットが私の肉体に働きかける現象)・史実の検証・現実の合致、等を通じてその存在を確信できるようになりました。

 最初はタロットを使ってメッセージを解していました。それから一段階進んで瞑想によりコミュニケートできるようになると、タロットはかえって邪魔になってきました。あちらの世界と通信が満足にできるようになってから、私はスピリットや神々、「パラレル・ワールドの意志」にいろんな質問をしました。

私は水子ブログやこのブログを開設して活動をしておりますが、あえて過剰にサイトの宣伝をするつもりはありません。
なぜか、それは、”まじめに知りたいと思う人にパラレル=ワールドの ”真実”を正しく伝えること”が、パラレルの意志であり、宣伝をして過剰に知らせる必要はない、とのことだから。

わたしのサイトは、神々、「パラレルの意志」、スピリットの意向のままに運営します。
知りたがっている人に、パラレルの世界の真実を「正確」に伝え、人として正しい道を歩んでもらうこと、それがパラレル=ワールドの望みです。

そして、伝え聞いたことをそのまま正確にお伝えすることが、パラレルの意志であり、私の役目。

そして私もまた、正確に正しく伝えないと「愚行」を犯すことになります。

私は今世では、愚かにも「堕胎」という愚行を犯しました。

愚行を行えば、それを必ず償わなければなりません。

私も日々愚行を償い、贖罪をしながら今世の日々を生きております。

私の開設したこのブログ(実際に伝えているのは私ではありません。私の周りにいるスピリット達や神々、「パラレルの意志」によるメッセージをそのまま内容を違えることなく私の文章により伝えるものになります。)が、あなたの人生の一助になれば、と思います。


エティース



記事一覧

「それって どーいう お話なん?」亡くなった水子息子霊(ウェス)ちゃんのせがみ

同居のスピさん達との交流日記
 今年のお正月を境に、霊界の扉が開いて以来、スピさん達と外出する度に、よその霊体(未成仏霊など)や宇宙空間のギャング・スピの襲来(←たまに神様の意図があっての…

記事を読む

やっぱり霊界の扉も開いてしまったみたい・・

スピさん(スピリット)達の世界
こんにちは、お久しぶりのブログ更新です。「最近 エティースのブログはあまり更新しなくなったな・・?!」と思われた方もいらっしゃったかもしれません・・。今年(201…

記事を読む

ソウルメイトなんてない?!

前世・カルマ・転生
ヘシオドス、という名前はご記憶でしょうか・・、前世で、夫亡き後愛人であった男性なんですが(で、私との間にできた子がラオちゃん・・←プロフ画像向かって右の子。 …

記事を読む

「それって どーいう お話なん?」亡くなった水子息子霊(ウェス)ちゃんのせがみ

lotus2.jpg


 今年のお正月を境に、霊界の扉が開いて以来、スピさん達と外出する度に、よその霊体(未成仏霊など)や宇宙空間のギャング・スピの襲来(←たまに神様の意図があってのものである場合もあります。※つまり、何かを教えようとしている時もある、ということ)などもあり、以前のように、ただただ幸せで楽しいだけの時期というのから移行はしましたが、それでも各境界の神様達と大家族スピさんとの絆と友愛を大事にしております。

折に触れ、スピさん達と記念日をお祝いしたり、子供スピさんやかわいい動物スピさんの記念日のために、子供が喜びそうな動画を探して一緒に鑑賞したり、イメージに合いそうな音楽を一緒に探してみたり・・・。
そのようなやさしさ溢れる時間がとても幸せで、かけがえのない時間であります。
(子供向けの童話やお話を探したり・・なんて、以前の私では到底考えられないくらい、まるで子育て中のお母さんのごとく、まったく180℃生活が変わったわたし・・。
それまでは、そういうのまったく興味なかったし・・。)

ディズニーの童話の映画化作品は、とても独特で華やかなので、かわいい人の記念日のイメージにぴったりで、いろんな作品があって、全作品見てみたいですが、
”ブランド” 作品なんで、当然無料では転がってないか・・。
音楽は上がってますけどね・・、(だいぶ昔の作品ですが)a whole new world なんて、歌(歌唱力)もすばらしいですしね・・。

人魚姫もあるね〜、悲しいお話なんだよ・・、とか言いながら・・、

(私)「ママちゃん、アラジンなんて見てみたいな・・。」って、わたしが言ったら、
(ウェス):「それって どーいう お話なん?」 

(※ウェスは、私の前世子供であり、私が今世で堕胎した水子霊です。プロフ画像向かって左の巻き毛の男の子。)



???・・?、はたして私、『アラジンと魔法のランプ』の話って覚えてたっけ・・?、やっぱり、あんまり覚えてない・・。
(さすがに、’ランプをこすると、魔神が出てきて、願いを叶えてくれる’、ということ「だけ」は覚えてますが・・笑)
子供の頃、読んでもらったりしたであろう童話のお話なんですが、大人になると意外に覚えてないもんです・・^^;



.. で、結局、『アラジンと魔法のランプ』のおはなし動画を、子供時代以来、もう何十年かぶりに観ましたが、大人が見ると、子供向けの童話ってけっこういいものですよ・・
こどもの頃は、ワケが分からず見るものですが、大人になって観てみると、子供の頃とは感想が違います・・。


_______________________________________________



(わたしは、ブログ記事を、その都度書いて投稿するのは面倒なので、溜め書きして投稿しているのですが、
↑ 上記までの記事を書いて(まだ投稿しないで)数日経って皆でいつものように外出したら、街の文化コーナーに、な、な、なんと、古代遺跡出土のランプの展示会のパンフを発見________________!!  しかもまだ間に合う____________☆!)



(わたし)「(昔からドンピシャなあり得ない偶然が多いヒトだけど)これって、ただの偶然なのかな・・?!」
(ウェス)「(みんなで)行けってことじゃない??」
(わたし)うーーーーーーん。。



(わたし)「この後日談をブログに書くべきか・・・??」
(ようくん)「’(書いて)みんなに見てもらったら・・’ ってことじゃない??」
  (↑ ”ようくん” とは、病気で子供の頃に両親に先立って亡くなったスピさんです。詳しくは 『ようくん、みなちゃんのことや心霊ブログ運営のこと』 の記事をご覧ください)



最近あった我が家のランプのお話でした。










やっぱり霊界の扉も開いてしまったみたい・・

lotus2.jpg


こんにちは、お久しぶりのブログ更新です。
「最近 エティースのブログはあまり更新しなくなったな・・?!」と思われた方もいらっしゃったかもしれません・・。

今年(2018年)お正月のブログ記事でも書いたとおり・・、やっぱり、な〜んとなく、イヤな予感がしていたとおり、霊界(重々しい想念の霊体さん達が多いです)のほうの扉も開いてしまったようです・・。
(霊界は、そこにいる霊さん達の想念のイメージが悪いため、怖いイメージがありますが、霊界の神様自体はとてもよい神様でした・・。ちょっと意外・・、でも、はっきりとした意思疎通の仕方をなさる、ほんとに良い神様です。)

新しい境界の扉が開いてしまった(!(';';)焦と汗)ため、パラレル・ワールドやスピさん達との関わりなどを再度、慎重に考えることが増え、審神者(サニワ)の本分である、こちらの世界の正確な情報伝達のため、堅物女子で正確な性分である私はさらに慎重を期して、しばらくブログの更新をお休みしておりました。


パラレル・ワールド(五次元宇宙空間)には、霊界とは別の境界になり、
いわゆる ”ギャング・スピ(精霊)”もおり、
私たち大家族スピさん達(私を含めて)も損害を被ることもたまにあります(つまり、悪い霊的いやがらせをされることもあります。)
そんなとき、いつも必ずお世話になるのが、密教の神様(兜率天shadda様 ※「??サンスクリット語ですか・・??」との私の問いに、”パーリ語”なんだとか・・。)で、悪い霊の、浄霊&除霊をしてもらっています。
こちらの世界のことで、いろいろな現象が起こるため、兜率天shadda様をはじめ、諸天様(他の神様達)について、教えを乞うたり、お手伝いをさせていただきながら、新しい境界との関わりを深めております。




ソウルメイトなんてない?!

lotus2.jpg


ヘシオドス、という名前はご記憶でしょうか・・、

前世で、夫亡き後愛人であった男性なんですが(で、私との間にできた子がラオちゃん・・←プロフ画像向かって右の子。 左の子は前世夫(※今の夫に転生)との間の子 ※前世名はオペロン。今世ではウェスちゃんに転生)、
エティースとの関わりは、エティースの窮地を救ったことが縁で、(今世での元彼(=※前世名クロノス)に暴行(レイプ)されそうになっていたのを、馬で通りかかったヘシオドスが助けてくれたんですね。)職業巫女(ピュティア)であった私がお礼に未来を占ってあげた縁で知り合ったのですね・・。

また、希代のロマンチストでもあります・・(*_*;)。
(※ロマンチストだからこそ、また現代にまで現れて再会した・・)、
(その時宣託所で尋ねたのも、まさに、”(自分の)運命の恋” についてだったそうな・・。)


とても美人な奥さんがいたヘシオドスなんですが、そのロマンス崇拝のために、エティースのような愛人を持ったりと、”運命の恋” に洗脳?されている彼・・(*_*;)。

「(呆れ)あのさー、ロマンス至上主義みたいだけど、
エティースとの出会いは、確かにヘシオドスの中で、”運命” を感じたものだったのかもしれないけれど、
古代ギリシャ人としての長い人生の中で、他に ”運命” を感じた女性、っていなかったの?」


*******************************************************************
ヘシオドスの家系は、ギリシャのその地域一帯の大地主で豪商だった、といいましたよね。
つまり、彼の家は交易・商い(おもに陸伝い)を手広くやっていた。

商売の都合で長期陸伝いに行商することも度々あり、その中で知り合った、とても印象的な女性がいたのだとか・・

商いで訪れた近隣の国で、ある光景を目にする・・


******************************************************

女商人のボス? らしきいでたちの女性(女侠客っぽい)が、男を縛り上げ、何やらけたたましい勢いで罰を下そうとしていた(さんざいたぶってから奴隷商人に売っぱらってやろうとしていた)・・、それを見たヘシオドスは、いたたまれなくなり、「その男を身受け(金を出す)から、解放してやって。」
「そいういうわけにはいかない、こいつは商団の金を持ち出そうとしたのだ・・。
そんな額では取引できない・・
お前の積荷全部か、さもなくば、お前自身をここに置いていけ」
捕まった男の横で、ヘシオドスが困った様子でもじもじしていると・・
ぽ〜〜〜〜ん、とそこへ、逆にその女が自分の金の入った袋を放り投げた。
「あ〜〜〜っはっはっは・・・、お前の見上げた勇気に免じて放してやるよ。」、と・・、

つまり、突然飛び込んだ男の勇気に免じて男を放免し、金までよこしてやったのだとか・・

*******************************************************************


「名の知れた商人の女ボスで、女侠客みたいだけど、ちょっとかわいらしい顔をしていたし、運命というのとは違うけど、印象的だったな・・。」と。 


=(※ ある魂に意識を向けると、必ず同調=meet します。)=

〜その女商人エルザさん(ジョルジャリーノ ← いや〜難しい名前・・、聞き取りに苦労しました^^;)の登場〜

現在は、隠し子と一緒にある男性をずっと待っているのだとか・・
ひょっこりと黒髪のかわいらしい男の子(コリョ)が顔を出しました。
この子、コリョと一緒に、現在、現世に生まれ変わっているキーラが亡くなってこちらの世界に来るのを待っているのだとか・・・。
「でも出会うまで、時間がかかるんでは?」
「しかたない・・、愚行を贖うまで。」
キーラは、ゴロツキの親玉のような人間で、今でいう侠客(ヤクザ)みたいな人間だったのだとか。
まあいろんな事やっても、男気のあるステキな方だったのでしょう・・。

キーラ(黒髪のロン毛の男性 コリョも黒髪・・。DNAは恐ろしい・・。)は、エルザさんが奴隷として売り飛ばされそうになった (知り合いに騙されたそうです) のを身請けして解放してくれた、命の恩人なんだとか・・。
ただ、彼にはすでにその時奥さんがいた、だからコリョは隠し子なんだとか・・
だから、自分にとっての男は何が起ころうとも永遠に、キーラただ一人、キーラしかいない!、と
なんとも一途な純情さ__________。
(久しぶりに再会したエルザさんに、ヘシオドスちょっとときめいちゃったみたい・・(*';'*) )
ポ____________ っと(*';'*) 、わたしもスピさん達も、そんなピュアでまっすぐな純愛に羨望とあこがれのまなざし_______________。(スピさん達ピュアですからね、スピ(魂)だけに・・。)


え〜〜っ、そんな一途な気持ちって、
「オレにはお前が最後の女〜〜(男か? 替え歌)」(『みちのく一人旅』(山本ジョージさん))
みたいじゃないですか? って日本の現代の歌だよ、と歌って聞かせたら、
「いい歌だな−−−(女侠客もどきな方なんで、男ことば!!)、そう、そんな感じ黒ハート」って。



エルザさん達は、ソグド人だという。
・・??、ソグド人て確かにいたようだけど、確か、ギリシャより(地理的に)ずっと遠いのでは・・??
行商を行いながら長い期間をかけて移動し、その地に辿り着いたソグド人の末裔なんだとか。

そんな一途でピュアな純愛の、豪快な女商人のエルザさんでした。

この記事の別タイトルは、
”「思いがけず終わった、ヘシオドスとの縁(赤い糸)」” __________________(爆!!) でもあります(!!)
※いや、冗談・・。 私たちにはラオコーンというカスガイ(子)もいて縁が強いため、なかなか離れません・・
2300年間(私が転生してパラレル通信の扉が開くまでの42年間だけは不通)の、片やスピ、片や審神者(サニワ)の人間、というハイパーな縁ですので、それこそ滅多ない・・・(笑;あったら大変です・・)、
その縁の強さはハンパではありません・・・。
(まぁ、私には、夫=トラノキアスもいますしね、いろんな意味で "中庸" を取らねばならないし・・
なかなか複雑な関係なのです・・)


ちなみに、私は主人に私のほうが ”一目惚れ” でした ______________ 。
けっこう私は昔から真面目な堅物女子であり、(パラレル・ワールドの表現によれば、いわゆるキャリア・ウーマンで)ちょっと変わり者タイプでもあったため、友人や周囲も男性選び・配偶者選びはけっこう難しいタイプなんでは・・?と思っていたようで、そんな堅物女子が軽率にも、 ”一目惚れ” により人生の伴侶を選んだのは、到底信じられなかったようで、皆とても驚いておりました。
(中高年以降42歳以降〜 こちらの世界の扉が開いたタイプなため、もちろんのことですが、結婚当初なんて、パラレル通信なんてまったくありませんよ、ゼロ・・、それまではそちらの世界には、ほんと〜に ”鈍(=鈍感)” だったのですから・・。 霊体験なんてのも、それまで一度ももちろん皆無でした・・。)
もっとも、私は霊体験は全くゼロで皆無な超鈍(ドン)な人であったものの、昔から直観が鋭いタイプでしたので、直観タイプの方は、松田聖子さんではないですが、「(初対面で)ビビビ・・・! ときた」みたいに、突如恋に落ちたケースの場合、ひょっとして、前世で何らかの因果関係、恋愛関係、近い関係であったことがあるのかもしれません・・。
(それとも単純に、今世で初顔合わせの、ほんとの ”(初)一目惚れ” である場合もあるかもですね・・。)


※ちなみに、ヘシオドスは決して浮気者な性格ではないですが、ヘシオドスのように、ロマンス志向の強い人間というのは(※家庭にステキな奥様がいて、外に愛人が欲しい・・みたいな、まぁ、世の男性ほとんどの正直な願望なのでは・・)、そういうタイプの人は得てして、
一つの恋愛関係にロマンチック要素を見いだせなくなった場合に、「違う相手ならば・・」と、相手を変えることでロマンチック要素を再現できないかと淡い期待を抱きがちですが、現実はそうではなく、また新しい相手との恋愛でロマンチック要素を見いだせなくなると、また次の恋愛に・・、と ただの ”恋愛ジプシー” となり、結局誰とも ”真の愛” を見つけられず、一人寂しく終わるものだ、ということを覚えておきましょう。
そして、このことを "ぎっちり" 私が彼に教え込んだのは、言うまでもありません。 私は超リアリストなため、あまりにも真実をえぐった表現に、そのような ”幻想” というものは、存在しないものだと、嫌というほと理解できたようです(笑)※



_________________________________________

・・・つまり、総括してナニが言いたいかというと・・、 ・・・・・・・・・・・・

よく ”前世” の考え方で言われているものに、”ソウルメイト” だとか ”一人の人間の片割れ(ツインソウル)” みたいに、前世とか過去世の縁につきものの、ロマンチックな要素として、”ソウルメイト” という観念があるんですが、

(※ちなみに、パラレルからのメッセージでは、
”『ソウルメイト(ツインソウル)という観念は、オカルトの神智学の分野で、
生み出された、作られた観念(考え方)に過ぎない・・・』” ということ。)


確かに生まれ変わり(転生)の過程で、過去世と縁がある人、縁が強い人というのは確かにいるのですが(親子・恋人でも今世が初顔合わせ、というケースもありますヨ)、ソウルメイトがずっと続くわけではなくて、双方の心の努力がなければあっけなく壊れてしまうのは、あの世に行っても現世と一緒で、誠実味だとか信頼関係、というのがとても大事なのです(スピの世界だけに余計に、なんですよ、)。
(現実的なハナシでガッカリしましたか・・ロマンチックじゃなくて、ごめんなさい・・)


ちなみに、ヘシオドスのご両親(異民族の豪商の)は、いやもう、何億年だ?!、いや、約2,200年〜2,300年もの間(もう昔すぎて勘定できません・・)ずっと経ちますが、今でもラブラブ・・ハートたち(複数ハート)、 いや、信じられません!・・
(・・、確かにお母さんは、とても美人で会話がうまく、ステキな方で、いわゆる男性が自慢の女性に思うタイプだからなのかもしれませんが・・)
お父さんのように唯一のLOVEを誠実に実践するって、なかなかエネルギーのいることだし、できないことですよね・・
このように 2,300年越しの恋(←ここまでくれば、こりゃ、ソウルメイトだわ・・)もあるかもしれませんが、それは運命で定め申した相手が決まってずっと離れることがない、・・なんて決まっていることはなく、あくまで、現世の男女間と同じで、”貴い努力” が必要だというお話でした・・


私からすると、唯一のLOVEを誠実に実践するほうが、よっぽどロマンチックなんでは・・? と思います。











記事検索
 

プロフィール
エティースと前世の子(ウェス:左&ラオ:右 イメージ)↓
霊 心霊 前世 死後の世界 あの世

前世、死後の世界、水子、霊(スピリット)、パラレルの世界のことや、
私と同居のスピさん(前世霊、ご先祖様、縁のあるスピリットや動物霊)との日常や、天上界と幽界との同調により交信している神様たちや精霊との心あたたまる日常を綴ります。
最初に、こちらの記事「同居のスピさん達(霊)をご紹介します!(はじめまして)」をご覧ください。

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド


他の心霊関係のブログが読めます↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

前世・来世ランキング




Copyright © 前世占い師エティースの心霊ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます